• 魚へんなのに…

    寒い日が続いて なかなか 小幡城跡に道路の測量に行く気が起きません。 早く 暖かくて風があまり吹かない日が来ないかな~ この写真の地図よりは詳しいものを目指してます。  浜モンが 魚へんの漢字が書いてあるビニール袋を私に渡して、 『この中に 魚へんだけど 魚ではないものは何個ある?』 と言った。 浜モンは 太平洋沿岸の港町で生まれ育ってるので魚には めっぽう強い。 私は間違えてしまいました。平野で

  • 浜モンと城跡に

    ハイキングをするのに最低限の必要な物を購入しなければならない。 その為には 浜モンに必要アピールと予算を申請しなければ 先に進まない。 先ずは 城跡に連れて行き 徐々にハイキングの魅力を伝えようかな~と。 半日 時間の余裕があったので 浜モンと二人で城跡へ行くことにした。 家から近場の城跡を調べ 車で50分程のところに行った。 ナビの駐車場は 少し高台にあったので そこまで車で行こうと坂道を走った

  • まぐろの清け丼

    夕飯を食べるのが遅くなり 久しぶりに まぐろの清け丼を食べることに。 浜モンがまぐろの柵をひと口大の大きさに切ってシチュー用の皿に置いた。 たれの作り方を知りたくて 浜モンの後ろに立っていた。 何故か浜モンが たれを作らなくて こちらをチラチラ見てる。 サッサと作らないのかな~と思って ジッと立ってると まるで意地を張ってるかのように チラチラ笑顔で見て何もしない。 こうなると意地で 浜モンを見な

  • 里山へ  プチ デビュー

    昨日 天気が良かったので一昨日のリベンジで里山に 再び 行く事にした。 家から車で約1時間半ほどの所にある 目的地の温泉の駐車場に到着した。   この温泉の周辺に民家が10件ほど建っている。 反対側には小高い里山がある。  この里山のてっぺんから温泉地周辺の集落を見ようと思った。 里山に向かって車が1台通れるくらいの道に沿って歩いて行った。 しばらく歩いたが 登り口が どこにも見当たらない。 残念

  • 突然の電話にビックリ

    2日前の夜9時頃 突然 我が家の固定電話が鳴った。 始めてみる携帯電話番号からの電話である。 こんな時間に電話は普段かかってこないので  電話に出るのをどうしようかと…迷っていると、浜モンが電話に出た。 相手の話に丁寧に『ハイ。』を繰り返し聞いている。 『誰からだろう?なんだろうなぁ~?』と浜モンの様子を見ていると、 『はい、Oさんから電話だよ。』と。 O氏は会社の同期で 専門は違ったが製品開発を

  • 傘がない  その3

    私は学生時代 4畳半一間の部屋に下宿していた。 建物の間取りは4畳半の部屋が4つと小さな炊事場、トイレが各1ヶ所ある平屋だった。 同じような家屋が3棟とブロックで建てた風呂場が1ヶ所あった。 道路から少し入った生活道路沿いにツゲの木で囲った塀があり、 生活道路と直角に 縦長で前に2棟 後ろの右側に風呂場  左側にもう1棟 建屋が建っていた。 私の部屋は 生活道路沿いの左の棟の左から2番目だった。

  • 里山へ  もう少し北の方へ

    去年の3月末に行ってきた温泉地です。  麓では雨が降っていました。 麓からホテルの送迎バスに乗って山の方に向かうと 道路は徐々に雪が積もった状態になり、 しばらくすると一面が吹雪で 雪が横殴りで降っていました。  麓から約1時間で別世界でした。 ここの温泉は 内湯・露天とも すごく 良かったです。 真夜中の吹雪の中の露天は 最高でした。 この温泉の近くに里山(?)があります。 左側に見えてますが 

  • 里山へ  後編

    里山散策の出発地点を温泉地の駐車場にしてるのには訳があります。 私が会社員になって早々に 先輩から山登りに誘われました。 私は学生時代は軽音楽部とインチキ美術部員で山登りとは全く無縁でした。 先輩が靴や服など登山に必要なものは 全部貸してくれました。 早朝に 山の麓の温泉地の駐車場に着きました。 借りた靴のサイズは0.5cm大きいサイズでつま先に若干余裕があったけど、 履いていて どことなく足裏の

  • 里山へ  前編

    里山へ行こうと思った途端、大雪となってしまいました。 『お前は行くなよ!』と言われたみたいで、だったら行こうと決めました。 出発地点は 家から車で約1時間強の位置にある温泉施設の駐車場です。 温泉施設の脇にハイキングコースがあります。  雪が残っています。 ウサギと思われる小動物の足跡だけで 人の足跡はありません。 誰も来ないところなので、面白くない場所なのかもしれません。  雰囲気は良さそうだけ

  • 来週 里山に行ってきます

    運勢など 気にした事はありませんが…。 去年のNHK大河ドラマ『おんな城主 直虎』に南渓和尚役で 出演していた小林薫と私は生年月日が同じです。 うさぎ年生まれの おとめ座です。 何か文句でも…。 気にはしませんが、でも、何故か気にしてしまいます。 想像ですが、小林薫は人とワイワイ騒ぐのが苦手でシャイな感じがします。 ジャズバーのカウンターの端っこで一人 ウヰスキーを飲んでいそうです。 かと言って、

