• Rの壁がなかなか良い感じ

    最初は↓↓勘違いから、こうなってしまったのですが、 なかなか良い感じに仕上がりました。 監督さん曰く、クロス屋さんのパテ下地が 難しいとか。。でも美しく仕上がってますよー。 ありがとうございます。 さて、全体の印象ですが、 玄関入った時の広がり感を しっかり演出来ているのではないでしょうか。 この角度からの眺めが好きです。 写真ではあんまりR具合がわからないかな? 手前の柄クロスの角が100Rぐら

  • 施主検査は出来たのか?

    日程通りに一応実施はしましたけど・・・。 こんな状況。。 結局もう一回やらなけりゃいけないね。 まぁ、進捗状況はしばしば確認してましたが、 やっぱり終わらなかったのね。 しかも今週は平日行けないから、 週末の内覧会が先に。 という事はですよ、 我々より先に、他のお客様が内観を アンベールした姿を見るんですね。。 何だかなぁー。 まぁ、こうなってしまったものは仕方ない。 今日は外観と今見えてるところ

  • ジョリパッドに真黒ってないらしい

    今日の現場。 外観塗装が終わりました。 ご覧のように、我が家は黒と白のツートン。 黒は真っ黒、白は真っ白を希望しました。 で、今日のタイトルの黒の部分。 これ、真っ黒に仕上げてもらってますが、 菊水のグラナダです。 ジョリパッドの類似商品ですね。 何やらジョリパッドだと真っ黒が出ないようです。 なので、こちらの商品を選択させてもらいました。 確かにジョリパッドだと、真っ黒というよりも、 グレーが少

  • 壁紙がピンチです!

    壁紙がピンチです!!の予定でしたが、 正確には「でした」に変わりました。 このぐらいの時期は、 ちょうどカタログの中身の入れ替え みたいですねー。 もう4,5ヶ月前に決めた壁紙。 結構、寝る間も惜しんで検討しました。 取り寄せたサンプルも100枚超、 その中から厳選したのがこんな感じ。 ほとんどが、リリカラで、 一部サンゲツが混ざってます。 こうしてみると、いろんな種類を 使ってるように見えますが

  • 照明でトラブル!!

    今日は先日の現場打合せでの話。 これはうっかりミスですねー。 ていうか設計さんも我々も すぐ気づきそうなのに、 まったく気づいていませんでした。 我が家の階段はストリップ階段。 そして1階部分にはその下のスペースを 利用して簡単な手洗いを準備しています。 ↓↓こんなの。 ここの照明、ダウンライトを予定していたのですが、 なんとなんとスケルトン階段の踏み板下に ライトがつくような設定に なってるじゃ

  • 細かいところがねー

    現在の進捗 いよいよ鉄骨系の造作が入りました。 (手すり、階段など) もうハシゴでの登り降りが必要ありません! さて、今回のタイトルですが、 完成に近づいてくると色々見えてくるもんで、 後悔とまではいかないまでも、なんだかなぁと 思う所がチラホラ。 例えばココ。 鉄骨階段のフレームと、 FIX窓の枠が被る事は もともと設計段階から 分かっていましたが、 出来上がってみると、 これぐらいだったのなら

  • だんだん家らしくなってきた

    工事はこれから終盤に突入でしょうか。 現在、内装は石膏ボードがほぼ貼り終わって、 外装はラスモルを左官中です。 部屋の感じが出来てくると、 実感わいてきますねー。 でも、 マイホームデザイナーで検討している時に、 実際はもう少し広く見えるかなーとか 逆の期待もしたりしてましが、 これはほぼそのまんま。 内観ビューの視野角ってまんざらでもありません。 設備もメーカー商品そのものが選べるので、 バーチ

  • 吹付け充填断熱のこと

    もこもこです。 施工が完了しました。 我が家は設計上、施工厚さが、 屋根が160㎜、壁が75㎜の設定です。 次世代省エネ基準はこちら Ⅳ地域で材料のカテゴリDです。 しかしこれ、あくまでも設計上の話。 実際の施工では細かなコントロールは出来ないようで、 屋根については太い梁が隠れる寸前なので200㎜弱。 壁については、105㎜の間柱ギリギリまで盛ってあり、 場所によっては余分を削ってるぐらいなので

  • 和室で問題発生(あたってしまうじゃないか!)

