• 『EXIT TUNES PRESENTS GUMism from Megpoid(Vocaloid)』へのAmazonレビューの写し

    ★★★★☆『#10のトラック』 「GUMIの歌がフィーチャーされた中で、『AGAINST』が最も印象的に耳に残った。  BuzzGという人はGUMIの歌わせ方が巧みだ。最初のデスボイスのような彼女のかすれ声は、その後の冴えた声をよりクリアーに聞こえるようにするための優れた工夫である。その差異はGUMIの声を実際より美しいと錯覚させる。  曲作りも素晴らしい。重厚なヘヴィメタサウンドは、深刻で切実で

  • 『EXIT TUNES PRESENTS VOCALOEXIST FEAT. GUMI, IA, MAYU』へのAmazonレビューの写し

    ★★★★☆『トラック#3のグルーヴ感』 「GUMI, IA, MAYUをフィーチャーしたコンピアルバム。  総計20近い数の歌曲が収録されている中で個人的に最も夢中になったのが、三番目のトラックの『しゃばでぃーば』である。  「呼ばれて飛び出してぱぱぱのぱ」という摩訶不思議な出だしの、スキャットをもじったようなタイトルが付いたこの歌は、何だかおどけた感じでとても愉快である。全体を通してフィーリング

  • Fairy Chuckles ~妖精の微笑~

     Amazonにて『OSTERさんのベスト』へ昨晩レビューを書き、今日改めてじっくりその情趣を味わっていたら、ひどく切なく、胸がきりきりするほどにまで苦しい気持ちになりました。  本当に、このCDアルバムは宝物のようなものだと痛感しました。  口元が緩んでしまうくらいキュートで可愛らしい歌や、小憎らしいのに魅惑的な歌があるかと思えば、ひしひしと身につまされるような悲恋の歌まである。  これはもう、

  • "Vocaloextra"へのAmazonレビューの写し

    『おもむきさまざま』 「二十近い曲数の入ったたっぷりボリューム感のあるアルバム。  数が多いのみならず各曲クリエーターが違うため、それぞれのおもむきは千差万別。  曲によっては気鋭ながら荒削りな部分もあるため、気に入る曲、いまいちな曲、おのおのあると思う。    しかし輝かしく光る原石的作品が多いことには違いない。  例を挙げれば、トラックナンバー4の『オアシス幻の万華鏡』なんて是非おすすめしたい

  • "オアシス幻"ってどう読むんだろう?

     今日は非常によい天気でした。特に夕陽が明るく風が涼しい夕方の風情は最高でした。暮れることが惜しまれるような、そんな日でしたね。みなさんはどうでしょうか。  最近気温が高まってきたせいか、あちこちで空調が使われだすようになりましたね。いや涼しくて結構なことなんです。  ところが、鼻がそれになかなか慣れないんですよね。どうも空調がきいた空間にいると鼻がむずむずします。朝は洟が止まりませんでした。