• かたさ

    書いた。 書いた。 書いた。 書いた。 書いた。

  • お母さん

    私の母はガンだった。 でも強く気持ちをもち戦っていた。 母の髪が抜け落ちたとき、かつらを買いに行った。 その時初めてみた母の頭はパヤパヤとしたけが残っているだけだった。 笑ってぺちんと頭を叩き、おかしいでしょ?笑っちゃうよねって言った。 その顔を思い出したら泣きそうになるし、胸が締め付けられる。 それでもるんるんでかつらを選ぶ母は無邪気で可愛い人だった。 私の母は本当に素晴らしいなと思った。 かっ