• 35用エサ入れの底上げ、etc.

    HOEIの35クリアカップ(35用エサ入れ)は底が深すぎるとしばしば指摘されています。 オカメインコならちょうど良さげな深さなのですが、アキクサインコは底に足を下ろさなければ奥までクチバシが届かなかったりします。底に足を下ろしてしまうと脱出しずらく、もがいていたりします。より小さいセキセイやフィンチならなおさらかも。 そこで、アキクサ用ケージでは私は底上げしています。先日、アキクサのケージが2つに

  • これはデカイ!【閲覧注意】

    【閲覧注意】冒頭から見苦しいものが。。。 こ、これはデカイ! 放鳥の時Pupuちゃんに誘われて、巣箱からようやく出てきたPonちゃんの溜めフンです。 ボトリ、ボトリと3回も。 オカメのPopoちゃんも抱卵中は溜めフンしますがこれほどの量を出したことはありません。 Ponちゃんは巣箱の中ではウンチしない清潔主義なんですね。 今日はPonちゃんが6個目の卵を産むかもしれない日でしたが、産みませんでした

  • Ponちゃん3個目、オカメ巣箱完成など

    Ponちゃんは3個目の卵を夕方5時半頃に産みました。順調に1日おきのペースです。 昨日まで卵を抱いていませんでしたが、今朝から抱くようになったようです。胸の下からはみ出した卵に気づいたら、クチバシで引き寄せてちゃんと胸の下に入れている様子を確認しました。 1個目と2個目は抱いていない期間が長かったので孵化しないと思いますが、3個目は期待できます。 オカメ用の巣箱本体が完成しました。 床面は19x3

  • オカメ巣箱の製作、など

    今日はオカメ用の巣箱作りを少しずつ進めたり、 Pinoちゃんの足の傷は完治に向かっているようです。 別居させてはいても、アキクサ雛達は広い空間であれば逃げ切れる飛行能力を既に身につけているので、大人アキクサ達と同時に放鳥してます。 今日はPupuちゃんが落ち着いていたのか、Pinoちゃんと一緒にゴハン。Ponちゃんが巣箱から出て来なかったからかな? Ponちゃん、一日中巣箱で過ごすようになってきま

  • オカメ用巣箱の製作始め、など

    今日も巣箱の前で警備を継続するPupuちゃん。 無精卵を抱き続けるPopoちゃん。 先日の流血事件で血だらけになった止まり木を洗いました。 丁寧に水洗いしたら気にならない程度に綺麗になりました。 小学校の家庭科で習った覚えがあります。お湯を使うと血は固まって落ちないので、血の汚れは水で洗うと。 オカメ用の巣箱を作り始めました。 幾つかの材料はアキクサ用巣箱の材料切り出しの時に一緒に用意してあったの

  • 産卵が近いかな

    先週から朝晩欠かさず交尾しているPonちゃんとPupuちゃん。 故Pipiちゃんとのペアでは有精卵率100%だったPupuちゃん。百発百中です。(3個だけでしたが) 昨日までPonちゃんは巣箱に入っても床には降りず、出入り口そばの踊り場の上でしか過ごしていませんでした。 けれど今日はやっと床に降り、床面中央付近の巣材を払っていました。産卵の準備のようです。  ↓ 巣箱カメラ(赤外線)の映像 今日は

  • 巣箱を設置

    PupuちゃんとPonちゃんのために、ようやく巣箱を設置。 でも、トーンダウンしちゃったみたいで年明け後は交尾してる姿を見ていません。放鳥中にPonちゃんは少しだけ発情鳴きをしているので全くその気がないというわけでもなさそうですが。 巣箱が用意されれば気分が再燃するかもしれず。 今からならヒナが孵化するとすれば2月以降でしょうから、だんだん外気温も上がって悪くはない気がします。 さて。 ケージの網

  • 糞便検査、巣箱、その他

    アキクサの雛たちは今日も元気に可愛さ振りまいてます。 Pinoちゃん: Pakoちゃん: 近頃、アキクサのPupuちゃんはオカメ達とあまり距離を置かなくなりました。一緒に平然とゴハン。 オカメのPopoちゃんは卵(無精卵と擬卵)を抱き続けていますが、放鳥には応じて出てきます。 夕方、アキクサ4羽全員を移動用ケースに入れて病院へ。繁殖に取り掛かる前にはというつもりで、便検査と健康診断を受けました。

  • 巣箱本体が完成

    今日はアキクサペアのための巣箱を組み立てました。全て木ネジで固定。 滅多に見ない、というか私は他に見たことがない、2世帯対応の2階建の巣箱。 各室の床面は19x25cmの広さ。アキクサ用としてはゆとり充分だろうと思います。 ケージの右隣りの青色扉の中に収めます。 スピーカーの箱ではありません。。。

  • 今年もおしまい

    2016年もおしまいです。 インコたちとの生活は激動の一年となりました。 初めてアキクサの繁殖ができたり、オカメのPeaちゃんを迎えたり。 一方で、トリコモナス感染騒動、アキクサ4羽がお星になってしまい新たに3羽を迎えたり。。。 来年は穏やかな良い年になりますように。 今日は巣箱の材料を切ったり、削ったり。年をまたいで続けます。 最近よくブランコに乗ってユラユラを楽しんでいるPupuちゃん。巣箱は

