• PTAっていう名のお仕事 その3

    さて、第一回の指名委員の作戦会議。 近場のコメダ珈琲で、開かれました。 女も三人集まると、ただの姦しムスメ。。 おっと、ムスメじゃないか。失礼。。 姦しおばちゃん。。 ぜ~んぜん関係ない話で花が咲きます。 委員長は心強いことに、中丸さん。 ↓中丸さんの詳細はこちら 「わたしが全部やったるでぇ!  アンタら安心してついて来んしゃい!!」」 ……。 とは特に言われていませんが、そんな感じでグイグイ引っ

  • PTAっていう名のお仕事 その2

    さてPTA役員ですが、わたしは指名委員になりました。 指名委員のお仕事は、次期PTA会長や副会長など、本部役員になってくれる方を、 ひたすら探しましょうねというお仕事です。 顔がばれてしまうと、嫌がらせをされてしまう恐れがあるかもという事で、 (過去にいちゃもんを付けられた指名委員のかたが居たそうな。。) 指名委員は、顔だしNGの秘密結社だそうです。 「誰も知らない 知られちゃいけない  何も言え

  • PTAっていう名のお仕事

    次男坊の学校のPTA役員をすることになりました。 色々あって延び延びになってしまったので、 6年生で引き受けることになりました。 どこの小学校でもそうかもしれませんが、PTAの役員決めは、 独特な雰囲気があります。 うちの小学校では、大抵のママさんはお友達なんかと○○委員を一緒にやろう!と お約束なんかをして役員決めに臨みます。 なので、徒党を組んだママさん達で定員がいっぱいになってしまう委員だと

  • 入院中のできごと その2

    さて今回のクリニックでの手術、実は2度目でした。 友人がこのクリニックでオペ室の看護師をしていたので、 前回は、わたしの手術に参加してくれていました。 お腹諸々を友人にさらけ出すのは、少々恥ずかしい気持ちにもなりましたが、 近くにいてくれるのはありがたい!持つべきものはオペ看です。 友人は上手な麻酔医の先生に、わたしのオペの麻酔を頼んでくれていたり、 手術室に入ってからも、他の看護師さんたちから

  • あけましておめでとうございます☆

    今年も宜しくお願い致します。 2018年始まりましたねぇ。 いつもの朝と違うのは、早朝にお弁当を作らなくても許されることくらいでしょうか。 元旦ということで、夫と二人で、朝10時にマルエツに並び、各自五千円を握りしめ、 五千両箱を買いに行って来ました。 五千両箱は、マルエツの五千円分の商品券とプラス商品が何個か入ったものですが、 商品券はちょっとしたお買い物でも、お釣りが出るので重宝しています。

  • 大晦日ですねぇ。

    気が付いたら、今日はもう大晦日ですねぇ。 我が家は実家が夫婦共々近いので、帰省ラッシュに遭うことはないですが、 「ちょっと田舎に帰っていたよ」と言えないので、寂しい気もします。。 夫は、大晦日からやっとこさお休みです。 29日からお休みと聞いていましたが、見事に騙されました。 まぁ、寝正月でしょうから、特に期待はしていません(笑) 日頃の疲れを存分にとって頂きましょうかね♪ 子供たちは、冬休みの宿

  • 最近のできごと その7

    ブログ友達さんのブログを見て、好きな音楽について思い出していた。 少し前に、高校生の時に好きだった歌手が久しぶりにテレビに出ていた。 なんか年を取っちゃって、、歌も相変わらず下手っぴ。 見ていて若干痛々しい。 なんだか、見ていられないわ~って感じで、 のび太くんの、はだかんぼ姿を見た時のしずかちゃん並みに、手で目を隠す。 でも手の隙間からは見えるので、テレビは目に入る(笑) うっすらと見える歌詞と

  • 最近のできごと その6

    我が家はヘンピな所にあるので、移動は基本バスです。 車で移動が当たり前な地域なので、バスの本数がやたらと少ない。。 運転が出来ないわたしは、駅に行くために、時刻表とにらめっこです。 バスといえば、運転手さん。 こう言っちゃぁなんだけど、当たりはずれが大きい。 威張りん坊の、運転手さんに当たると、何だかなぁと思う。 一方、清々しい気持ちにさせてくれる運転手さんもいる。 子供たちも通学にバスを使うので

  • 最近のできごと その5

    最近、足底筋膜炎になったので、インソールを作りました。 長男は3年前から、ムスメは2年前から、偏平足なので使っています。 使ってみると、多少の違和感はありますが、自分の足から型取りしているので、 なかなかの、フィット感です。 保険がきくので、3割負担で作れますが、1度立替えで、全額お支払いします。 その額2万越え…。 アウチっ。。 お金が手元に戻ってくるまで、そこそこ時間も掛かるので、 年末に向け

  • 最近のできごと その4

    先日、次男の支援級のお母さん達と立ち話をしました。 わたしの周りに限った話ですが、自分の子供の中に障害がある子がいた場合、 いわゆる健常者と呼ばれる他の子供には、『教育』に関して熱心です。 子供はそれぞれ個性が違うし、その子にあった進路を一緒に考えていくのは、 親として当然の義務だと思っていますが、特性のある子はとにかく手が掛かるし、 何かと心配事も多い。 『今の薬は合っているだろうか?  症状落