• 16才の富田靖子主演 映画「さびしんぼう」感想

    尾道の坂道を上る 16歳の富田靖子 「さびしんぼう」。 人が人を恋ふる時、 人はみなさびしんぼうになる。 富田靖子が主演した昭和60年の映画。 大林監督が故郷・尾道で撮影した映画。 「さびしんぼう」。 素敵な素敵な映画でした。 尾道の海は白く輝き、 空は白く、雲は白く、 道化師・さびしんぼうの顔も白い。 坂道はうつくしく、 連絡船が渡る海峡はまばゆく、 自転車を漕ぐ靖子ちゃんの姿は温かい。 映像の