• 二度目の再会②

    K「駅に着いたよ!◯◯の7階だよね?」 R「何か飲み物頼んでおこうか?」 K「サンキュー!アイスカフェラテを」 R「はーい」 ドキドキドキ… やっぱり緊張しちゃうな。 動揺を悟られたくなくて窓の外に視線 を向けた。 ドキドキドキドキ… K「おまたせ!ごめんね。」 R「ううん。気にしないで。私が勝手に早く 着いちゃったんだもん。忙しいのにがんば って早めてくれてありがとう。 ケイさん汗だくー!笑」

  • 二度目の再会

    ケイさんから毎日電話がかかってくる様になって、ますます私の心の中ではケイさんへの 想いが大きくなっていった。 K「あと1ヶ月か〜。長いな〜。 凛ちゃん、待てる?」 R「ん〜。早く会いたいけどこうして毎日 電話してるし、写メもくれるし。それに 私週末しか空いてないからケイさん難しい でしょ?」 K「冷静なお言葉。そうね、その通りです。 でも待ちきれないな〜。近くだったらすぐに 飛んでいってるのに。」

  • 縮まる…められた?距離 

    R「おはようございます。お疲れ出てないですか? 昨日は至れり尽くせりでありがとう。おかげで疲れる こともなく今日も元気です。 それから。 ケイさんの言いたい事、よ~く分かった。ありがとう。きっとね、私も同じ気持ち。うまく言えないけど。 今日も一日お仕事頑張りましょう!」 まだ早朝、朝練に向かう子供を送り出してから返信をした。 即既読が付き、返信がきた。 はやっ! K「おはよう!って送りたくて、でも

  • 想いと不安と戸惑いと

    感動的な再会を果たし、いい気分で家に着いたらケイさんからメッセージが届いていた。 K「無事に着いた? あれから1杯だけ飲んで解散。今電車の中です。 凛ちゃん、全然変わってなかった。いい子だった凛ちゃんがそのまま素敵な女性になってた。 俺はすっかりおっさんになったけど。 会えて本当に嬉しかったよ。あっという間だったな。 寂しいな。 みんなでいる時の凛ちゃんもいいけど、やっぱり俺は 二人で会話している

  • 四半世紀以上ぶりの再会

    あまり意味のない取り繕い作業を 頑張りつつ、ウキウキ&ドキドキ しながら過ごした1週間はあっという間。 ついにその日が。 私は仕事を数時間早めに切り上げて 待ち合わせ場所へ。都内までは普通の 電車でも行けるけれどここは時間の有効 活用をと新幹線で向かうことに。 前日のやりとり。 K”時間が決まったら連絡ちょうだいね。 お店の場所、分かりづらいから改札 まで迎えに行くから” R”お仕事忙しいでしょ?

  • 再会まで

    ”機会を作るから待っててね” と言ったケイさん。 昔から変わらず仕事が早い(笑) 四半世紀ぶりに繋がってから1週間後に会えることに。 ちょど出張で都内に来るその頃のメンバーがいるから急遽プチ同窓会の 段取りしたよ!って。 平日なんですけど。。 新幹線なんですけど。。 仕事終わってから行けなくもないけど。 そう返した私にケイさんは私が極力移動の楽な様に、時間がかからない様にお店も時間も設定してくれた

  • 彼と私

    彼と私は昔々にある遠くの場所で知り合いました。 その頃私は高校生。 彼は20代後半。 あるスポーツのチームメイトとして知り合った私達。 私と友人、そして彼とその他3人の彼世代の男子。 毎週の様に練習の後に遊びに連れて行ってもらったり、 チームで旅行へ行ったり。私の両親も所属していたので 親公認の保護者的なお兄さんたち。 そんな関係が彼の転勤までの2年ほど。 でも私は大好きだった。憧れ…みたいなもの

  • それはある夜突然に

    ”こんばんは。 昔○○で一緒だったケイです。 覚えていますか? お久しぶりです。元気ですか?” 2年前のある夜のこと。 SNSのメッセンジャーに飛び込んできたメッセージ。 うそ~!!! 彼なの?ほんとに彼?? 送信者の名前の横に表示されている小さなアイコンは彼の写真。 歳はとっているけれど彼の雰囲気は昔のまま。 間違いない!! や~ん!! 落ち着け、落ち着け私。と何度も自分に言い聞かせ、ドキドキし

