• それでも僕は夢を見る 水野敬也 著

    夢をかなえる像を書いた水野さんと鉄拳がコラボしたこの作品。この絵の主人公がまるで私自身のように感じたこのままだったら、病院のベットで一人で死んでいくんかなぁと思ってしまい、勇気を出して転職をした人間はいつでもやり直せると言われている自分の取り巻く環境を変えることは勇気がいることだが、今は転職をして本当に良かったと思っている自分の決断の背中を押してくれた本だった薄いし、5分もあれば読めてしまう人生を