    我が家の和室。 来客時に3、4人雑魚寝が出来れば良いかな という事で作っていて狭いです。 その小さな和室の中に浮遊型の押入れを 入れ込んでいます。 こんな間取り。 なので上から見ると有効面積は4畳程。 さらに狭いですね。 さて、その押入れですが、 布団の出し入れがしやすいよう、 観音開きを採用しました。 ただ、 これがもし、イサムノグチ的な照明を 採用すると干渉しそうだと。。。。 こんなやつ。 写

  • 上棟はいかがしましょう?

    2月初旬の快晴の日。 上棟を行いました。 この上棟の日、 皆さんはどうされましたでしょうか? 最近は式的なものやる人は殆どいないとの事。 ただ節目として、 何かやっておきたいなと。。 我が家は ・大工さん達へのお昼のお弁当 ・帰りのちょっとしたお土産 (ビールとちょっとしたお菓子) ・棟梁さんとお清め(酒・塩・米) を行う事にしました。 ご祝儀は用意しておりません。 まぁ、他の方からすれば良い・悪

  • 基礎工事の真実

    先に誤ります。 申し訳ありません。 予告タイトル制でやっておりますが、 今回の記事はタイトル負け必至。 すみません・・・・。。。 で、本題。   『基礎』とは。 ~物事が成り立つためのよりどころとなるおおもと~ その工事です。 それはそれは大事な工程って事ですよねぇ。 いっぱい色々な事が気になり、調べたり、聞いたり。 地盤の事、コンクリートの事、配筋の事、 型枠存置期間の事・・・。 などなど数知れ

  • 着工。遅れてるのかー?!

    着工予定は工程表上12月24日。 でも実際に工事が始まったのは 年が明けて1月16日。 その差約3週間!どーなってんの???? 我が家は12月25日から1月4日まで 実家に帰省しておりました。 なので残念ながらちょうど工事開始には 立ち会えないし、こちらに戻ってきた時には ある程度進んでしまっているのだろうと 思っていましたが、帰宅後現場に行ってみると、 柵が外周に出来ているだけで、もぬけの殻。

  • 地鎮祭(バイト神主)

    最近間取りやら設備やらの話が 多かったですが、備忘録として、 土地購入後のお話に戻します。 2015年の10月に地鎮祭を行いました。 でも実際の着工は2016年1月。 まさかこんなに間があくとは 思っていませんでしたがねぇ。 地鎮祭。 なんか今から始まるぞっていう 感覚が良いですね! 結局、工務店さん経由で頼んだのですが、 たまたま地元にゆかりのある神社さんでした。 そして来られたのが、 女性(お

  • 現場打ち合わせって面白い

    現場の打合せって面白いですねー。 現場では、図面だけでは見えなかった事が たくさん出て来ます。 その一つ一つを現場であーじゃない、 こーじゃないと言ってみんなで解決していくのです。 大工さんを含めて、監督さん、設計さん、 その他工事の職人さん、 みなさんこだわりがあります。 施主がまぁ仕方ないかなあと思っている事も 彼らのプライドが許せない時もあり、 何とかしようと頭をひねってくれます。 これは有

  • マンションが売れません。

    今日の現場です。 玄関ドアが付きました。 これで会社帰りの真夜中の潜入が 出来なくなりました・・・。 さて再び話を過去に戻して、 マンション売却の事。 2014年9月に売り出して、その後 前回までの話の通り、工務店さんは 決めたものの、残債もたっぷりあるので マンションが売れない事には話を 進めることが出来ません。 夢の実現は不可能です。 これが苦労しました。 結果的には売却まで1年近くかかった

  • 大工の源さんは口下手?しゃべり好き?

    今回は時間を戻して現在の話。 今日の現場です。 玄関ホールの明り採りと視線の抜け感を狙って 採用したFIX窓の向こうにお隣さんの換気扇・・・。 見栄えがねぇ・・・。 う〜ん、どげんかせんといかん。 (この話しの続きはまた後日にでも) さて、うちの棟梁さん。 源さんではありません(笑) 拘りをもってしっかり作業して頂いている というのが、最近の印象です。 で、タイトルの事ですが、 この方ON−OFF