• 危機管理は経営者の責任

    企業不祥事の発生時に、多くの経営者が初動で失敗します。 立ち上がりの記者会見で、自分は表に出ずに部下に任せきりにし、ようやく自分が会見に出る場合も謙虚な反省を口にしない、自分が被害者であるかのごとき発言をしたり、記者からの質問を一方的に打ち切ったりするなどです。 社会部の記者は正義感に燃えて会見に臨んでいます。その後ろには、世論が控えているのです。 ただでさえ不祥事で批判を浴びているときに、経営者

  • テレワークが拓く未来(「老兵は死なず」編)

    【登場人物】  ①これから産業   楽子さん   その上司:中山課長   楽子さんの後輩:鈴木君山本君   楽子さんの同僚:良子さん  ②退職した先輩(モエツキさん(燃え尽きさん)) 「これから産業」の社内の会話 楽子さんの上司中山課長:  楽子さん、2ヶ月前に定年退職した「モエツキさん」を覚えているかい? 楽子:  あ、あの営業の鏡と言われた方ですね。私がしばらく一緒にお仕事していた時は後輩に細

  • 東京都の採用支援事業(無料で充実した支援が行われる!)

     4月27日東京商工会議所・東京都共催の労働セミナー「働き方改革の推進~多様な人材の確保に向けて~」で、東京都のご担当の方からご説明をいただいたものです。 人材確保支援事業(中小企業採用力向上支援事業)   中小企業の人手不足は深刻化しており、人材確保が急務の課題となっています。 (公財)東京しごと財団は、中小企業の採用活動に関する様々なご相談に対応するため、「人材確保相談窓口」を開設されています

  • 「テレワークが拓く未来」紙芝居型動画公開!

     先にご案内の「テレワークが拓く未来」を紙芝居動画にして、公開いたしました。 ぜひ、一度ご覧ください。 【5月15日追記】 紙芝居型動画はこれで5本目になります。末尾のバックナンバーをご参照ください。 これからもどんどん公開していきます。ご意見ご希望などあればお寄せください。 銅鑼猫 テレワークが拓(ひら)く未来―きっかけ― 【5月15日追記】紙芝居型動画バックナンバー ①~③紙芝居で考える「働き

  • 「21世紀型ライフスタイル」とは何か?

    不思議な本に出会いました。 「21世紀型ライフスタイルマニュアル―自分らしく自由に生きる― 社畜から抜け出す心得とその思考法」 こんな言葉が飛び込んできました。 **************  人工知能や情報技術の発達により、近い将来、多くの日本人の仕事は、ロボットや外国人によって奪われてしまうという予測があります。  三大メガバンクの業務削減発表・・・今はまだ安定している様に見える会社でも、実は

  • テレワークが拓く未来(きっかけ)

    【2018年5月11日更新:テレワークセミナーの件などを追記しました。】 登場人物 いまどき産業 駒子さん  これから産業 楽子さん 駒子さんと楽子さんは同じ学校の同級生。それぞれ別の会社に進みました。 駒子さん:連休も終わっちゃったし、また満員電車に揺られて出社、気分が乗らないなあ。 電車アナウンス:設備故障の影響でダイヤが大幅に乱れています。このままでお待ちください。 乗客たち:またかよ、だい

  • 財務次官の女性記者へのセクハラ疑惑問題を考える視点

    この問題については、議論が錯綜しているようです。私なりに考えるためのヒントを思いつくまま纏めてみました。報道・取材・テレビ朝日の対応についてです。 【要点】 1.「無断録音」「週刊新潮への情報提供」には問題はない。正当な行為である。 2.テレビ朝日は、事件をもみ消そうとした。社員への安全配慮義務を怠った。 3.マスコミに自浄作用はない。野田大臣の調査に期待する。 4.総論:「他に方法はなかったのか

  • 財務省の「セクハラ調査」の異常さ

     財務省の福田淳一事務次官が女性記者にセクハラ発言を繰り返したと報じられた問題について、麻生大臣は、財務省の顧問弁護士に調査を委託し、被害女性が名乗り出て欲しい、名乗り出てくれないと調査ができない、と発言しています。 このような調査手法については、様々な批判があります。  財務省のセクハラ調査に批判相次ぐ 「恫喝に等しい」(朝日新聞デジタル4月17日)  私なりに整理してみました。  そもそも、セ

  • 働き方改革法案成立を目指して(高度プロフェッショナル制度の取り扱い私案)

    阿倍野美玖様 銅鑼猫です。 「働き方改革はなぜ必要なのか。」お手紙有難うございました。 先に申し上げた通り、この法案について私なりの意見を申し上げます。   国会がますます紛糾しています。安倍首相は働き方改革法案について、どのような着地点を探っておられるのでしょうか。 働き方改革法案は、ぜひこの国会で成立させるべきものです。 一番のポイントは「高度プロフェッショナル制度」の取り扱いでしょう。 私の

  • 「イラク日報」と「森友口裏合わせ」が見せた官僚の闇

    阿倍野美玖様 お手紙有難うございます。働き方改革に向ける皆様の熱い思い、確かに拝受いたしました。(ブログ「働き方改革はなぜ必要なのか。」)  それにしても、私(銅鑼猫)が「イラク日報はなぜ発見されなかったのか。」のブログを投稿して以来、防衛省そして財務省さらには首相秘書官の不始末や疑惑が報じられています。 阿倍野美玖様のような志の高い官僚こそが我国の誇りであったはずなのに、この混迷はどうしたことで

