• 未来旅行 またひとりの新幹線

    またレンタカーを返してから、真っ直ぐ駅へと向かった。 緊張の糸が切れて、かなりの疲労感に包まれていたが、気持ちはカラダとは逆に充実していた。 ゆっくりダラダラと駅まで歩きながら、あれこれ考えた。 陽菜ちゃんは、もう大丈夫かなぁ? あと新幹線発車まで、1時間ちょっとあるが、二人でお土産選びに盛り上がってくれていれば良いのけどなぁ? ・・・なんて思いながら私はこれからどうしよう? 駅付近でフラフラして