• 福田のレフト構想外から考える野手の来季構想

    今日の契約更改は二人だけという事で、球団首脳陣も明日からのFA解禁に向けてミーティングが行われたんじゃないかと密かに期待している管理人です。 今日の中スポでは非常に興味深い内容が記載されてました。それは森監督自ら福田に対して来季レフトでの構想はないと本人に直接進言していたということです。 昨日の記事で私はレフトは福田、遠藤、近藤で争ってほしいという意見を述べました。確かに今期の福田のレフト守備に関

  • 未来へ向けて

    カープが優勝し、CSの望みも限りなく0になった今、ドラゴンズは来季に向けて動き出さないといけない。ベンチとしては特に来季に向けての準備を余儀なくされる。 今日の試合のスタメンにも色々な意図が見える。堂上も安泰ではないという意味をこめて阿部を起用したり、来季も使えるのかということでセカンドにエルナンデスを持ってくる布陣だった。エルナンデスを2番に持ってきた意味はわからないが、来季に向けて、色々動いて

  • もらった試合は丁寧に

    今日の試合は藤浪選手から勝利を貰ったゲームでした。 初回、大島の内野安打はしょうがないとしても、その後のエルナンデスに四球、暴投、森野のセカンドゴロをベースカバーが遅れてタイムリーにしてしまい、結局連打で杉山に満塁HR。 阪神ファンからすれば今頃ダルビッシュのようになっている筈の選手がこのような状況ではと、嘆いているのではないかと。 さて、ドラゴンズは堂上と杉山の活躍で大勝しました。初回の猛攻と終

  • 周平への失望と福田への期待

    ドラゴンズ入団以来、多くのファンから期待され続けている高橋周平ですが、私は彼のバッティングフォームに対してはいつも疑問を抱いていた。打撃の始動が遅く、テイクバックが小さいため打者の大事な「間」が存在しない。そのために落ちる球に対応できずひっかけたり、三振してしまう。さらに下半身が使えていないために内角の球には手打ちもなり、フライを打ち上げる。癖になっているのかわからないが、一向に改善しないのは指導