• Piuちゃん飛び始めて

    新入りのアキクサPiuちゃんは飛び方の練習を始めています。まだ、尾羽が伸びきっていないし不安定です。 それでも、あっちへ飛んで行ったり、 こっちへも。。 今日から連休に入り、午前中にケースに入れて病院に行って糞便検査と健康診断をしてきました。結果は問題なし。 そして、今夜は同時放鳥デビュー!! Ponちゃんが早速近づいて。。。 仲良くしてくれるのかと期待したけど、挨拶代わりに突っつき攻撃!! Po

  • Piuちゃん、健やかな成長を

    昨日迎えたアキクサPiuちゃん、もともとウチの仔だったかのように緊張感がなく。 手の上でくつろいだり。 さし餌も気持ち良いほど、たくさん食べてくれます。 先住のアキクサたちも大歓迎? Ponちゃんは特に気になっているようでした。子供として?オスとして? ともあれ、健やかな成長を願います♪

  • アキクサPiuちゃんを迎えた日

    今日は新たなアキクサ雛ちゃんを迎えに東京へ。 雛ちゃんに会う以前に名前はPiu(ピュー)ちゃんと決めていました。音楽に馴染みのある人なら知っているでしょう。Piuはイタリア語で「さらに」とか「もっと」という意味です。  〜 "piu mosso":さらに速く。 "piu f":より強く。 せっかくなので待ち合わせ駅の手前で途中下車して、ちょっと寄り道を。 某アイドルグループではありません。乃木坂駅

  • Pako性別鑑定結果

    アキクサPakoちゃん、性別のDNA鑑定を依頼していましたが、速報メールが届きました。 やはり、結果はメスでした。(オスだったときも、「やはり」と書いたかも?笑) オスかもしれないと思ったけど、普通にメスのルビノーなんだね! PInoちゃんが媚びてきても、なるほど相手にしないわけだ。 。。。。おや? 羽が変です。 右翼の風切り羽根が無くなってる?! 留守中にパニック起こすことでもあったのかな。ケー

  • ちょっと暑い日の日光浴

    今日はちょっと暑い良い天気になりました。 アキクサ達に日光浴させました。 Ponちゃんが何度か大きな鳴き声をあげてました。普段はほとんど鳴かない仔なのに。 さえずりが聞こえていた野鳥達に声をかけていたのか? 早くお部屋に戻して〜!、と私を呼んでいたのか? 30分ほどで終了。

  • Pako性別鑑定へ

    アキクサPakoちゃんの性別がわかりにくいのでDNA鑑定してもらうことにしました。 ルビノーは殆どがメスであり、オスの場合は頰までピンクになるというのが一般的傾向というので、うちのPakoちゃんはメスだろうと思っていました。 けれども、未だ発情鳴きしたことがなく頰も微妙にピンクが出ています。オスだった故Pepeちゃんに性格や行動が似ているなあ、と感じることも多いし。 2枚で良いそうですが、先が折れ

  • 海外のトリ雑誌(2)

    Parrots Magazineというオウムやインコの専門雑誌(電子書籍版あり)も見つけました。 発行元は英国のようですが、英、米、豪など各国の人が記事を書いています。 (1)Parrots Magazine, Issue 231, Apr. 2017 (今月最新号)  アキクサインコの飼育方法の記事があり、表紙を飾っています。  2羽以上で飼うことを勧めるとか、繁殖期の栄養補給にココナッツオイル

  • 平穏な日々、孵卵器のこと

    オカメのPopoちゃんは6個目の卵を産んで以降、新たな卵は産んでいません。 無事に孵化することを祈りつつ見守るだけの平穏な日々です。 今夜の放鳥で出てきたオカメのPeaちゃん、夜はほとんどPopoちゃんに抱卵を任せていますが、夜でもいくらか抱卵をすることがあるようです。日中はPopoちゃんより長く抱卵するようになっている感じです。意外とイクメンです。 そんなPeaちゃんの長めの尻尾はアキクサたちの

  • 鳥の病院から。Popo5個でお終い?

    おととい、鳥の病院からハガキが届きました。 先週、病院から帰ったあと、Puhちゃんを入れていたケースに病院の温度計が入っていることに気づきました。ケースの底の温度を測ろうとしていたらしく。 私はその温度計を郵送して返したのです。届いたハガキはそのお返事でした。 イラストの鳥は病院の看板鳥だったヒムネオオハシがモデルでしょうか。その仔もお星になっているようで残念です。 オカメのPopoちゃんは6日の

  • 集合写真、Popo4個目

    今夜の放鳥での集合写真。 こういう写真はしばらく撮れてませんでした。アキクサPonちゃんがずっと攻撃的だったから。。。 Ponちゃんは繁殖モードになれば、他の仔らを寄せ付けず撃退! 抱卵を始めたら、巣箱に篭り通し! 巣箱の中では絶対ウンpせずに清潔にし、2、3日はガマンして巨大なタメ糞を外で放出。。。 Ponちゃんは一途で真面目な仔なのかもしれません。 オカメのPopoちゃんはPonちゃんに比べた

  • Puh火葬、Popo3個目、ケージ交換

    火曜日に逝ったアキクサ雛、Puhちゃんの火葬と海洋散骨をしました。。。 父親Pupuちゃん達と同じ浜辺へ。(なお、海水浴場ではありません。遊泳禁止です。) 遺羽はわずかなポヤ毛と3本の筆毛のみ。 ごめんね。1ヶ月たらずの鳥生で終わらせてしまって。 一方で、新たな命を育むかもしれないオカメのPopoちゃんは昨夜9時過ぎに3個目の産卵。なぜかその後、朝まで抱卵してませんでした!! そんなで大丈夫なのP

  • 本腰入れたかな?

