• 鉄門峡の死闘

    みなさんこんばんは。 陳羅です。 今日ももう遅いですので、前置きはなしに早速あらすじを・・・。 黄巾軍と官軍の戦いは未だ終わらぬ中、あるとき劉備は何かの気まぐれか、あるいはかつての恨みを忘れたのか、あの朱儁将軍のもとへ義勇軍とともに訪れます。 すると、意外なことに朱儁将軍も彼らを手厚くもてなします。 長く厳しい戦闘の日々が、彼らの間の苦い思い出を美化していったのでしょうか? そして翌日、朱儁将軍は