• エッセイ 雑感<気候というもの> 

    日本は自然の厳しい国である。夏は東南アジア諸国並みに暑く、冬は北欧並みに寒い。わたしと同年代の人は、日本を亜熱帯型(もしくは温帯型)モンスーン気候の国だと習ったはずだが、今は、どの教科書を見ても、そうは載っていない。 世界地図から見て、これほど小さな国であって、また、これほど地域によってバラエティに富んだ気候の国は、世界のどこにもないようである。 小さな国でありながら、急峻な山々が多く、しかも南北

  • エッセイ きれぎれ草 9

    ユング<イメージの心理学> ユングの自伝を読んでいると、ユングが人生を決定するような強烈なイメージに襲われるときは、それは、襲われるという言い方に相応しいものだが。 それを自分のうちに引き受けるのに逡巡する何日間やときには何週間かがあって、そのときには、ユングは鬱に近い状態に陥るのだが、そのイメージは自然にユングの心の中にやって来たというのではなくて、ユングがその重荷をはっきりと自分に引き受けると

  • 2050年までにアメリカは崩壊する?

     YMOの1stアルバムに「ファイヤー・クラッカー」というエキゾチックで中国風なメロディーにダンサブルなカバー曲がある。 YMO Fire cracker Music Clip  原曲はマーチン・デニーだが西洋人からすれば東洋の音楽はだいたいペンタトニックで構成されているように聴こえるらしい。半分は合っていると思う。  だが、あのベースラインは完全にファンキーなディスコ調である。あれは細野晴臣の面

  • 海への畏れ 山への畏れ 

    まだ試作品なのですが…… こちらは、行き先がもう決まってますので アトリエおん🌱の作品紹介。 海や山への畏れ 事故のないように 皆さま夏休みをお過ごしくださいますよう祈っております。 1音で表現してみた。耳を澄ませてみてください。 ほんとに、試作品で この段階で欲しいといってくださる方に 感謝です。 赤富士。 未完成過ぎるのですけれど… 楽しい夏休みを(^-^)/ Herb 🌱 おん アトリエ

  • 覚えろ・従えの学校教育が日本、日本人をダメにしている「軍隊のサブシステムとしての学校」愚民化プログラム! 自分の考えは持たず、服従と無思考を絶対とする!放射能給食、改憲にも抵抗せず!

    覚えろ・従えの学校教育が 日本、日本人をダメにしている! 軍隊のサブシステムとしての 学校【愚民化プログラム】 自分の考えは持たず、 服従と無思考を絶対とする! 放射能給食、改憲にも抵抗せず! 上からの指示、命令に従う 軍国主義教育!植草一秀氏 フォローお願い致します→復活マッジクアワーTwitter 覚えろ・従えの学校教育が日本をダメにしている: 植草一秀の『知られざる真実』 覚えろ・従えの学校

  • エッセイ きれぎれ草 4

    2018年サッカーW杯  日本対ポーランド戦での、日本へのブーイング試合。 あれこそ、本来の、古風な意味合いでの「やまとだましい」「やまとごころ」を持った日本侍選手たちの試合なのである。  「武士道」とは、だから、定義するのが、まったく困難な、じつに含蓄に富んだ言葉なので、一種の精神主義とは、一線を画するものなのである。      〇 ある空想<短詩型文学>  心に響く俳句や短歌をよむとこんな空想

  • 趣味?塩集め

    海の近くに旅行に行くと その土地のお塩を買います。 珍しいもの、美味しいもの。 お塩は、無限にあるような。 手前は、ガーリック塩。 奥は、昆布やめかぶなどの海鮮が入ったお塩。 どちらも国産。 なんのお料理にも合いますぅ。 私がお塩好きなの知ってる友達からもらった フランス産。地中海。左側。 海はすごい。 ゴルフをする知人の濃い色のポロシャツに 塩がついてたのを見たことある。 汗と一緒に体からお塩。

  • 朝顔と姉妹

    今朝4時過ぎ!? ラインの音が!? たぶん姉からだ・・ サッカー応援してたんだ・・ ジャックは頭は起きてたけど・・ 体はまだ横になったままの状態でした、、 姉からのラインは・・ うさぎ(コニー)が手を覆って泣いてました・・ 日本残念 4時55分でした、、 姉からラインがしょっちゅう入ってきます! カープの試合中は特に・・ カープが勝つとうさぎとくまがタッチします^^v 負けると・・うさぎが手を覆っ

  • 書籍:「常識として知っておきたい 日本の三大宗教 神道・儒教・日本仏教 」

    この本も図書館で借りました。内容は、神道、日本仏教に加え、儒教を宗教として捉え、それらの歴史を述べるとともに、これら3つの宗教がどのように混じり合い、日本人に根付いているかを解説しています。カラー写真はないですが、イラスト、図が多く分かりやすい文章です。一般的なことが書かれており、ネット検索で調べることが出来る内容です。

  • 書籍:「日本のヤクザ100人 闇の支配者たちの実像」

    この本も図書館で借りました。内容は、国内のヤクザ100人のカタログです。このブログではアップしましせんでしたが、100人の詳細データが顔写真入りで載っています。個人情報保護法がある現在で、こんな詳細に載せることを当人たちに了承を得ているのだろうかと思うほど細かく書かれている内容もあります。全体的に書かれている文章としては当人たちを悪く書かず、持ち上げている書き方となっているように思えます。買おうと