  • 巣箱の製作始め

    オカメのPeaちゃん、テリトリーのアピールというわけでもなければ、体温調節の扇というわけでもなく、何かカッコつけたい時(?)に翼を広げます。 今日は体重計に乗ってもらった時に。。。 巣箱を作り始めました。ケージの隣の別室に巣箱を入れるので、結構面倒な部分があります。ケージと別室を出入りさせる接続部分です。設計はできていますが、少々手間がかかりそう。 まず、アキクサのペアのための巣箱を作り、できれば

  • ロールスクリーンの取り付け、吐き戻し

    なかなか進まなかった、おやすみカバーの件です。 布をカッコ悪く引っ掛けて適当にやり過ごしていましたが。。。 ロールスクリーン(商品名はスリムロールスクリーン)を買ってみたものの、隙間ができるし、スクリーン生地の遮光性が低くてダメかなと思いました。 代わりに普通の遮光カーテンを考えましたが、カーテンレールが突き出てしまうし、レールの上にインコたちが止まることの対策もしなくてはなりません。さらにカーテ

  • Pakoちゃんを迎えた

    Pupuちゃんがもっと仲間が欲しいというので。。。。。 昨日、群馬県のお店へ車を走らせ、ルビノーのアキクサインコの雛を迎えました。 名前はPako(パコ)ちゃん。栃木県生まれとのこと。 食後体重40g。後は羽が伸びるのを待つばかり、というところでしょうか。 Ponちゃんと大きさ比べ。 一人餌になりかけていますが、喜んでさし餌を食べてくれるので続けてみます。 保温機能を取り付けた調味料入れヒナ用ケー

  • オカメたちの脂粉

    健康の証しとも言われますがオカメたちの脂粉は結構な量です。 透明アクリルの扉が2、3日で白く曇ってきます。 でも、かつてのビニールのカバーの時よりはるかに清掃しやすくなりました。 扉は「抜き差し蝶番」を使っているので取り外しや取り付けが簡単なんです。 扉だけ風呂場に持って行って温水シャワーでザアーと洗い流すこともできます。 放鳥しても何をして過ごせばいいのか今一つわからない感じもあったアキクサのP

  • アキクサも465型ケージへ

    昨夜ようやく縦網用の水入れが出来上がったので、今日からアキクサたちも「465インコ手乗り」のケージに移しました。 ひとまず、1階にアキクサ、2階にオカメ。(発情過多のときなどは上下入れ替えちゃいます。) ゆとりができて、いいよね? 新しく作った自動給水の水入れはステンレス製です。 上から水を3時間ごとに自動で注ぎます。 悩んだのは「簡単に取り外せる事」というところ。簡単に外してケージを持ち出して日

  • 水入れに悩む

    新しいケージ棚に変えたせいでやはり違和感があったのでしょうか? 昨日は丸一日、インコたちはとてもおとなしくて静かでした。 でも、今日はもう元どおりの鳴き声が聞こえてました。慣れてきたかな。 とりあえず、みんな元気! 飼い主は水入れの設計に悩んでいました。 材料とにらめっこして、ああでもないこうでもない。 部品の加工は始められましたが、やっぱり連休中には完成せず。。。

  • 移転決行

    新ケージ棚に移転しました。(築地市場ではありません。) なんだかとてもスッキリ! オカメたちは「HOEI465オカメ」に移しましたが、アキクサたちのケージはまだ元の「35ホライズン」のままです。アキクサ達のケージも「465インコ手乗り」に変えるつもりですが、縦網なので今使っている自動給水の水入れが使えないのです。 縦網用の水入れを作り終えるまでは「35ホライズン」で過ごしてもらいます。この連休中に

  • オカメ達と現代アートを観賞する!?

    今朝の放鳥でのPooちゃん。 体は小さいけれど、大人のアキクサに成長しました。 元気いっぱいに私の足に飛んできて、生温かいものをポトリ。。。 天気が良いし、茨城県北芸術祭(KENPOKU 2016)に行ってみようと思い立ち。。。日光浴がてらに「インコ同伴可」な作品展示と思われるものを選んで、オカメたちを連れて海辺へドライブです。 「Peaちゃん、この作品はどう思う?」 「ピい!(イイんじゃない)」

  • DIY: 保温電球

    今日は新ケージ棚用の保温電球の取り付け準備をしてました。 切った木材を確認したり、、 ミルクペイントを塗ったり、、、 およそ出来上がってきました。こんな斜め屋根付きに。 サーモスタットは扉の中に収めることにしました。フルスペクトルライトのためのプログラムタイマーも一緒に。

  • DIY: 扉の取付が終わり

    相変わらず仲の良いPupuパパとPipiママ。 先週、Pipiママが少々発情鳴きをしていましたがPupuパパは気乗りせず交尾には至らず。 春まで待とうよ! 新しい環境整備はもう少し時間がかかりそうだし。 その新しい環境整備のケージ棚の件。 扉の蝶番や取っ手を取り付け終えました。

1 2 3 4