• 劇場版 シドニアの騎士を見てきました。

    劇場版 シドニアの騎士を見てきました。劇場で入場者特典のイラストカードを配っており、それ自体は珍しくもないのですが、額縁が付いていたり、劇場で購入したBlu-ray版に印刷には見えない直筆っぽいサインがされたポストカードが付いていたりとすごく豪華でした。本当に直筆だとすると腱鞘炎になっていそうで心配です。作品の内容は新規カットが有ったかどうかはわかりませんでしたが、過去の話を省き星白との関係や戦闘

  • シドニアの騎士 13巻 ドラマCD付

    シドニアの騎士 13巻を電子書籍化。ドラマCD付を購入したので、取りあえずスマフォに取り込んだんですがまだ聞いてません。今巻では水城で恒星に転換機構を設置しに行ったが設置に失敗し、二零式衛人を失ってしまったので新しく用意された機体の継衛改二。全体的なフォルムは継衛とほぼ同じですが、今までの衛人の中では一番好みです。毎度のことですが継衛改二もテストなしのぶつけ本番で投入。既存兵器を工夫した連射砲や全

  • シドニアの騎士 十七式 衛人 継衛 フィギュア レビュー

    TV版 シドニアの騎士を撮り貯めていたのを見てみたら衛人が想像以上に格好よく動いていたので千値練製の完成品フィギュアをもう一度引っ張り出して見ました。パッケージの裏は作者の二瓶勉作品によく出てくる架空の企業で継衛を製造している東亜重工のロゴ入り。まずは全体像の前後。足がとても細いのですが、キチンと自立します。そして、付属品の装備や差し替えパーツなど。まずは、唯一ガウナに対抗できる武器でキーアイテム

  • シドニアの騎士 12巻

    シドニアの騎士 12巻を電子書籍化。太陽系が異生命体ガウナに破壊された未来の話。わずかに生き残った人は人類を存続させるための播種船を何隻も宇宙に送り出したけれど現在では主人公たちが生活するシドニア以外の船は確認できないというストーリー。この作品はガウナと戦うためのロボット 衛人がメインでよく出てきますが、宇宙空間や大気圏内の戦闘などの描写や、人類存続の為の光合成ができる遺伝子改良人間が出てくるなど

  • シドニア

    作者買いしている弐瓶勉のシドニアの騎士を電子書籍化この作者が以前書いていたブラムやバイオメガ等、本格的なSF作品が多くシドニアの騎士もロボットものではあるのですが、母船から離されると帰還が困難になるや、船の回頭がすごい大変など、ロボットものでは無視されがちな状況がきちんと書かれています。最新刊が出たので以前買ったまま未開封だったこの作品に登場する千値練制のフィギュア「継衛」を開封超高速弾道加速装置