• 糖尿病専門医が膵リパーゼ阻害剤を推奨する理由

    オブリーン(膵リパーゼ阻害剤)は、ゼニカルと、ほぼ同じ作用をもつ薬剤です。 私は、運良く、その臨床試験の第3相試験を行い、実際の肥満糖尿病患者さんたちに、膵リパーゼ阻害剤を処方した経験をもっています。 そのオブリーンが、厚生労働省に申請した時に、 では、糖尿病では、どのくらいHbA1cが低下したのか、 それを示した図表が、以前、武田薬品から、提供されておりました。 それを、公開してみたいと思います

  • こんどこそ、朗報です!

    サクセンダ、発注、かけました! 海外出張の前に、発注が、できたので、よかったです。 これで、リラグルチドを、1日量にして、3.0mgまで注射できるペンが、手にはいります。(といっても、私も、まだ、実物を、国政的な糖尿病学会会場以外では見ていません。)詳細は、 以下の動画で。。 Saxenda Produce Sustained Weight Loss これまでは、ビクトーザだけでしたが、これからは

  • ブログやっててよかったなぁ~

    まず、平成のうちに『源氏物語』を読もうとしたのは よそのブログで「平成最後にやり残したことは?」 っていう企画があったからなんです。 そんなのがなければの~びり読んでいたと思います。 読むことは決めていました。 本を読むのが遅いので、かなり、きつきつです! 1ヶ月に3冊読まなければいけないんです。 3月は旅行、4月は秋田で結婚式。 書道の練習もしたい。 今日、ダンナは仕事だからこれから読もうと思い

  • 腎機能と脂肪そして環境ホルモン

    JPⅭ育成会は昔は、はだしの医者育成会という名前で、田村勝昭氏が始められた団体です。ある方の勧めで東洋医学の勉強会に参加したことがご縁で今も続いています。 はだしの医者という名前が、医師会が気に入らないので、はだしの医者という名前を外したと聞いています。 私は、将来外科以外の医者は存在しないのではないかと考えています。 昔からある、医学、伝承、の中にも優れた効果、効能、病理観があります。政治、経済

  • 2月6日 日記

    今日は雨の中、書道教室に行ってきました。 晴れオンナなのになんで用事のある日に 雨なんだ?? 教室がおもしろい。 時間がアッという間に過ぎていく。 もうすぐ展示会があるので、 皆さんの力作が見られました。 ある人は先生の作品をなぞったものを ツイッターにあげたと、見せてくれました。 皆、ワーワー言ってたけど それに意味はあるの?? 「若い人はいろいろやれて楽しそう」 って、先生。 やさしいね。 *

  • Closed Loop GLP1 フィードバックシステムの提案

    1型糖尿病にも、2型糖尿病にとっても、朗報があります。 とうとう、アメリカで、Closed Loopのインスリン注入システムが発売されました。名称は、Omnipodと言います。ネットで調べてみてください。これで、人工知能が加われば、血糖値があがった時に、それを、察知し、インスリンを投薬することができます。 ですが、インスリンも、GLP1も、同じような分子量をもった液体です。ですから、もし、これを、

  • 肥満も、糖尿病と、同じ運命を辿るのかも。

    昨年、2018年9月、ベルリンの欧州糖尿病学会に参加した時のことです。 リラグルチド、セマグルチドのセッションがあり、抗肥満治療について、4名の講師の演題が終わり、いわゆる、Closing Remarkを述べる、先生が、こんなことを話をされてました。 昔、昔、(おそらく1980年代くらいまで)は、 糖尿病は、みんなが「ぜいたく病」だ、といって、ぜいたくのせいにして、 糖尿病は病気ではない。ぜいたく

  • サラダチキン作ってみました

    今日で2回目です。 1回目大成功~♪(o^^o) そりゃ~、レシピ通り作れば当然です。 詳しいレシピはお調べください。 貼り付ける方法知らないので・・・。 とにかくお肉はお湯から茹でると思っていたら、 水から入れるんですよ~。 塩と薄切りしょうがと皮をむいたとり胸肉と 皮も入れます。 そして沸騰したら火を止めます。 大きい肉なら2分ぐらいしてから止めます。 冷めるまで汁の中に入れておきます。 ちゃ

  • 0.6mgなら、8万円で3ヶ月、ダイエットができます。

    GLP1ダイエット外来は、私たちにとっては、副業かな?? ううーん。 本業は、もちろん、糖尿病外来、専門外来、です。それに、一般内科、ドックなど。これらが本業です。そこには絶対の自信があります。 たまたま、本業の守備範囲の中に、「血糖が良くなると、太りやすくなる。それにより、血糖コントロールができる医師は、肥満についても、治療が必要になった。だから、肥満治療をやります。」という流れになったので、肥

  • iga腎症と妊娠と人生最悪からの不思議な予言

    相変わらず、波乱万丈なわたしです。 妊娠5週目1日にはいりました。 強気なわたしが珍しく、不安でいっぱい。 iga腎症はどうなってしまうんだ!とか、子宮外妊娠だったらどうしようとか、卵巣嚢腫大丈夫かな?とか高齢出産いけるかなとか。これからの生活どうしようとか仕事とか、もう大転換を迎えております。 気合い入れにベジタリアンナイトに1人でいき、体に優しいディナーをひとりで食べまくって発散。 でも、思い

