• 麻生太郎、危機管理の失敗

     なぜもっと早く辞任させなかったのか。セクハラ疑惑の事務次官を守って、何の得があるのか。  麻生大臣はこんな初歩的な判断もできなかったのでしょうか。調査も処分もしないといい、次には、意味不明な調査を提案して世の総スカンを食う。どうにもならなくなって事務次官の更迭に至る。傷をどんどん深くしていったのです。 危機管理のフェーズでは、何を守るか、何を捨てるか冷徹に判断する必要があります。 それは、政治家

  • 財務省の「セクハラ調査」の異常さ

     財務省の福田淳一事務次官が女性記者にセクハラ発言を繰り返したと報じられた問題について、麻生大臣は、財務省の顧問弁護士に調査を委託し、被害女性が名乗り出て欲しい、名乗り出てくれないと調査ができない、と発言しています。 このような調査手法については、様々な批判があります。  財務省のセクハラ調査に批判相次ぐ 「恫喝に等しい」(朝日新聞デジタル4月17日)  私なりに整理してみました。  そもそも、セ

  • 「イラク日報」と「森友口裏合わせ」が見せた官僚の闇

    阿倍野美玖様 お手紙有難うございます。働き方改革に向ける皆様の熱い思い、確かに拝受いたしました。(ブログ「働き方改革はなぜ必要なのか。」)  それにしても、私(銅鑼猫)が「イラク日報はなぜ発見されなかったのか。」のブログを投稿して以来、防衛省そして財務省さらには首相秘書官の不始末や疑惑が報じられています。 阿倍野美玖様のような志の高い官僚こそが我国の誇りであったはずなのに、この混迷はどうしたことで

  • イラク日報はなぜ発見されなかったのか。

     イラク派遣時の日報があるとわかりながら、1年間も大臣に報告されなかった。 「隠蔽疑惑」などと報道されていますが、意図的な隠蔽とは限りません。むしろ、担当者は、本当に報告の対象でないと思い込んでいたふしがあります。 報道の限りですが、担当者が次のように言っているようです。 「捜索の対象は文書であり、電子データは対象外と思った。」 「捜索の対象は南スーダン関係であり、イラク関係は対象外と思った。」

  • 健康企業育成セミナー「職場のメンタルヘルス」を受講して

    【注】3月28日記載を一部手直しいたしました。  「新型うつ病」の記載に適切でない点があると思われたので、手直しいたしました。  疾病の分類等については専門医でも意見が分かれており、断定的な記載は避けるべき とのご指摘をいただいたものです。   3月16日東京都社会保険労務士会健康企業育成セミナー「職場のメンタルヘルス~当事者の交差点に立つ社労士」を受講した感想を、講師の長部ひろみ先生*に差し上げ

  • 新幹線脱線事故の悪夢―紙芝居動画公開!

    先日掲載した「新幹線脱線事故の悪夢」の紙芝居動画をYouTube で公開いたしました。   危うく脱線事故を免れたのは不幸中の幸いです。   なぜこんなことが起こったのか、先日のブログではシナリオ形式で現場で起こっていたようなことをお示しました。神戸製鋼所、川崎重工業に関する調査報告や各種報道を元に作成したものです。このようなシナリオのほうが、リアルの状況をわかりやすく伝えられると思ったからです。

  • 新幹線脱線事故の悪夢(BEFORE製鋼、BEFORE工業)

    「新幹線で脱線事故」 「幸い死者なし。一歩間違えば大惨事。 駅に近く、減速していたため一部車両の脱線で済んだ。 それでも、乗客が数名重軽傷を負った。 走行途中でスピードが速かった場合には、車両全体の脱線、後続車両や対向車両も巻き込む重大事故になりかねなかった。 死者が出なかったのは不幸中の幸いというしかない。」 (ひょっとしてあの台車・・) 「あの新幹線の部品ってお父さんの会社で作ってるんじゃない

  • 森友学園はなぜ問題なのか(危機管理の失敗)

     「森友学園」はなぜ問題なのか。   安倍首相の危機管理能力の欠如が現れたからです。 国有地売却にかかる不明朗な取引は、おそらく首相の直接の指示によるものではなく、ゴマすり官僚の「忖度」によるのでしょう。 問題が明らかになった時点でゴマすり官僚の首を切って、いわばトカゲの尻尾切りをしておけば済んだのです。 「調査して不適切な取引の疑いが判明した。さらに調査のうえ、必要な対応をとる。」 1年前にこれ

  • 東日本大震災と自衛隊

    杉山隆男著「兵士は起つ―自衛隊史上最大の作戦」  東日本大震災に直面した自衛隊員の行動を追ったノンフィクションです。 読み進むのがとてもつらい箇所もあります。それでも広く読まれるべき本です。 ここでは、心に残ったいくつかの場面を要約しながらご紹介します(本書では実名の箇所と匿名の箇所があります。ここでは匿名で統一しています)  K三曹は過酷な目にあった住民からやり場のない怒りが自分たちに向けられる

  • 希望の道しるべ(3月11日に寄せて)

    地震、津波、原発。 思いもかけない災害 2011年5月に私は心に留まったいくつかの言葉を書き留めました。 あの時から7年経った今、改めてご紹介します。  「多くの働く真摯な人間を日本は失ったが、そこに無数の人間の尊厳を見ることができた。他方で、本物を見分ける目は、同時に虚飾に満ちた堕落を見つめる目ともなり、人間のあるべき姿や本物の生き方を見直す機会をも提供する。」(コラム「大機小機」(盤側);20

