• 農家5③塀際の製作

    タイトルを見て??と感じた方も居たのではないでしょうか。 屋根・ベース加工・ウェザリングと来れば、次は母屋のパーツ遮光・組立と進むのがこれまでのやり方でした。 農家5は外構塀を先に建て、塀際から製作を進めます。 塀の接着後、わらぶき農家製作時ストックしていた庭石を位置決めし、邪魔な地面を一部剥がして接着します。 庭石周辺と壁際にボンド水溶液を塗り、地面・植物素材を撒いて壁際の風景を製作します。 見

  • ローカル駅舎⑤壁部品加工と組立基準決定

    農家5製作と行ったり来たりで恐縮です。 建コレが気楽に製作を進められるのに対し、ローカル駅舎は難易度が高く、また南基台主役建物なので手間がかかり、先を急ぐとロクな事にならないので、しばらくこの状態で続けます。 今回は最後に残っていたホーム側壁部品の加工を行い、組立基準を決めます。 ホーム側壁部品をランナーから外し、窓上下の突起8ヶ所を0.3mm以下に削りました。 マニュアルを読んだ際に気になったの

  • 農家5②ベース加工と建物パーツウェザリング

    ローカル駅舎と同時進行中農家5の、ベース加工とパーツウェザリングを行いました。 最初は作物を削り取った自家菜園の加工です、フラットアースで塗装します。 ボンド水溶液を塗布しリアルサンドブラウンを、畝の低い部分が埋まらない様に少な目に撒きます、一部付いてない部分がありますが大丈夫です。 畝の高い部分にボンドを筋状に塗り明緑色ターフを乗せ押さえます。 半乾き状態で接着されていないターフを落とし、更に畝

  • ローカル駅舎④ベース加工とパーツ製作

    ローカル駅舎のベースを加工してパーツを製作し、一部を取り付けます。 【ローカル駅舎ベース】・・・ローカル駅舎③より転載 駅務室床は木製でOKですが、基礎・待合室・ホーム側はコンクリートが一般的です。  色をどうするか少々悩みました、コンクリートは建設後15年程度まで明るい色を保ち、20-30年すると次第に深い色に変わり、50年経つと黒ずんだ色になります。 調色も考えましたが既成色から選びました、R

  • 農家5①屋根製作とベース下処理

    ローカル駅舎と並行して、東基台にわらぶき農家、野小屋と共に配置する農家5の製作に着手します。 2テーマを同時に進める方が気分転換できますし、行き詰まった時に冷静に考える時間が取れるからです。 使用キットは建コレA3雪国のわらぶき農家、東北地方曲がり屋がモデルです。 従来線建設時も候補でしたが、質感に乏しそうな屋根により見送りました。 当時に比べ何とかする加工技術が多少身に付きましたので、農家5とし

  • ローカル駅舎②作業捗らず工順検討

    間が空きましたがローカル駅舎の続きです。 外壁パーツ遮光塗装時に気付いたのですが窓周辺に突起があります。 後で用途確認すれば良い、どの道遮光塗装は必要なのだからと作業を進めました。 クラフト紙ギフトバックをフラットブラック塗装し遮光材の準備も整えました。 組立方法確認の為パッケージ裏面を確認しました、マニュアルはたったこれだけです。 文字が小さく老眼鏡で読めず拡大鏡併用、突起の事はどこにも書いてあ

  • 野小屋の製作⑤完成 動画付き

    野小屋完成の仕上がりと、チラチラする蛍光灯の様子を動画で紹介します。 完成状態は太陽光で撮影しました、正面です。 キット付属シールの肥料メーカー看板を取り付けました。 屋根上右側に枯れた草を追加しています。 時計回り90度の面です、看板類はありません。 ススキ状の草を2ヶ所追加しました。 ホーロー看板は実際に数サイズあったので画像データ各3種を印刷し、建物に合うサイズの裏に両面テープを貼ってカット

  • 野小屋の製作④小物製作と配置

    延伸線設計は一ヶ月進展なし、ローカル駅舎仕掛かり中に野小屋蛍光灯作りで大苦戦しました。 土曜日は天気に誘われてスキー、計画はあってない様な物ですが、予定通りには進みません。 まず野小屋を完成させるべく、小物の製作と配置を行います。 照明点灯の小屋内部もそれらしく作ります、最初は小屋正面奥に設置する収納棚、3mmプラ角棒と0.5tプラ板の工作です、マホガニー塗装+ウェザリングです。 一番下は蓋付き物

  • 野小屋の製作③蛍光灯作り顛末記

    どうせ凝るならチラつく蛍光灯を低目線から目視できなければ面白くない、という想いが大きな回り道の原因になってしまいました。 丸4日間行きつ戻りつしましたので、失敗プロセスを含めて紹介します、何かの参考になるかもしれません。 ★失敗事例ー1 遮光技法開発実験装置の光り輝くサンプルホルダーの印象から、1mmプラ丸棒を蛍光管にして光らせる計画でスタートしました。 ①蛍光灯台2mm角棒、長さ9mmの蛍光管枠

  • 野小屋の製作②照明に凝り過ぎ?

