• 私達は、亨進様の「財産」である 11月20日の亨進様説教から

    11月20日の亨進様説教(全文)の最終部分から引用します。 誠実の美徳、競争の精神、自分の限界を超えさせてくれるもの 豊かさの基(もとい)である祝福と 誠実の美徳、 競争の価値、 またそれゆえに強き女性になることを忘れてはなりません。 競争の精神、 柔術を習う気概、 自分を強くし、 釣りや狩りをやろうという精神、 本物の人びと、本物の関係を求めていくことです。 自分の限界を超えさせてくれるもの、

  • 家庭連合の人達が私達に付いてくる?

    日本サンクチュアリ協会青年部ログから、亨進様の御言葉を引用します。 私たちが自給自足をするとクリスチャンたちが私たちに付いてきます。だんだんと惹きつけられてきます。 (中略) 私たちが自給自足をしようとすると、キリスト教徒と出会いが出てきます。 お互い自由に農業を出来るようにしています。 (中略) サタンのシステムは滅びるようになるから、脱出することにより自立していく。 大変になっても、元気を出し

  • 奴隷階級から逃れる方法 青年セミナーの御言葉から ロスチャイルドに関連して

    日本サンクチュアリ協会青年部ログから引用します。 「洗脳された奴隷達」 皆さんは洗脳された奴隷達です。王家の精神がないからです。どういう事かわかりましたか?こういう内容は初めて聞きましたね?学校では聞いたことがないですね?学校は奴隷達の訓練センターだからです。 「紙幣や通帳のお金は本当のお金ではありません」 王家の精神です。紙幣や通帳のお金は本当のお金ではありません。若い者達、王家の精神ですよ。愚

  • コミュニティー

    10月2日。 日曜日。 本日。 コミュニティーの日。 朝8時半。 公民館前集合。 各町内ごとに。 ゴールを目指して。 ゴミ拾いを始めます。 地域クリーン作戦です。 ただ。 ゴミなんてほとんど。 落ちてやしないんですけどね。 ゴールに近づけば近づくほど。 先に来た自治体が。 拾ってくれてますからね。 でもいいんです。 真の目的は。 地域の交流ですから。 家族ぐるみで顔がわかる。 これが大事なんです。

  • 王権と所有権 時代の変化 再整理

    コメント欄から引用させて頂きます。 suzuki999さん 堀さんが取り上げてくださるみ言葉により説教の感動がさらに深く伝わってきます。何度聞いても素晴らしいですね。なんかいつもポロポロ取りこぼしてしまっているようなので、助かります。こうやって書いておくと自分のためにもなるんでしょうね。 いつも激励を頂きまして、感謝申し上げます。 おっしゃる通り、自分のためにもなっています。 理解し、整理し、納得

  • 悪なる「関係」を築くエリート達と戦う 「王家の精神」を持つ市民達 8月31日の亨進様説教から

    1.「関係」が資産 自分たちで考えて「資産は勉強がよくできることだ。試験で良い点数をとって〜」やれやれ、なんということでしょう。どんな王家でもそのようなことを子供たちに教えません。 皆さんは成長した後、何と言いますか?皆言います。「関係だ。」と言います。(笑)皆そのように言います。ですから勉強を終えて40代、50代になれば、なんと言いますか?「全て関係だよな」そうではないですか?どこで勉強をしたの

  • サンクチュアリ共同体の「経済的正義」 世界経典・会議メモから

    1.公金 世界経典1378頁 公金を使うときは、先生が気をつけながら使っていた、それ以上の心で 一銭でも自分の生命以上、手足を切って使うような痛みを感じながら 使わなければなりません。 そうでなければ発展できません。 うまくいくように思いますが、うまくいきません。 (中略) 詐欺に遭ったり、どろぼうされたり、自分が死んだりするのです。 (御父様2001年) 天一国憲法にもあるように、まず気をつけな

  • 「天国」のコミュニティー 世界経典から

    8月12日の当ブログで引用した、御父様の平和メッセージを、もう少し長く引用します。  もし世界がこのような真の家庭で満ちるならば、そこには弁護士も、検事も、さらには判事も必要がなく、天道と天法が治める世の中になるでしょう。皆様も一度考えてみてください。誰が皆様の善し悪しを一番よく知っていますか。皆様の祖父母であり、皆様の父母であり、皆様の夫、皆様の妻、皆様の子女たちです。  家庭の中で解決できない

  • サンクチュアリ共同体について 7月31日の亨進様説教から

    1.家庭連合の文化 男性と女性の投票の特徴を見てみると、女性は必ず 大きな政府の傾向に投票する。例えば、福祉拡大や援助の必要な人へのサポートに賛成する。全ての女性を取り除かない限りは(そんな事が出来ますか?)、母性に依って、女性は社会主義の方向に投票します。女性は 共有したり、共同でします。統計的にも判ります。男性もその傾向は有りますが、低い数字です。 女性は、家庭連合の「社会主義」に同調しやすい

  • 亨進様の「ホームグループ活動」を振り返る

    6月14日の当ブログ「亨進様の『子女の日』訓練法を思い出す」から引用します。 世界会長時代に、「チャンプモニム・オンマンセ」、「瞑想」と並んで、指導して下さっていたのが「子女の日」です。 さらに、もう一つ追加すべきものが「ホームグループ活動」です。 昨年10月30日の当ブログ「新たな教会文化」から引用します。 「ホームグループ活動」は2014年に家庭連合で、「南米の証」として紹介されました。 それ

