• 2017/3/2 ユーロ円 環境認識

    ■4時間足 ドル円と同様にブレイクで買っていけましたね。反省です。 下側の黄色▽の下降第3波の強いラインにひっかかっています。 ピンクの日足のトレンドラインへの試しを待つ場面かなと考えていますが、このまま3波のラインを突破することもあるのかもしれません。 ■目線 4時間足→  日足↓ 週足↑ ■シナリオ ①緑▽&トレンドラインへの試しからの押し目買い ②下側の黄色▽の第3波のブレイク買い ③②の押

  • 2017/3/1 ユーロ円 環境認識

    ■4時間足 現在緑▽のラス戻りともいえる水準を上に抜けてきています。 するとブレイク(茶色矢印)で買いを考えるところが、ピンクの日足のトレンドラインが近くにあるので、トレンドラインの外に出てきてからの押し目買いを考えました。 他は、基本的に第3波抜けのブレイクと押し戻りです。 ■目線 4時間足↓  日足↓ 週足↑ ■シナリオ ①緑▽の押し目買い ②下側の黄色▽の第3波のブレイク買い ③②の押し目買

  • 2017/2/28 ユーロ円 環境認識

    ■4時間足 黄色〇が下降第3波起点で、上方向の狙いは2つです。 ■1時間足 赤矢印が昨日のシナリオイメージです。 まずまずその通りの動きになったようです。 赤矢印の先端で止まりましたが、ここは下降の親波の第3波の起点なので一旦は止まるところと推測されました。 1時間足でトレンドラインを引くと、外に出るかでないかでギリギリのところで踏んだっているようです。 もし、Wトップや下降トレンド発生するようで

  • 2017/2/27 ユーロ円 環境認識

    ■週足 現在の下降波が上昇の親波の第3波起点(黄色〇)でひっかかっているように見えます。 ここを下抜けば大きく下落することが考えられます。 ■日足 黄色〇の節目をつけた大きな波が2階建てで成り立っていると考えると、現在の1階の玄関にいると言えるのかもしれません。 この下降波も第1波のほぼ200%達成していて、週足の第3波起点にいると考えると、上方向の狙いも考えられます。 日足レベルのざっくりのイメ

  • 振り返り ユーロ円(2017/2/20~)

    ■4時間足(~2/17の流れとシナリオ) 緑▽のラス戻りを上にブレイクして押しをとって黄色〇の第3波が出ました。 緑△がラス押しとすると、ここを下にブレイクし赤▽を下抜ければ下降トレンド転換するところでしたが、大きな陰線が出てついに下抜けしました。 現在その戻りの動きが出始めるところなのかなと考えられます。 シナリオとしては、抜けてきた赤▽の水準付近からの戻り売りが考えられます。 ■4時間足(2/

  • 2017/2/24 ユーロ円 環境認識

    ■4時間足 赤丸が戻り売りのポイントだったと思いますが、思ったより下に伸びていません。 一番下の青のラインは週足レベルでのラス押しと考えると、明けの明星のパターンによってこれ以上下はないという風にも感じています。 下方向に動きづらいなら上ということで、トレンドラインの外にも出ているので、チャートパターンを作ったり、上昇トレンド発生後の押し目買いが狙えるのかなと考えています。 ■目線 W1↑ D1↓

  • 2017/2/23 ユーロ円 環境認識

    ■4時間足 すでに下げ始めていますが、下降ダウ転換したポイントに戻りを取って再度下降していくのかなと推測されます。 一番下の青のラインは週足レベルでのラス押しと考えられ、上昇波の半値でもあります。ここは強いラインとみていて、下げても一旦このラインで止まるだろうと考えています。 ■目線 W1↑ D1↓ H4↓ ■シナリオ ・下降ダウ転換ポイントからの戻り売り。

  • 2017/2/22 ユーロ円 環境認識

    ■4時間足 Wトップのネックラインを抜けて戻りを取りにきていると考えると、切り上げライン抜け、ネックライン水準、4時間足20EMA(紫)とのかい離を見ながら売りが狙えるかもしれません。(青矢印のシナリオ) もう一つは、日足レベルでの第1波終点ブレイクからの戻り売りです。(緑矢印のシナリオ) 気になるのは、週足では20SMAや38.1%の水準に来ていて、押し目ポイントともいえる水準に来ており、ドル円

  • 2017/2/21 ユーロ円 環境認識

    ■4時間足 日足のラス戻りと、4時間足のラス押しの攻防が続いているように思われます。 シナリオは基本的には、ラス押しかラス戻り抜けの上昇か下降のダウ成立時のブレイクと、押し戻りを考えています。 ピンク矢印は、下方向を狙う場合にWトップのネックライン抜けからの戻り売りを描いています。 ■目線 W1↑ D1↓ H4→ ■シナリオ ①上昇ダウ成立時のブレイク買い ②①の押し目買い ③下降ダウ成立時のブレ

  • 2017/2/20 ユーロ円 環境認識

    ■4時間足 次の節目まで到達したら戻り売りをするシナリオだけ考えました。 一番下の青のラインは週足レベルの上昇波の半値で、ラス押しかなと考えている水準なので、ここから反発する可能性があります。 ■目線 W1↑ D1↓ H4↓ ■シナリオ ・次の節目到達後の戻り売り

