• <誰もケガはなかったか・・>

    副総理格兼 国務大臣・ <河野 一郎~ こうの いちろう>は、元副総理・河野 洋平氏の父~河野 太郎代議士の祖父です。  1963年7月、憂国道志会の野村秋介により自宅に放火される。 その日は名神高速道路の開通日で河野はその開通式典でくす玉を引いていた。  帰宅後河野先生は 、家人や使用人に家はいつでも建てられる・・みんなケガがなくて良かったと話された・・  その話を伺っときは。やはり大物は違うな

  • <猿は木から落ちても・・>

      自民党副総裁・大野 (おおの ばんぼく)代議士の有名な言葉です。  * <政治は義理と人情だ>  * <猿は木から落ちても猿だが、代議士は選挙に落ちればただの人だ>  昨日投稿した、奈良武司社長から<人を紹介するときは・・>  奈良社長は、この明言を<大野伴睦代議士>から、教わったそうだ・・ 国会内の大野事務所で、住宅公団のトップを紹介してもらったそうです・・  その際・・わしが保証人・・知人

  • 夜のニュース番組

    今日は、 ・報道ステーション(テレ朝) ・ニュースZERO(日テレ) ・ユアタイム(フジ) を見た。 明日は、ZEROを削って、NEWS23(TBS)を見るつもりだ。 一番、色が出るのは特集だなと。 だいたいやるニュースというのは、同じで。 今日で言えば、 ・講談社編集次長逮捕 ・小池新党 ・トランプ ・錦織圭 このあたりは同じで、特集は全く違う。 こういう意味で特集をどうするかが勝負だなと。 ま

  • <安倍総理の応援団>

    書籍名~  <日本会議の全貌 知られざる巨大組織の実態 >  著者~     俵 義文 さん~ 子どもと教科書全国ネット21事務局長  出版社~   花伝社  安倍晋三内閣のバックには<日本会議>と呼ばれる右翼系組織がついているのは有名な話です。  安倍内閣の閣僚20人のうち同組織と一体をなす<日本会議国会議員懇談会>に所属している閣僚が16人を数える。  思想的には日本会議は歴史認識の問題で・・

  • 左翼・リベラル・保守、左派・右派

    小学生の頃から政治に関心があったのだが、上記の区別は付きにくかった。 今も正確に理解しているわけではないのだが、 左翼・リベラル・保守は政治に対する信条を指し、左派・右派は社会保障や経済政策についての考え方を指していると理解している。 自分は保守左派だなと思っていた。 だが、政治思想チェックサイトで50問程度答えていくと、ほぼ中間点にあたるリベラル左派に該当した。 経済政策と社会保障は左派なのは自

  • 西郷隆盛もびっくり アメリカ大統領選

    「西南の役」をご存じだろうか。明治新政権は、明治9年の廃刀令をはじめ、武士の特権をはく奪し、近代化と教育制度改革に邁進した。 没落した武士階層の怒りを一身に背負い、自らの命とともにその最後を飾ろうとした西郷隆盛は、日本近代の父と言える。城山の戦い、「晋どん、晋どん、もう、ここでよか」と自決した西郷の心を思う。この結果、不平士族は壊滅し、明治政府は欧米列強の植民化に抗い、富国強兵に邁進した。のちに、

  • 知ったのは、スマホのニュースアプリ?ニュースサイトからの通知

    日本の株価下がった。 自分は、株とかしない人なのに 号外という形でスマホに通知があったんだ。 今日は?正確に言うと昨日。 アメリカの大統領選だったんだね。 アメリカの大統領。 その人の世界経済への影響は、計りしれない。 経済に詳しい人。 政治に詳しい人。 予想に反した人が大統領になったんだね? 備考。 自分の予想は、外れていた。 只。単純に外れた。

  • 女性の敵は女性?

    蓮舫さんは、ある女性団体に刑事告発され 受理されたみたいなんだ。 自分には、良く知れない。 愛国女性のつどい花時計という女性団体。 女の人は、怖いよね? それは、同性である女性も思っていることかもしれない。 案の定。 自分には、良くわかないのだけれど。

  • つぶやき35  仁義なき戦い

     近頃の日本の様子を見ていると、豊洲問題にせよ、東京オリンピック関連にせよ、地方議員による政務費不正利用にせよ、戦後、広島県で起こった広島抗争事件を思い出す。  金にがめつく弱者に強いやくざの壮絶な戦いを、深作欣二監督、菅原文太主演の仁義なき戦いは大ヒットした。  国際社会を見ても国内の動きを見ても「仁義なき戦い」の時代が再現してくるのではと思ってしまう。  紀元5~6世紀に成立した司馬法は(目的

  • <安倍首相は何者か・・>

    書籍名~  この国を揺るがす男・・:安倍晋三とは何者か 著者~    朝日新聞取材班  発行者~  筑摩書房  <タイトル>は勇ましい・・  この国のかたちを大きく変えつつある安倍首相・・ <政治家・安倍晋三>の核心に迫る調査報道によって、その全貌を明らかにする! 朝日新聞に連載された<70年目の首相>を、まとめた書籍です。  我が家は、以前から<朝日>を、購読していますので日々の連載は読んでいま

