• 美緒子さんとの初デート 最終章

    20分近く経っただろうか? ようやく美緒子さんの焦点が合ってきたようだ。 ゆっくりとカラダを起こした。 失礼な話しであるが、久しぶりの秘め事だったのか・・・すべてを奪われ崩れ落ちて回復するにはかなりの時間がかかったようです。 もちろん暗くで、そしてうつむき加減なので、表情もよく分からなかったが・・。 「美緒子さんとの約束時間過ぎてしまってます。ごめんなさい。家まで送ります。場所教えてください」 「