  • 2017/2/17 ユーロ円 環境認識

    ■4時間足 日足(下目線)vs 4時間足(上目線)の攻防が続いています。 足がそれぞれの20EMAに挟まれている状況です。 日足方向なら4時間足のラス押しを下抜けたところから戻り売り、4時間足方向なら黄色丸の水準を上抜けしたところから押し目買いかなと考えています。 ■目線 W1↓ D1↓ H4↑ ■シナリオ ①4時間足ラス押しを下抜け後の戻り売り ②黄色丸水準上抜け後の押し目買い

  • 2017/2/16 ユーロ円 環境認識

    ■4時間足 チャート的にはぎりぎり下目線なのですが、緑丸の水準を超えるようだとラス戻りブレイク&上昇ダウ成立で上目線への切り替えが必要なのかなとみています。 現在非常に重要なポイントに来ていると考えられます。 ■目線 W1↓ D1↓ H4↓ ■シナリオ ①緑丸水準ブレイク後の押し目買い ②上昇第1波の161.8%水準ブレイク後の押し目買い

  • 2017/2/15 ユーロ円 環境認識

    ■4時間足 4時間足では直近の上昇波のラス押しを下抜けていると考えると、下降ダウ成立はしていないので中途半端な状況と考えられそうです。 ドル円に引っ張られての上方向だけのシナリオを考えたいと思います。 ■目線 W1↓ D1↓ H4→ ■シナリオ ①日足ラス戻りゾーンブレイク後の押し目買い ②上昇第1波の161.8%水準ブレイク後の押し目買い

  • 2017/2/14 ユーロ円 環境認識

    ■4時間足 上方向は日足のラス戻りゾーンをブレイクしてからの押し目買いで、最終的には親波の高値(現在の上昇波第1波の200%)まで目指せるかもしれません。 下方向は、Wトップのネックラインからの戻り売りで直近安値まで、それをブレイクしたら、週足レベルの上昇波の半値付近までを見ています。 ■目線 W1↓ D1↓ H4↑ ■シナリオ ①日足ラス戻りゾーンブレイク後の押し目買い ②上昇第1波の161.8

  • 2017/2/10 ユーロ円 環境認識

    ■4時間足 ラインを引き直しています。 上方向のシナリオとしては、このままラス戻りを超えていくようならその押し目買い、さらに緑丸の第3波起点超えの押し目買い、ネックラインまで落ちてきたら押し目買いを考えています。 下方向としては、ラス戻りを突破できずにチャートパターンのネックラインブレイクからの戻り売り、第3波起点付近でのチャートパターンのネックラインブレイクからの戻り売りを考えています。 ■目線

  • 2017/2/8 ユーロ円 環境認識

    ■4時間足 昨日のシナリオどおり戻りを待っていたら乗れませんでした。 本日も戻りを待ちたいと考えていますが、抜けてきた水準やトレンドラインの近くまで来たら狙っていけるのかもしれません。 そして緑丸が第3波起点と考えられる重要な水準で、ここから上昇へ向かう流れも出てくると考えられるので、決着したほうについていきたいと思います。 ■目線 H4↓ D1↓ W1↓ ■シナリオ ①トレンドライン付近からの戻

  • 2017/2/7 ユーロ円 環境認識

    ■日足 しっかりと一つ下の節目まで達しました。 そうすると戻り売りができる場面かなと考えられます。 ただし、緑丸が上昇波の第3波の起点と考えるとここでひっかかる可能性があります。 第3波の起点から折り返す動きや、下に抜けてネックラインを目指す動きが推測されます。 ■4時間足 下方向だけに注目すると、直近のラス押しや20EMA辺りからの戻り売りと、さらに第3波起点をしっかり下抜けてからの戻り売りが考

  • 2017/2/6 ユーロ円 環境認識

    ■月足 下降の親波のネックラインをブレイクして押しをつけに来ているように見えます。 そうするとネックラインからの押し目買いと、親波安値ブレイク後の戻り売りが考えられそうです。 ■週足 直近の下降波を切り出しました。 ネックラインの水準を上抜けて、トレンドラインの外に出て押しを付けてきている段階と考えられます。 すると、押し目候補がネックラインや上昇ダウ成立した水準が考えられそうです。 下方向として

  • 2017/2/3 ユーロ円 環境認識

    ■4時間足 赤矢印は昨日のシナリオイメージです。 上方向の狙いは変わらずです。 だんだん波のサイズが小さくなってきてきます。 例えば、緑線でくくった部分の波のトレンド転換を狙ったシナリオを考えてみたいと思います。 4時間足では分かりにくいので1時間足に切り替えます。 ■1時間足 トレンドラインの外に出てくるときに、1時間足レベルでトレンド発生した地点(Wボトムネックライン)でブレイクが狙え、ラス戻

  • 2017/2/2 ユーロ円 環境認識

    ■4時間足 上方向の狙いはラス戻りゾーンブレイク後の押し目買い。 下方向は現在下げてきていますが、トレンドラインに戻りを付けるまで引き付けたいと考えています。 そのまま下げていくなら仕方なしという感じです。 ■目線 W1↓ D1→ H4→ ■シナリオ ・ラス戻りゾーンブレイク後の押し目買い ・トレンドラインまで引き付けてからの戻り売り

1 2 3