  • 働き方改革はなぜ必要なのか。

    【阿倍野美玖様から銅鑼猫にいただいたお手紙をご紹介します。 阿倍野美玖様は、中央官庁に勤務する女性キャリア官僚です。】 銅鑼猫様 阿倍野美玖でございます。御無沙汰しております。  イラク日報問題に関して私ども官僚への厳しいご指摘本当に有難うございます。 その中でも、プロフェッショナルとしての誇りを持って対応して欲しい、とのご指摘こそ心に沁みるものでした。肝に銘じて参ります。  *注:ブログ「イラク

  • イラク日報はなぜ発見されなかったのか。

     イラク派遣時の日報があるとわかりながら、1年間も大臣に報告されなかった。 「隠蔽疑惑」などと報道されていますが、意図的な隠蔽とは限りません。むしろ、担当者は、本当に報告の対象でないと思い込んでいたふしがあります。 報道の限りですが、担当者が次のように言っているようです。 「捜索の対象は文書であり、電子データは対象外と思った。」 「捜索の対象は南スーダン関係であり、イラク関係は対象外と思った。」

  • 健康企業育成セミナー「職場のメンタルヘルス」を受講して

    【注】3月28日記載を一部手直しいたしました。  「新型うつ病」の記載に適切でない点があると思われたので、手直しいたしました。  疾病の分類等については専門医でも意見が分かれており、断定的な記載は避けるべき とのご指摘をいただいたものです。   3月16日東京都社会保険労務士会健康企業育成セミナー「職場のメンタルヘルス~当事者の交差点に立つ社労士」を受講した感想を、講師の長部ひろみ先生*に差し上げ

  • 新幹線脱線事故の悪夢―紙芝居動画公開!

    先日掲載した「新幹線脱線事故の悪夢」の紙芝居動画をYouTube で公開いたしました。   危うく脱線事故を免れたのは不幸中の幸いです。   なぜこんなことが起こったのか、先日のブログではシナリオ形式で現場で起こっていたようなことをお示しました。神戸製鋼所、川崎重工業に関する調査報告や各種報道を元に作成したものです。このようなシナリオのほうが、リアルの状況をわかりやすく伝えられると思ったからです。

  • 人生100年時代を痛みなく生きる(腰痛・肩こり・メンタルヘルス対策)

     東京都社会保険労務士会では、健康企業育成セミナーを会員向けに開催しています。 社会保険労務士が「健康経営*」に関する広範な専門家と連携して、企業側から健康に関する課題を引き出して対策についてアドバイスするための講座です。 *「健康経営」とは、従業員等の健康管理を経営的な視点で考え、戦略的に実践することです。企業理念に基づき、従業員等への健康投資を行うことは、従業員の活力向上や生産性の向上等の組織

  • 新幹線脱線事故の悪夢(BEFORE製鋼、BEFORE工業)

    「新幹線で脱線事故」 「幸い死者なし。一歩間違えば大惨事。 駅に近く、減速していたため一部車両の脱線で済んだ。 それでも、乗客が数名重軽傷を負った。 走行途中でスピードが速かった場合には、車両全体の脱線、後続車両や対向車両も巻き込む重大事故になりかねなかった。 死者が出なかったのは不幸中の幸いというしかない。」 (ひょっとしてあの台車・・) 「あの新幹線の部品ってお父さんの会社で作ってるんじゃない

  • なぜ伊藤忠商事だけが朝方勤務に成功したのか。

    2月7日に産業雇用安定センター、日経ビジネス企画編集センター主催の「働き方改革2018シンポジウム」に出席しました。 その中の基調講演である伊藤忠商事代表取締役専務執行役員CAO小林文彦様のお話をかいつまんで紹介します。 1.第一の改革の挫折 伊藤忠商事でも2003年から「人生多様化推進計画」として、様々な目標を掲げて改革に取り組んだが挫折。 ①数値目標 「新卒総合職女性比率30%」「海外ナショナ

  • 裁量労働制の拡大、高度プロフェッショナル制度の大きな過ち

    「働き方改革法案」について、厚生労働省の粗雑な調査とこれに基づく安倍首相のお粗末な答弁から、遂に裁量労働制拡大は今国会提出断念に至りました。 昨日は、これに関連する紙芝居動画をご紹介しました。  紙芝居で考える「働き方改革」(過労死は会社を潰す。仕事と介護の両立) それ以外にも何本かブログを投稿しています。こちらもご覧ください。  「脱時間給制度」はなぜ誤りなのか  「脱時間給」(高度プロフェッシ

  • 紙芝居で考える「働き方改革」(過労死は会社を潰す。仕事と介護の両立)

      以前にご紹介した3本のブログを紙芝居仕立ての動画にいたしました。 過労死の問題、仕事と介護の両立の問題が紙芝居で生き生きとおわかりいただけるのではないかと思います。 とりあえずYouTubeで限定公開としています(URLを知っている方だけ視聴できる)。 (3月5日「限定公開」から「公開」に変更いたしました。できるだけ多くの方に視聴していただきたく存じます。) ご興味あれば適宜にお知り合いの方な

  • 東京都社会保険労務士会「第35回自主研究発表大会」開催のご案内

     3月17日(土)9時半から16時半まで、御茶ノ水ソラシティにて東京都社会保険労務士会の自主研究会発表大会が開催されます。  東京会所属社会保険労務士のみならず他県会の方、また経営者、人事・総務ご担当者をはじめ、興味・関心のある方ならどなたでもご参加いただけます。 四つの発表が行われるほか、東京会自主研究各グループの案内が載った冊子も配布されます(50グループを超えます!)。発表会の後で懇親会も開

1 2 3