  • 我が家の百合です。毎年球根ひとつだけ。

    カサブランカ。 皆さまよくご存知の百合の種類。 この花には、色々な物語があり。 そこは、省略(^-^)v 今年は4つ。 去年は9つ。 蕾が。 カサブランカという、古い古い映画を 英語のリスニングで少しかじった。 日本の古い言葉が美しいように、 英語の古い言葉も美しいな、と思った。 内容は…… 全然好みじゃなかったですけどね…… 映画による英語の勉強法。 一度目、字幕で見る。 二度目、画面を見ずに音

  • つまり……

    孤高の天才の考えること 凡人の私には、分からないってことです。 自分の体を痛め付けて、 自分の耳を切り落とします、なんてことも。 理解不能。 私は、仏教。 よくある日本人の、なんとなく仏教徒。 けど、お経は書けないし、読めない。 その意味は分かりません。 その響きはいいなぁと、思います。 ずっと、前に 猫科我が道をゆく という記事を書きました。 猫科のおん は、誰になんと思われる? なんと言われる

  • 一時帰国した。

    2週間程一時帰国をしていた。 私が年に一度 一時帰国する理由は両親に元気な顔を見せること。それとエネルギーの充電のためだ。 それ以外の何も無い。 以前は東京に寄って友達とあったりすることもあったけれど 日本を離れて30年にもなると昔の友達とも疎遠になる。 それにもまして田舎でゆっくりしたいのだ。 のどかな田舎道を父親と歩いたり 母親と近所のスーパーへ買い物に行ったりするのが心地がいい。 両親もいつ

  • 書籍:「日本スゴイ」のディストピア

    この本も図書館で借りました。内容は、戦時下における自画自賛の書籍を解説しています。「日本スゴイ」と自画自賛した「愛国本」が急増したのは、満洲事変(1931年)や国際連盟脱退(1933年)。日本が国際的に孤立し、しかも侵略戦争を遂行するという状況の中で、官民挙げての「愛国心鼓舞」がこの急増の背景にあります。 本書で載っている内容は、「日本主義」宣伝本(第1章)、「よい日本人」を訓導するための説教じみ

  • 書籍:「日本懐かしプラモデル大全」

    この本も図書館で借りました。内容は本の表紙にプラモデルのパッケージの写真が載っているように、ブラモデル自身の大全集ではなく、パッケージ全集です。従って、パッケージ内のキットや完成したプラモデルの写真は殆ど載っていません。当然ながら、本当の図鑑のような全集ではないので、全部のプラモデルが載っているわけではありませんが、もし、子どもの頃、自分が作ったことがあるプラモデルが載っていたら、ノスタルジックな

  • 書籍:「日本財政を斬る 国債マイナス金利に惑わされるな 」

    この本も図書館で借りました。内容は、国債のエキスパートである元官僚の著者が、戦後の日本国債誕生から成長までを解説します。この本の中で著者は借金漬けからの脱却へは、一刻も早い黒字化を図る方法以外にはないと強く主張します。グラフや数値図などを使っての説明はないので、読み物として淡々と読んでいく感じです。

  • 残酷なかぐや姫伝説

    光輝いていた 竹の中から 生まれた かぐや姫 優しいおじいさんとおばあさんに 大事に育てられ 美しい美しい女性に。 その美しさに 求婚が相次ぎます。 この中で、最も優れた贈り物をくれた方と結婚いたします。 飛車に乗って、おつきのものと 月へ帰ってしまう。 見上げる空と 残されたものたち。 とってもファンタジーで きれいな物語ですよね。 けどね、 様々な人々を惹き付け 無理難題の貢ぎ物をしてきた男性

  • 国は社会現象を追うことしかできない

    今回は少し頭を使って書きます。 私たちは、政府が国を動かし私たちの生活に影響を及ぼしていると考えています。 それは、ある意味ではそうかもしれません。 けれども、実際のところは、政府なんて私たちの生活に合わせて試行錯誤、よりよい政策を考えていくのがやっとです。 先に民間の方が動いて、それを追うように政策を練る。 かれこれ数十年さかのぼり考えます。私が十代の頃、音楽を聴くにはカセットテープが主流でした

  • 書籍:「日本に敗れ世界から排除される中国」

    この本も図書館で借りました。書かれている内容は、タイトルとは少し異なり、日本に敗れたからこの国がが衰退するということではなく中国が自らの原因で衰退していく原因を詳しく解説しています。 中国の経済成長率は確実に落ちています。発表された7-8%のGNPもごまかした数字であり、「電力消費量」「貨物輸送量」「銀行貸し出し額」の3つのを見れば、中国経済は明らかに伸びていないと著者は解説します。マスコミはとも

  • 書籍:「ジャニーズと日本」

    この本も図書館で借りました。ジャニーズについてわざわざ本にしているので、相当期待して借りて読んでみました。内容としては、SMAP事件のことも書かれていますが、スキャンダラスなことを書く世間の雑誌ではなく、あくまでも本としてジャニーズの歴史を教科書のように詳しく解説している本です。この本からネットや他のメディアでは知られてないような貴重な内容な書かれてないように思います。

1 2 3 4 5 ... 7