    オカメのPopoちゃん、昨日早朝(というか深夜2時ごろ)に2個目を産卵しました。 1個目から36時間おいて? 昨日の日中はPopoちゃんとPeaちゃんは交代しながら抱卵していたようです。 オカメはアキクサと違って、抱卵は雌雄が交代でやることが多いといいます。(ただし夜間は雌が専任で雄は警備係) 個体差はあるというので、片時もPopoちゃんから離れないPeaちゃんは抱卵しないのじゃないかと予想してま

  • Popo1個目の産卵

    オカメのPopoちゃんが巣箱で1個目の卵を産みました。午後2時過ぎ頃だったようです。今回は初めて有精卵の可能性があります。 ところが、 最近ずっと無精卵を産んでは1個目から抱卵していたPopoちゃんですが、今日は抱卵する気がないみたいです。 飼い主の鼻をほじってる場合じゃないでしょ!! Ponちゃんが2月に産んだ卵の多くが中止卵になり残念だったので、孵卵器を買ってあります。これを試してみようか、ど

  • Puhちゃん逝く

    Puhちゃんが逝ってしまいました。 駆け込んだ病院で、皆さんに生花や粟穂を添えていただきました。 鳥の病院バードハウスの皆さん、診察中にもかかわらず本当にありがとうございました。 〜〜 昨夜のPuhちゃん、いつもの動物病院で脚のテーピングを外してもらいました。 さし餌をいっぱい食べて満足そうでした。 今日の午後は仕事を休んで、鳥の病院へ。 出発直前の体重は16g。また少し増えていました。羽も伸びて

  • オカメペアの巣箱を設置、etc.

    オカメのPopoちゃんとPeaちゃんのための巣箱をようやく設置しました。 Popoちゃん嘔吐事件から3週間が経ち、そろそろいいかな、と。 時間がかかったのは、この出入り口の部品作りが面倒だったのも一因です。 アキクサ用の巣箱と同様に、ケージとは別室に巣箱を置いています。 今日も交尾していた2羽が興味津々に。。。 「何だコレ?」「とりあえず、かじってみよう」 「穴は何?」「危ないわよ!」(?) アキ

  • オカメペアは盛んに。Puhの経過。

    オカメのPopoちゃんとPeaちゃんが盛んに交尾していました。 今日の日中だけで3回。 Peaちゃんは来月で満1歳ですしね。そろそろ巣箱を。。って、いつから言ってるのか。 Popoちゃんは元気そうだけど、本当に体調は大丈夫なのかな。 できればアキクサPuhちゃんの脚の件が落ち着いてからにしてほしいのだけど、そんなことはわかってもらえないし。 巣箱の中の様子をカメラで四六時中観察したりしてるから、か

  • ぺローシスなの?

    アキクサ雛のPuhちゃん、病院で診察を受けてきました。 二重のケースに保冷バッグ、使い捨てカイロで保温をしっかりとして。 診察の結果、事例が多い開脚ではありませんがベぺローシスだろうとのこと。 テーピングしてもらいましたが、治らない可能性が高いと言われてしまいました。 セカンドオピニオンを考えてみようか。。。 ベぺローシス治療が得意な病院は近くにないものか。 誤記訂正 「ベローシス」ではなく「ペロ

  • Puhちゃんの脚が?

    やっぱりPuhちゃんの脚がおかしい。昨日より悪くなっちゃった。左脚の向きが内股に。 ベローシスというのとは違うみたい。 神経系か脱臼か? 腫れや外傷は見当たらず。。 やはり病院行かねば。 うんpは正常、さし餌もよく食べてくれているので胃腸は問題無さそうです。

  • 日光浴、さし餌再開

    今日は日光浴日和でした。 室内でもフルスペクトルライトを使ったり、ビタミンD3を含むペレットを与えてはいますが、できるだけ日光浴はさせたいものです。 昨年秋生まれのPakoちゃんとPInoちゃんは生まれて初めての日光浴だったかな? アキクサ雛のPuhちゃんのさし餌はおととい一旦中止しました。ところが昨日はなんだか動きが少なくなってしまいました。Ponママの吐き戻しゴハンだけでは栄養不足なのかなあ。

  • 徘徊するPuhちゃん!

    今朝のPuhちゃん、目はまだよく見えていないだろうに立ち上がってヨチヨチ歩き。 さし餌がとても難しい。嫌がるし、小さすぎてうまくできません。さし餌はもう少し大きくなってから再開することにしました。 一応、Ponママがちゃんとゴハンあげてるので大きな問題ではありません。 先日、「Ponママは自分がゴハンを食べるついでにPuhちゃんに吐き戻しゴハンあげてる。」と書きましたが、実際にはPuhちゃんにゴハ

1 2 3 4 5 ... 12