• 高熱を出してしまいました

     今日は私自身の事です。  きなちゃんとダンくんを楽しみにして下さっている方々には申し訳ありません。  ここのところ記事更新が滞りがちなのは、仕事疲れがたまっていたせいか体調が思わしくなく、なかなかカメラを手にする事すら出来ずにいました。  そして・・・今日、熱が出てしまいました。  今日の熱と症状からすると、なんだか・・・インフルエンザっぽいのですが・・・明日熱が下がっていればそのまま仕事に行け

  • きなちゃんとダンくんへの誓い

     きなちゃんとダンくんの様子を楽しみにこのブログを訪れてくれる皆様には申し訳ないのですが、今日は(きなちゃんとダンくんの記事をアップしましたが)、私の事を少し書こうと思います。  きなちゃんとダンくんを撮る事キッカケに、一眼レフを手にするようになった私。  また、きなちゃんとダンくんをキッカケに、店で売れ残ってしまった猫ちゃん達や保護猫(動物)の末路、現実を知るようになりました。  ペットショップ

  • 自己紹介

    50代前半パート主婦の「みそら」です。 そろそろ老後を考えなくてはならないお年頃となりました。 教育費が終わり、住宅ローンも数年前に終了したので借金はありませんが、 無理なく無駄なく老後資金を貯めるため、生活を見直したいと思ってます。 夫と私・・・50代 上の子・・社会人(実家暮らし) 下の子・・社会人(一人暮らし) 今は、夫婦と上の子の3人暮らしです。 お金の事、日々の事など日記代わりに綴りたい

  • 烈しい手術の後遺症

    退院後 少しずつ元に戻ると思っていたのですが 突然天井がグルグル周り、烈しいめまいが起きました。 朝2時間で掃除、かたずけ、洗濯、夕飯の支度をすると 烈しいめまいが起きるのです。 急に吐く、下痢、普通の人と違うので脱水症状になります。 しょっちゅう点滴をしました。 心臓がドキドキするパニック状態が寝ても覚めても続く。 手術で一命を取り留めたものの、身体はすっかり弱くなってました。 色々な病院へ行き

  • 手遅れの手術

    私が手術室にいる間、主人に医師が もっと早く連れてこいと真剣に怒ったそうです 私は、手遅れで五分五分でもう少しで助からなかったそうです。 左の卵巣と右の卵巣4分の3を摘出しました。卵巣は少しあれば生理も出産も出来るから 主人と医師が相談したそうです。左の卵巣は灰色に壊死していて、これは数年以上経っているとの事で主人に医師がトレーに壊死した卵巣を見せて説明したそうです 無菌室は廊下に面した場所にあり

  • 救急車で緊急手術

    病院に行くとお腹にガスが溜まりエコーでも分からない。 外科医の先生は今日は居ないので明日の手術になります。 という事で 盲腸じゃないか?と言われました。 そこへ私服の医師が突然来て私のお腹を触り、 これは大変だ、1時間後で緊急手術をすると言われました。 それから注射を10本打ち 下半身麻酔で手術室。 血圧が 上70 下30という声が聞こえて、やばいなと思いました。 医師がこれから手術を始めると言っ

  • 私の病歴 開腹手術

    元々の私は外に出かけるのが大好きで、 友達と会うのが楽しみで、活発でした。 1人でお店でランチとかも好きなタイプで 電車に乗ってふらーっと展覧会とか待ち時間も平気。  それが私の気分転換だったからです(*^^*) ところが 23年前に内蔵を取る緊急手術をしました。 ここから先はえぐい話しなので気分が悪くなりそうな 方々はスキップしてくださいね。 私は生理痛がとても酷く痛み止めの薬をいつも飲んでまし

  • セルフカット

    節約の為2年程、髪の毛を自分でカットしています。私は髪が長いので後ろの髪を前に持って来て少しずつ髪の毛を取り、指でねじり扇形にしてハサミで一本ずつカットします。長さは1㎝位ずつハネ等ないか様子を見て慎重に、何日か続けます。ここにあるVカットというのは右の髪の毛を左に引っ張りカット、左の神の毛も同じように右に引っ張りカットしています。頭頂部にボリューム感が出ます。顔周りが難しいので本当に1本ずつ丁寧