    野小屋に消し忘れ照明を灯して東基台夜景を演出しますが、ただLEDで室内を明るくするだけでは面白くありません、ひと捻りして凝っています。 照明器具は直管蛍光灯、ひもを引きON/OFFするタイプの想定です。 蛍光管が古くなって放電が安定せず、チラチラしている様子を再現して光に動きを加えるアイディアを実現したいと思います。 まず回路設計です。 詳細は省きますがオペアンプを使用した2組の矩形波発振回路で、

  • 野小屋の製作①本体とベース加工

    自室でできる寒中工作として、東基台に配置する野小屋を製作します。 ジオコレ情景小物の農機小屋と農機を使います。 当ブログ読者から「また従来線と同じストラクチャですか」と言われそうです。 東基台には農家2軒と野小屋しかなく、夜景の都合で照明組込み可能なこのキットをもう一度使う事にしました。 【『鎮守様から笠松信号所へ』より転載】 従来線に設置した同キットです、照明はありません。 内部が暗いこの野小屋

  • 除雪用具を作る

    厳寒期に適した小工作として従来線配置と延伸線ストック用の除雪用具を製作します。 諏訪は豪雪地帯ではありませんが、年10回前後の降雪がある我家の除雪用具です。 ①硬質プラスチックほうき、昔の竹ぼうきの使い勝手です。 玄関たたき・階段や、アプローチ砂利上に積った雪を除く場合に使います。 ②雪かきスコップAタイプ、雪を掬って移動する万能選手、①③と併用します。 先端金具が損耗しており、そろそろ買い替え時

  • ローカル駅舎①屋根製作と前加工

    スイッチバック駅用GMのローカル駅舎製作を始めます、厳寒期で屋根裏作業ができず、進捗が遅くなると思います。 拙い工作ですが筆者にできれば誰でもできると言うもの、わらぶき農家の好評に気を良くし、製作プロセスを紹介します。 少し高価格ですが着色済みキットを使います、下塗りの手間を省く目的です。 まず屋根を製作し、他部品の前加工を行います。 屋根製作最初の工程は遮光対策、屋根裏にフラットブラックを厚目に

  • 露太本線のわら束製作法

    3日連続真冬日は堪えます、四日市や広島で大雪のニュースを見ましたが、長野県北部は大雪でも、諏訪は雪雲が迂回してくれたのか、舞う程度で降雪1-2cmでした。 今回はわらぶき農家の差し掛け下に薪束と一緒に配置した、わら束製作法の紹介です。 【『小川のほとり』より転載】 従来線には1,000に届かなくても500をはるかに超えるわら束を配置しています。 闇に浮かび上がる2枚の水田のわらぼっちだけで100以

  • わらぶき農家⑨完成

    4-5回で完成と見込んでいたわらぶき農家が9回に伸びて越年してしまいまた。 ようやく今回完成に漕ぎ着けました。 まず庭木としてチョイ紅葉樹を植えました。 屋根や敷地外に張り出した枝は剪定されている想定で、枝振りを調整位置決めして2mm穴を空け、ボンド塗布・コーヒー滓少々を根元に撒いて紅葉樹軸を挿入、裏面から瞬着で固定しました。 別に製作した生垣は、組合わす2本を接着し、接合すき間にもフォーリッジ滓

  • 感謝!10万アクセス到達&わらぶき農家⑧続く小物製作

    昨日ブログ開設から10万アクセスに到達しました、感謝!感謝!です。 0(開設)-1万  78日 128/D 48投稿 1万ー3万     90日 222/D 56投稿 3万-5万                46日 435/D 26投稿 5万-7万    64日 313/D 35投稿 7万-10万    95日 316/D 47投稿  計373日 212投稿 以上の経過で、2ndステージ移行後も

  • わらぶき農家の製作⑦照明改修と小物配置

    設計作業越年どころか、わらぶき農家の製作も越年しそうです。 今回は照明を改修して完成させ、小物を追加配置します。 最初に奥座敷床にアルミ箔テープを貼った薄手ボール紙反射板を追加してみました、直射光+反射光で障子輝度向上を狙ったのです。 しかしこれは全く駄目、輝度向上はわずかなのに煙出し漏光大幅アップ、更にアルミ箔端面から縁側と座敷段差を通して縁の下へ光が漏れる始末、あっさりボツになりました。 意を

  • わらぶき農家の製作⑥照明組込み&開設一周年

    本日で拙ブログ開設満一周年を迎えました、改めて皆様のご愛読に感謝申し上げます。 連日氷点下の冷え込みですが、暖房のない屋根裏部屋作業が苦になりません。 わらぶき農家製作が続いています、今回は照明組込みです。 照明や回路製作に使用するユニバーサル基板を数種常備しています。 左上一番小型の常備品からわらぶき農家用を切り出し、下穴を空けてから6.5mmドリル、リーマーで様子を見ながら穴径を広げたのが右下

  • わらぶき農家の製作⑤小物製作Part-2

    小物製作2回目は臼を作ります、従来線にわらぶき農家を含め数ヶ所配置しています。 ①素材は面相筆軸、ヤスリで平坦にしてから♯600耐水ペーパーで滑らかにし、軽く面取りします。 ②1mmドリルでセンター出しした後、フチが1mm弱になるまで3.2mmドリルで丁寧にザグリます。(写真拡大すると少しズレていました) ③フラットアースで塗装後に軽くウェザリングして切り取れば完成、写真撮影で気付いた付着小片はピ

  • わらぶき農家の製作④花壇と小物製作Part-1

    前庭に花壇を作り、生活感を演出する小物類の製作を始めます。 米粒を着色した花壇境界石をボンドで固着します、筆者親世代からは罰当りと言われそうです。 強度不足を補う為、見えなくなる内側から瞬着で補強します。 花壇内にボンド水溶液を塗布し、極細目の茶漉しでふるったコーヒードリップ滓を厚目に撒きます。 完全乾燥させて未固着滓を取り除いた状態です。 ボンド水溶液に漬けた緑色フォーリッジ滓を置き、花表現用に

1 2 3