  • 裁量労働制の拡大、高度プロフェッショナル制度の大きな過ち

    「働き方改革法案」について、厚生労働省の粗雑な調査とこれに基づく安倍首相のお粗末な答弁から、遂に裁量労働制拡大は今国会提出断念に至りました。 昨日は、これに関連する紙芝居動画をご紹介しました。  紙芝居で考える「働き方改革」(過労死は会社を潰す。仕事と介護の両立) それ以外にも何本かブログを投稿しています。こちらもご覧ください。  「脱時間給制度」はなぜ誤りなのか  「脱時間給」(高度プロフェッシ

  • 紙芝居で考える「働き方改革」(過労死は会社を潰す。仕事と介護の両立)

      以前にご紹介した3本のブログを紙芝居仕立ての動画にいたしました。 過労死の問題、仕事と介護の両立の問題が紙芝居で生き生きとおわかりいただけるのではないかと思います。 とりあえずYouTubeで限定公開としています(URLを知っている方だけ視聴できる)。 (3月5日「限定公開」から「公開」に変更いたしました。できるだけ多くの方に視聴していただきたく存じます。) ご興味あれば適宜にお知り合いの方な

  • 「不正・不祥事は他人事ではない。」Webラーニング(オンラインセミナー)開講!

      今般、日本公認不正検査士協会にて、不正・不祥事対策についてのWeb ラーニング(オンラインセミナー)を開講いただきました。以下の通りご案内申し上げます。 近時、一流企業でも不正・不祥事が続発しています。決して他人事ではありません。 ご一読いただき、ぜひ受講をご検討ください。 ◆ 不正・不祥事は他人ごとではない   ~現場管理者・本部担当者のための実践ガイド~ 是非これだけは知っておこう! 【コ

  • 社長のための残業時間規制対策 (日経ムック) 労働関係弁護士のあり方使い方について

    「社長のための残業時間規制対策 (日経ムック) 」  鳥飼総合法律事務所 鳥飼重和 小島健一 (監修)  ぜひ皆様も、お手にとってご覧ください。この内容で1,296円とは大変お買い得です。 著者の小島健一先生に銅鑼猫から申し上げた感想は以下の通りです。 「とてもわかりやすく、深い問題点まで掘り下げていただいて、大変参考になります。 問題なのは、社長さんが直接お読みになる事はなかなか難しい、と思われ

  • 全国社会保険労務士会連合会機関誌「月刊社労士」(2018年1月号)への投稿

    全国社会保険労務士会連合会機関誌「月刊社労士」(2018年1月号)に玉上の記事が掲載されました。全国4万人の会員に読まれる雑誌です。 立教大学の芳賀先生のご講演内容を紹介したものですが、直接には労災防止対策に役立つとともに、人事労務管理全般、業務の進め方、リスクマネジメント全体にも貴重な示唆となるのではないか、と思います。 差し支えなければ、知己の方々へも適宜御紹介などいただければ幸いです。 (こ

  • 製品データ偽装はなぜ起きたのか。

     神戸製鋼、三菱マテリアル、東レなどの製品データ偽装の問題とは何か。 ごく単純化していえば、「納期を守る」という目標のために、現場で規格外の品と知りつつ、規格に合っているとごまかして、そのまま出荷した、ということです。 現場でこんな判断をしてはなりません。そのためには社内で周知すべきことがあります。 経営者が率先して繰り返し周知し、自ら行動しなければなりません。 1.安全はすべてに優先する。  現

  • JR西日本の常軌を逸した連絡体制

     JR西日本新幹線台車亀裂事故については、すこしずつ状況が分かってきました。 電車に乗り込んだ保守担当者と指令所担当者のやりとりは、常軌を逸したお粗末さです。 いくつかコメントします。 ①電話でのやりとりだけでよかったのか。  電話では言い間違い聞き間違いが必ず起こります。電話しか通信手段がないなら、それだけでもお粗末です。 また電話だけでやりとりをするならば、互いに復唱しあって内容を確認しあうの

  • 安全はすべてに優先する。新幹線台車の亀裂事故は大惨事になりえた。

      新幹線は高速輸送鉄道です。 事故が起きたときの影響は計り知れません。   今回のJR西日本の台車亀裂では脱線事故が生ずる可能性があったとされますが、問題はそれだけにとどまりません。   新幹線は高速かつ過密な運転をしています。 後続列車の追突、対向車との衝突など幾編成もの列車を巻き込む重大インシデントになりかねなかったのです。 仮に衝突・追突を免れたとしても、高速列車で急ブレーキをかけるだけで

  • 過労死・過労自殺は会社を潰し、経営者の身の破滅となる。

       過労死・過労自殺は、会社を潰します。経営者にとっては身の破滅、関係した管理監督者なども莫大な損害賠償責任を負うことにもなりかねません。  極端なシナリオかもしれませんが、次のようなことすら考えられると思います。 ぜひご意見をお願いします。(12月19日16時に社長さんの画像を追加しました。)  A社で社員の過労死・過労自殺が生じました。送検されて罰金も払い、公共事業の入札停止も2か月ほどで済

  • 卑怯者の解散、無法者の解散、危険をもたらす解散

      遂に衆議院解散総選挙に突入しました。 これは、卑怯者の解散であり、無法者の解散です。我国に危険をもたらす解散でもあります。 1.卑怯者の解散  安倍首相が解散を急いだのは、森友問題、加計問題等について、国会での厳しい追及必至と知りつつ、国会での議論の場を封じるためでしょう。都議選の大敗を受けて支持率が低下した中、野党のスキャンダル等に応じて、今が解散の好機と考えたのでしょう。 さらに、自民党公

1 2