  • 浜モンが旅行に行く

    浜モンが 昨日 旅行に出かけました。 取敢えず 娘と娘の友達にスワンナプーム空港で 迷子にならないで すんなり会えるように願ってます。 昨日はドタバタでした。 朝から旅行ケースとリュックとウエストポーチに 荷物が全部入らないと言う。 見ると どう見ても入らない量の物を持って行こうとしている。 『どうしよう…。キーッ!! どうしよう…。キーッ!!』 どう考えても減らすしかないと思うけど、全部必要との

  • 味噌煮込みおでんを作ってみました

    ひまつぶしさんの 男の居酒屋料理 味噌煮込みおでん(1/3)を 参考にして作ってみました。 ひまつぶしさんのブログの写真をじーっと見て 材料のポイントを記憶しスーパーへ買い出しに行きました。 私はA型ではないので メモするような事は苦手ですというか やりません。 記憶したのは 基本的におでんの具で4種類、材料費1000円以下でした。 3種類(厚揚げ、鶏肉、竹輪)まではすんなり買えましたが、 後1種

  • 今年はアウトドアが増えそう

    毎日の積み重ね…、コツコツと…、気が付けば結構それなりに進んでいるもので。 年齢はあまり関係ないみたいと思います…。 踏切板をみかけたら、走り幅跳びをしてみましょう! 脚力に 少し自信がつきました。 『ヘロヘロ歩いてる…。』と浜モンから言われたのが 嘘のように…です。 今年は 海と平野と川と山に出かける予定です。 ✩ 海釣り(磯でのスポーツフィッシング)は20年ぶりでワクワク   東日本大震災の原

  • 二八蕎麦

    私は二八蕎麦が好きです。 十割蕎麦は香りも良いし美味しいのですが、 二八蕎麦の コシがしっかりしていて喉ごしが良いのが何とも言えません。 (二八蕎麦は8割の蕎麦粉にツナギとして使う2割の小麦粉で作った蕎麦の事) 仮の話ですが、十割良い人や十割悪い人がいたら お近づきしますか? 流石に十割悪い人に お近づきする人はいないと思いますが、 十割良い人には どうでしょうか? ちょっと重すぎて遠慮しちゃいま

  • 何処かへ行ってみようかな

    カメラに関しては 浜モンが自分で取説を見て ほぼ操作できるようになった。 分からないところがあればサポートしようと思い、 『カメラは 大丈夫?』と聞くと、 浜モンは余裕を持った顔をして『教えない~』って返事。 この言葉の意味は『もうOK!私一人で全部やるから黙ってて!』という事です。 ホントに面倒くさいお方です。色々あったけど 取敢えず収束方向へ。 次はリュックに関してブツブツ言ってます。 『物が

  • 浜モンがカメラを買う   続編

    隣の家の方から 最近、一匹の猫の鳴き声が聞こえてきます。 隣の猫はメスで人見知りが激しく写真を撮ろうとすると、 サーッと隣の家に逃げ込み写真を撮らせてくれない。奇麗で可愛い顔した猫である。 去年の今頃 何処からか数匹のオス猫が来て絞り出すような声で鳴いていたので そろそろ発情期なのかな(?)なんて思ったりした。 私は炬燵に入ってボーっとしていた。 自分でも寝てるのか起きてるのか分からない 最高に至

  • 浜モンがカメラを買う

    1月の中頃に約2W 娘と娘の友達と浜モンの3人でタイ・カンボジアを旅行する。 娘がバンコクで仕事を終えた後にバンコクの空港で合流し、 直ぐにグラタン島に直行~アオナン~アンコールワット~ベンメリア~バンコク のスケジュールらしい。                画像はお借りしました。 ツアーではないので旅行のペースは娘と娘の友達に合わせることになるが 二人共かなりアクティブな体育会系なので 還暦過

  • 初心に戻ろうかな

    去年、ブログを始めた当初は ゆったりした午後に見かけた風景写真と タイトル(GO7GO)通りの句(575)を載せていた。 が、途中あたりから内容が変わってしまい句も詠まなくなった。 今年は初心に戻って ゆったりした午後の句と写真を増やそうかな~。 今年は海側の神社と山側の神社に初詣に行ってきました。             海側の神社で列に並んでいる所です 私が狛犬の写真を数枚撮ってると浜モンが

  • タイミングに合わせて飲みました

    数日前、冷蔵庫の奥に眠っていたワインを大掃除で見つけました。 オリーブオイルと思ってたのが良いワインと聞いたので早速飲みました。 黒いビニールを剥がすとコルクで栓がしてあり、咄嗟に  らせん状のコルクを取るやるが付いてる缶切りを思い出し探しました。   我が家では普段 ワインも飲まないし缶詰も食べないので何処にあるか分かりません。 浜モンに何処にあるか聞いたら『餅が入ってる引き出しにあるから探して

  • 飲むタイミングは今かな?

    冷蔵庫を大掃除してたら出てきたボトル。 たしか娘が以前 送ってきたボトル… 英語ではないので なんて書いてあるか分からない。 オリーブオイルなのかワインなのか…。これってワイン? ワインだとクリスマスでなければ他に飲むタイミングなんてないんですけど。 浜モンはシャレオツからは程遠いのでワインはちょっと…。 がらっぱちなんで 鍋に大量の甘酒を作って かっぱえびせんじゃないけど『やめられない 止まらな

1 2 3