  • ジュリアロバーツは、やせていました。感慨深いです。

    『マグノリアの花たち』(マグノリアのはなたち、Steel Magnolias)はロバート・ハーリングの戯曲。アメリカ合衆国南部の小さな町を舞台に、固い絆で結ばれる女性たちの姿を描いた作品である。初演は1987年にオフ・ブロードウェイで上演され、それを原作とした映画が1989年に公開された。ここで言うマグノリアは、アメリカ南部を象徴する花木タイサンボクを指す。(Wikiから引用) もともと、オフブロ

  • iga腎症と妊娠と不安と完璧なタイミング

    先日目標を掲げた妊娠。 iga腎症を治すことを前提にだった。 卵巣嚢腫もあるし、腎機能も弱っているし、年齢的にも38歳と高齢でリスクも高い。 けれど、何故か急に子供が欲しいと思うようになって、伴侶と一緒に名前だけ決めていた。 琥珀色の「琥珀」こはく 年末年始はバタバタして、忙しさに振り回されていた。インフルエンザとか流行っていて耳鼻科のBスポットもなかなか予約もとれなくて、吸入器を購入して毎晩の習

  • 七草粥

    今日は七草粥の日 昨日、1時間半もかけて イオンモール幕張新都心に 行ってきました。 別に買い物が目的じゃなかったので お昼を食べてウインドーショッピングして 七草粥の材料を買って帰ってきました。 食べ物の写真を撮る習慣がないので 忘れてしまいました (A;´・ω・)フキフキ こんな小さなロブスター取っていいのか? っていうくらい小ぶりのロブスターが乗った どんぶりを頂きました。 〆はお茶漬け お

  • 老化現象ですと~~!

    今朝、伸びをした時 なにげに腕を触ったら ガッチガチだったので ダンナに「触って」って言った。 そしたらダンナ 「老化現象。。。むにゅむにゅ。。。」 わたし 「ちがーう!!」 年取って細くなったんじゃなくて トレーニングして振袖もなくなったんじゃ! ダンベルって効くんですよ。 たぶんほとんどの人はわかると思います。 ただ、自分でやれるかなぁ~と思うはず。 ダンベルに違和感を持つのもわかる。 兄も糖

  • 2019年 iga腎症根治に向けて やることリスト

    新年明けましておめでとうございます。 久々の更新です。 最近の身体の状態です。 毎月T病院では血液検査と検尿検査。 月に2〜3回の耳鼻科でのBスポット治療。 加えて、N先生の波動測定治療。 潜血反応は➕2←現状変わらず タンパク尿➕1←減りました 昨年は全く風邪をひかなくなったのは、大きな進歩かな。波動測定ではじわじわ体質改善されていっているのがわかる。昨年はインフルになったり、熱がでたり、倒れた

  • 超画期的なGLP1治療、、始まりは、ここからでした。

    欧州糖尿病学会に参加して、目をみはったのが、セマグルタイドの毎日、注射でした。 セマグルタイドは、商品名、オゼンピックで、日本でも、2018年には、処方できるはずの薬でしたが、残念ながら、日本での発売は延期になりました。 ただ、この発表を聞いて、即、GLP1受容体作動薬は、糖尿病の血糖コントロールだけでなく、抗肥満薬にも応用できると考えて、GLP1ダイエットの臨床(ダイエットプラクティス)を初めて

  • 痩せ型糖尿病の経過

    今年の7月 空腹時血糖141 HbA1c6.5 12月 空腹時血糖124 HbA1c6.2 順調に落ちています。 今年、痩せ型糖尿病は筋肉をつけるしかない、 という考えに出会いました。 そして、ビタミンB群は糖を分解する。 体はたんぱく質で出来ているから 十分とらなければいけない。  できるだけ歩く。 パソコン、テレビを見ている時ダンベルをやる。 気がついた時、簡単な運動をする。 薬味、付け合わせ

  • やせたら、iPhoneの、Face IDが、反応しない。

    最近、iPhone Xの、Face ID、が反応しない。 これって、ー14kg、やせたせいなのかも。 確かに、鏡を見ても、別人に見えるようなことあるし。 こういう、ちょっとしたことでも、うれしいですよね。笑。 GLP1ダイエットに、こういう副反応がつくとは、思ってもいませんでした。!。

  • しげとう先生と、私の、GLP1ダイエットの違い、その1

    しげとう先生は、日本におけるGLP1ダイエットの、糖尿病専門医としての開拓者だろうと思います。既に3年の歴史があり、ノウハウも心がけていて、ひとりで外来をこなし、その収入もすごい、と聞いているので、GLP1ダイエットで成功した医師の代表的人物といってよいでしょう。 それに比べて、私は、というと、GLP1の研究を海外でやったこともないし、今からやる気もないし、単なる東京の一開業医です。確かに、周囲の

  • しげとう先生のGLPダイエットと、当院との違い

    GLP1ダイエットの医療では、京都にある、しげとうクリニックの しげとう先生の診療が有名です。 日本のこの道の先駆者だろうと思います。 私も、自分のダイエット外来を立ち上げるにあたっては、 いろいろ参考にさせていただいたところが多く、 その意味では、とても感謝しています。 また、先駆者としての、たくさんの、苦労もあったのではないか、と お察しします。 ですが、おそらく、このブログの読者においては、

1 2 3 4 5 ... 6