  • キッカケ⑦【加速する新築計画】

    どうも!くまヲです! 祝日どう過ごしましたか?? 自分は嫁さんが旅行に行ってるので、羽を伸ばすぞー!!!! って意気込んだものの 朝嫁さんを送り出して、2度寝してお昼食べて昼寝したら外が暗かったです!! 辛いwwwwwwwwwww あぁ悲しい… さてさて、前回の続きです。 ●本ハウスの営業Kさんの手により、ローンの仮審査が無事に通過したくまヲ家。 つーか前に中古住宅を買おうとした際、不動産担当の人

  • キッカケ⑥【ローン通りますよ?】

    即日続きを書いちゃう。 どうもくまヲです。 中古住宅購入時に 『ローン通らないよお前プゲラwwwwww』 って結果出て意気消沈していたくまヲ。 しかしマイホームの夢は捨てきれていなかった… けどどうしようも無い… くまった… そんな中、冷やかし半分で住宅展示場へ向かったくまヲ家。(新年のなんかフェアみたいなのやってたんですよ。景品目当てですねハイw) まぁ将来の為にと色々住宅見ておくかー。的な感覚

  • キッカケ⑤【色々あって何故か新築計画発動】

    どうも くまヲです。 いつもブログを読んで頂きありがとうございます。 いやぁ…るろ剣の作者のアレはビックリしましたね…(時事ネタ) はい。 人の趣味はそれぞれですからね(これ以上このネタはやめよう) 前回どこまで書いたかな… 中古住宅買おうとしたけど、ローン通らなくてドボンしたまででしたねハイ ※自分で言ってて悲しくなってきた あまり前置き長いと飽きられちゃうので、サクッと端折ります← その後、賃

  • キッカケ④【良さげな中古住宅を見に行こう・後編】

    引き続きまして くまヲです。 車の雪かきしてきました。 降るのも積もるのも早すぎでしょう…どうなってるのよ… ※画像はイメージです。 サクっと前回の続きでも。 キッカケ③【良さげな中古住宅を見に行こう・前編】 - 雪国田舎県で暮らす。家創り物語。 現在住んでいるアパートの近くで、程度の良さそうな中古住宅を内覧したくまヲ。 そのまま案内してくれた営業Hさんとの商談へ。 営業Hさん『この地域で、このよ

  • キッカケ③【良さげな中古住宅を見に行こう・前編】

    こんぬつは こんばんは くまヲです。 いやー寒いですね! くまヲの住んでるところは東北なんですけども いよいよ雪が降ってきました。 朝のくまヲの様子↓ 『冷え込んでたけど、雪積もってないといいなー』 現実は残酷である ということで元気に仕事行ってきました…(白目) 前回の続きということで このときは、新築なんて無理無理って考えていたくまヲ。 希望していたエリアに良さそうな中古住宅があったので、そこ

  • 赤裸々とは…

    言葉には敏感なグラスホッパーです これまで 匿名さをいいことに 赤裸々に胸の内を書き綴って参りました 赤裸々ってなんでしょう 辞書で引くと 「赤裸」の強調と出ます 「赤裸」で使ったことねー 赤裸とは 一糸まとわぬこと 包み隠さないこと えぇ あぁ えぇ いやはや そうですね… 隠し事、あります えぇ 隠してましたよ 既に心は動きつつあることを。 お気付きの方もいるのでは…? このブログに 新たな登

  • 台湾に恋をした。

    2013年某日、台湾に興味を持つ。親友Tは、ずっと前から中国茶を趣味にしており、時々お茶会を開いているようです。なので、「台湾と中国は違うよ~、台湾良い所よ~」と話には聞いていましたが、元々、海外旅行に全く興味がなかったので、「へぇ~」とどこ吹く風でした。が、ある日。会社の後輩ちゃんの「台湾行ってきました~!凄い良い所ですよ~!」の一言で、わたし興味津々!後輩ちゃんから、話を色々聞いているうちに、

  • はじめまして。

    はじめまして、ハウオリです。「まだまだ旅の途中」というブログを始めることにしました。18歳(早生まれ)専門学生の夏休みに、当時憧れていた”東京”へのビンボー旅を親友と2人で、深夜バスを使った5泊6日(車中泊含む)をしたのが、私の旅の始まりでした。旅好きの原点は、小さいころからの家族旅行だと思います。けして裕福とは言えない家庭ではありますが、食と旅は欠かすことの出来ない”生活の一部”だと思います。大