  • <自民党のエース>

      書籍名~  <自民党ひとり良識派>  著者~    村上 誠一郎 (自民党代議士)  発行所~   講談社・現代新書  私と同じ苗字ですが親類ではない・・ただし行動の仕方は同類の<一匹狼>です・・  いつから自民党はモノの言いにくい政党になってしまったのか。  <小泉さん>が郵政選挙で刺客を出し<チルドレン続出>あたりから・・ 首脳部に注文を付けると<公認漏れ>になったり<ポスト>に影響するた

  • 原発・正力・CIA 有馬哲夫

    おすすめ度★☆☆☆ 寸評  読売新聞中興の祖であり日本テレビ初代社長、正力松太郎の野望を暴いた書です。読み辛い。 特徴  正力は自らの通信事業拡大のためにメディアを大いに使って、アメリカによる日本への原発導入を推進しました。CIA文書を頻繁に引用しながら彼のアメリカへの政治工作を明らかにしています。 良かった点  引用が頻繁なので正確性があります。(CIA文書自体がうさんくさいと言われてしまえばそ

  • 北方領土問題について

     北方領土について論じた新書を紹介したので、私の見解も述べておきます。  まず、四島返還は無理です。沖縄本島より大きい2島(択捉・国後)をどうやって返してもらうんでしょうか。ロシアが丸々四島を返す未来なんて私はとても想像できません。もちろんソ連が外交で嘘をついたことが悪いという主張は当然で私も同意見です。しかし、現実に実行支配されてる四島を奪還するのは極めて困難です。  ただ、ロシアは色丹・歯舞の

  • 北方領土問題 岩下明裕

    おすすめ度★★★☆ 寸評  北方領土問題の解決策を提示した新書。前半部は読みづらい。後半部は優れています。 特徴  同著の主張は二島(色丹・歯舞)+αで決着しようというものです。前半部は露中の国境問題解決の過程を書き、後半は過去の日露の交渉を書いています。 良い点  必ずしも国民全員が四島返還を望んでいるわけではないことを提示している点です。 利害関係のない国民は漠然と四島返還を主張します。しかし

  • <佐藤 勝~石川 知裕・・握手でわかる>

    書籍名~ 政治って何だ!? 著者~  佐藤 優 (さとう まさる)さん~ 作家・・元外務省職員  共同著者~ 石川 知裕(いしかわ ともひろ)さん~小沢一郎秘書を経て元代議士 発行所~  ワニブックス お二人とも過去に・・東京地検特捜部により起訴され大変苦労された・・ 有能な両人をマスコミ等で吊し上げ・・ <出る杭を・・>の典型的なケースです・・ 小沢一郎の秘書経由で代議士になった石川さんの鋭い質

  • <都知事選挙・選挙公報>

    ポストに<選挙公報>が投函されていた・・ 各候補者の公約を眺めています・・ <バラ色の世界>は望みませんから・・現実的で実行可能な提案を期待したい・・ * 都職員に考課制度を導入し、能力給・信賞必罰を徹底し人員の20%カットを目指す * 住んでよし、働いてよし、環境によし、の東京を実現する * 女性も、お年寄りも、子どもも安心できる東京の実現 * 知事給与ゼロ・全額返上(月額145万6千円 X 1

  • <田中角栄100の言葉>

    書籍名~  <田中角栄100の言葉>・・日本人に贈る人生と仕事の心得 著者~    別冊宝島編集部 (編) 先日は<石原慎太郎さん>の角栄本を読み感動した・・ 小生は何が何でも<角栄さん>の崇拝者です・・ <清濁併せ呑むの典型>と評価されましたが<コンピューター付きブルドーザー>は、魅力・永遠の目標です。 <口先番長・安倍首相>とは、<1桁2桁も違い・雲泥の差>・・ お先真っ暗の日本には、<角栄2

  • <都知事選挙に鳥越俊太郎さん>

    小生が2月15日に<ニュースの職人・鳥越さん>と投稿しましたが・・ 世界で蓄積した情報と知識で、皆さんにわかりやす <ニュースを届ける職人>僕は、そうありたいと思います。 <都知事選擁立>の動きもあったというが <断りました・・僕は生涯アウトサダー・・インサイダー>になってはいけない・・ 今日の記者会見で・・ 鳥越氏は76歳で、残りの人生はそんなにあるわけではない。 もしチャンスを与えていただけた

  • <参議院・比例区>

    早朝に投票を終えました・・ 立会人席に。知人が座っていた・・眼があったので互いに会釈した・・ 数日前に予定者が辞退したようで・・小生に声がかかった・・ 座っているだけで交代制だから・・誰でもできるから・・日当もXX円・・アルバイトには申し分ない条件・・  小生は<左眼の故障と右耳の難聴・・>一抹不安があるので辞退した・・ 代わりに<会釈した知人>に引き受けてもらったようだ・・ 冷静に考えてみたら・

  • アベノミクスの成否が次の選挙の争点になるか?

    争点になるのは 野党が有能か?無能か? それだけだと思うんだ。 そして、今。 世界的な政情不安。 この先。 野党にこの国を任せ 国を回せるのかな? と不安に思う人ばかりだと思う。 次の選挙は、 与党が有利なのかもしれない? 自分には、良く解らないのだけれど

1 2 3 4 5 ... 6