• 8/1~2*Mongol*モンゴルあでぃおーす

    昨日の夜はどんより曇り空。 星もまったくみえず、悔しいから 大草原でコーヒー飲んで、永遠テントで大富豪。 大草原の真ん中でフリスビーもした。 久しぶりにすると、すぐに血吐きそうなる。 25ってやっぱ体力的にも衰えてきてる、悲しみ。 おかんから三田マスターズマラソンのハガキ 来てるってどーでもいいお知らせあったけど (今年は世界一周で参加出来ないこと分かってての知らせ。) 来年またでよーかなー。 柴

  • 7/31*Mongol*奇跡の回復

    朝起きたら雷と雨は嘘かのように、、曇ってる。 嘔気もだいぶましになってる。 こっそり、いや大胆に草原で朝のトイレをして なーんにもない草原と丘と空をみてた。 今ここはモンゴルなんかーって 毎日信じられへん感覚になる。 毎日なるってのがモンゴルのすごいとこ。 なーんにもない大草原、モンゴル。 この景色をみれて幸せやなーと心から思った。 生きててよかった~ってまた思った。 ゆかりがいてよかった、吐き続

  • 7/30*Mongol*体調終了のお知らせ

    今日からまた3日間大草原の旅に出るため 朝イチで排便しとこうと思って朝ごはんモリモリ 食べてコーヒーも2杯飲む。 前日の韓国料理の成果もあってか目標達成。 3日間運転手をしてくれるのは徳さん。 (本名はたぶんトクトゥかなんか、忘れた。) 荷物を積んでいざ出発。 ん?胸のあたりに違和感あり。 だんだん道路は悪路になって、飛び跳ねまくる。 結果的に言いますとゲーゲー吐きました。 観光名所2ヶ所行ったけ

  • 7/29*Mongol*ウランバートルただいまです。

    帰りも15時間のバス移動。 ゆかりと並んで草原トイレ。 爽快だな。 モンゴル人がトイレ並ぶ横で草原トイレ。 モンゴル人を抜いた瞬間。 朝5時にウランバートル帰宅。 お世話になりっぱなしの トップツアーゲストハウスに戻る。 6時前に行ったのに、いつも通り 朝ごはんとコーヒーを出してくれる。 おかげで便秘脱出。 お昼ご飯はやはりCHA! 男軍団にまじってごはんお代わりしてしまった。 お代わりはタダ、あ

  • 7/28*Mongol*初キャンプ波乱万丈②

    初めてのテント泊。3人用テントに4人。 カップルが良く撮るショット。彼氏の寝顔と私の すっぴん的なやつね。 私らの場合風呂入らず2日目、歯磨きも してません。ただの「汚」ですが。 モンゴルの気温は私のテンション並に波がある。 朝、夜は5℃くらいまで下がる 昼は日射しが強くて体感は30℃くらい。 ダウンと半袖が必要。 テント泊も朝になったらみんな凍死してたら 笑える反面、どーしようかと少し不安。 夜

  • 7/27*Mongol*初キャンプ波乱万丈

    朝から人生初の乗馬に挑戦。 私の馬さんは背中の毛が固かったので「たわし」 となずけた。 乗った瞬間まったく静止きかず、私びびりまくる。 この写真の馬の顔ときたら お前とは馬が合わねぇんだよって言われてる感 すごいわ。 結果みんなは自分だけで馬動かしてたけど 私だけ最初っから最後までガイドのお姉さんに 馬を引かれた。 いや楽しかったで。ほんまに。 途中から「たわし」を間違えて「こてつ」って 呼んでた

  • 7/25~26*Mongol*フブスグル湖を目指して

    昨日の夜はウランバートルで「CHA」ってゆー 日本食カフェをみつけ、親子丼食べた。 まさかモンゴルで日本食食べれるとは。 しかも日本史の教科書とか置いてておそらく 日本で暮らしてた人が経営してるぽい。 そらちゃんと親子丼なるわけだ。 汁だくにしてくれるわけだ。納得だ。 しかも300円だ。安すぎる。 モンゴルで驚いたこと ①日本語を話せるモンゴル人に1日で3人会う。 ②モンゴルには韓国料理屋が多い

  • 7/24*Mongol*鉄道旅2泊3日!

    モンゴルの国境「ザミンウード」に到着が 昨日まで。 18時の寝台列車でモンゴルの首都 「ウランバートル」に向けて出発。 後ろの髭とガリとお風呂なしの生活2日目に 突入した。もう臭いの次元を超えた。 モンゴルのお金は100円が2000トゥグリルになる 両替したら札がえらいことになった。 わるやのぅ。 電車は20両くらいあってかなりなっげ。 出発してからだんだん日が沈み 少しずつ何もなくなってくる。

  • 羊肉鍋! 蒙古薬膳火鍋でスタミナアップ(小尾羊 新大久保店)

    蒙古火鍋用の「上ラムロース(羊の肉)」 蒙古火鍋の薬膳スープ ラム肉丼~んw 思いっきり、ご飯の上にラム肉をのせちゃいました(^^) 蒙古火鍋(ひなべ)を食べてきました! 平成28年(2016年)11月11日、JR大久保駅近く(JR新大久保駅からもすぐ)の小尾羊 新大久保店に行ってきました。火鍋は 20数年前に中国の重慶(チョンチン)で食べた以来だと思います。友だちと 2人で満腹になるまで一心不乱