  • (続)「天国のことを学んだ学者」 澤田地平教会長(東京江戸川教会)

    3月17日の当ブログ「女性の価値の実感 そして『神の立場で愛する』」から引用します。 日本サンクチュアリ協会アーカイブスの澤田さん以外に、もう一人の澤田さんという功労者がいます。 見事な退会届を執筆した澤田地平さん(日本サンクチュアリ協会東京江戸川教会長)です。 私達は古い知り合いです。 家庭連合の対策ビデオが私を少し有名にしてくれたお陰で、再会するすることができました。 「古い知り合い」の出会い

  • 日本サンクチュアリ協会のアベル達

    6月26日の礼拝で、江利川総会長は、「自分の特別な才能」で貢献している人達を紹介しました。 1.サンクチュアリNEWSの管理人さん 翻訳によって、「世界の日本人の命綱」になられています。 そこに、新しい「助っ人」も加わって下さると聞きました。 大変ありがたいことです。 2.大分教会の阿南信義代表 ご自身のブログから、引用させて頂きます。 当方、5月中旬に江利川会長より亨進様のみことばの編さん、発注

  • 補足 「劉会長による原理本体論(当時)の問題点」について

    6月26日の当ブログの補足です。 もう一度、原理本体論766頁と755頁から引用します。 理想世界での共生は、経済共同体として分配が中心となります。 本然の経済的共同体は、生産が中心ではなく、分配が中心だというのです。 本然の理想社会の経済体制は、生産ばかりするのではなく、 生産したものを どのように国民に平等に分け与えるのかという、 分配正義が核心となるのです。 これと比較するため、原理講論53

  • カイン・アベルの手本 亨進様と榮進様の場合

    2012年に出版された亨進様説教集の第6巻14頁から引用します。 誰か、私たちに力を与え助けてくれる人がいれば、その人によって私たちの人生に奇跡が起こり得るのです。 私の人生において、榮進兄さんがまさしくそのような方でした。 私は子供の頃、学業の成績が良くありませんでした。 それで、周りから、「お前はばかだ。お前は、お父様の遺伝子の中で最も悪い遺伝子を受け継いだ」という言葉を何度も聞きました。 そ

  • 「サンクチュアリ共同体を拡大すること」

    6月19日(日)の「埼玉礼拝」は、さいたま市代表の新井さんが、上尾市の家庭教会と協力して、開催して下さいました。 同じ日、「千葉礼拝」が初めて行われ、私は、そちらに参加させて頂きました。 進行して下さったのは、日本サンクチュアリ協会の礼拝の素晴らしい聖歌指導者です。 そして、その方は、日本サンクチュアリ協会の総務・原田さんの霊の血統圏です。 6月16日の当ブログで掲げた、私の「人生目的」の一つが、

  • 「絶対性」「サンクチュアリ共同体」「プロテスタント教会」

    6月11日の当ブログ「亨進様の人生リスト 目的・喜び・長所」で紹介させて頂きました、亨進様の人生目的は次の通りです。 ・真の父母様に栄光を捧げること ・より強い教会を立てること ・幸福な家庭を築くこと ・自分の人生をより幸福にし、他の人々もより幸福な人生を送られるように助けること これは、そのまま私達の人生目的にもなり得るものです。 しかし、同ブログで、次のアドバイスも紹介させて頂きました。 皆さ

  • 6月5日の亨進様説教から 「おじいさんの知恵」

    いつものことですが、サンクチュアリNEWSのご苦労に感謝しながら、引用させて頂きます。 自由と責任の王国では子や孫が成長したあかつきにはおじいさんから知恵ある言葉を聞きたがるのです。ただ遠い過去に生きる人ではなく、知恵の宝庫だというのです。何かのビジネスをするときにでもかけがえのない教師になってくれるのです。 「どんなことをする時に、最も幸福で楽しいか」を考えた場合、ビジネスは、私の得意分野ではな

  • 気になるみ言葉 祈りが必要

    2016年5月29日の亨進様説教から引用して参ります。 ここに至って世界の権力層は自分たちの詐欺行為が白日の下にさらされることを避けようとして国内、国外での闘争、戦争を煽ります。人々に「それどころではない」と思わせ、追及の視線をかわそうとしているのです。世界の経済は崩壊しようとしています。 大切なことはたとえそれが辛くとも現実を直視することです。そして霊的準備、外的準備を適切な形で整えておくことが

  • プロテスタント教会との交流 牧師に「原理講論」を貸し出す

    下記の記事に「プロテスタント教会との交流」というタグを追加しました。 2月18日 埼玉サンクチュアリ教会 今後の活動方針 3月12日 プロテスタント教会との交流  3月14日 サンクチュアリ共同体づくり  3月16日 「上空のサタンを撃つ」 空中戦と地上戦 3月27日 「宗教と科学の統一」の意味 「信徒」を「国民」に変える  4月 2日 「福音派を神側に引っ張ってくる」ために  4月 7日 また「

  • その他 江利川総会長の説教を聞いて考えたこと

    5月22日、日本サンクチュアリ協会の公開礼拝で、江利川総会長の説教「天一国憲法、そして真のお父様とアメリカ」を聞いて考えたことです。 1.アメリカ独立の歴史 1620年、メイフラワー号の清教徒102人がアメリカ大陸に到着した。 最初の冬に、生存者は半分になった。 朝から晩まで、神のみ意を中心として生活した。 神が、唯一の慰め・希望・安全だった。 二番目の冬の後、教会を建て、教会への道をつくった。

1 2 3