人生のムラゴンブログ

  • 人生を教えてくれる?本

    こんにちは! 以前にもアップした本ですが久しぶりにまた読んでみました。 この本は私に人生を教えてくれる本です(笑) 「日本は経済大国なのに、どうして豊かさを感じられないのだろうか」と言われますが、 答えは簡単です。 貧しさを知らないから豊かさがわからないのです。 今日も明日も食べ物があって当然。水道をひねれば水が飲める。 飲める水を使ってお風呂に入り、トイレを流している・・と書いてあります。 ※桜

  • 俺のスタイル‼

     最近小さい事やけど考える事がある。  やっぱり若い時ほど好きな髪型とか皆したいと思うんやけど!  日本って見た目から入る国やから(個人の意見)結構髪型うるさいと思う。  俺が今やってる仕事はお客さんと接する事もある。  喋ったこともない初対面はやっぱ見た目から判断するやろなー  まーそれはしゃーない。  けど俺はしたい髪形にする!やりたいようにする!仕事は真剣にやる!  これじゃあかんのか?  

  • 初めまして

    「人生山あり谷あり」? 「神様は君に乗り越えられる壁しか与えない」? 「諦めない限りそれは失敗じゃない」? みたいなことを誰かが言ってましたけど…… こんなにうまくいかないことありますか⁉ いつかいいことがある。いい子にしていれば、いつか報われる。おとなになれば幸せになれる。そう自分に言い聞かせてきましたけど、大人になる手前で気づきました。 あっ…。このままだと ワタシ ムクワレナイ。 そう思った

  • サラリーマン看護師 日記

    こんにちはナースマンです。 今日は弁護士の所に行き話をしてきましたが、気分が下がってしまいました。 内容は、ストーリーがめちゃくちゃになるので、後程のブログで話します。 帰って来てから、このままではダメだときもちを変えるためにあるところに行きました。 それは 職業安定所 数年ぶりでしたが、人が多い でも、勇気もらいました 仕事探ししている方々の理由はわかりませんが、何かしら皆さんあり仕事を探してい

  • Nさんへの手紙 [タイムカプセルより] (4)

    そして、3月。あなたは卒業してゆきました。最後に別れたとき、あなたは殊更に「さよなら」ということばを避けているようでしたね。 それからの喪失感について、書くのはやめましょう。心の支えは、あなたからの手紙を待つことでした。手紙はなかなか届きませんでした。焦燥の中で、人間を心の支えとすることの危うさを、私は思い知らされることになったのです。    そして、生涯忘れられない日がやってました。その年の4月

  • Nさんへの手紙 [タイムカプセルより] (3)

    K市から戻って来たNさんと再会したのは、4月の下旬になってからでしたね。私が教会に通い始めたと告げると、あなたは淋しそうな顔をなさいました。「あなたが、別の世界の人になってしまうようだ。」 それからも、あなたとは週に1,2回は会って、いっしょに英会話の勉強をしていたでしょうか。あなたは、卒業論文と就職活動で、とても忙しそうでした。 教会の入門クラスでは、「神について」「人間について」「罪について」

  • Nさんへの手紙 [タイムカプセルより] (2)

    Nさんからの、分厚い封書が届いたのは、新入生歓迎祭が翌日に迫った日のことでした。 封を切る私の手は、震えていたと思います。最初の部分は、あなたのふるさと、K市の春の情景の描写でした。それは、まるで、あなたが永久にそこに縛り付けられることを告げているような印象を、私に与えました。私は、最後まで読み進むのが怖くなりました。しかし、それは朗報でした。あなたが学業を続けることが可能だと知って、私は「神様、

  • Nさんへの手紙 [タイムカプセルより] (1)

    懐かしいNさん、 お元気ですか。最後にお会いしてから、何年も経ちましたが、この頃、にわかにあなたのことが思い出されて、ペンをとらずにはいられなくなりました。今頃になって、突然お便りする失礼をどうかお許しください。 少し、時間と気持ちの余裕が出てきた今、来し方を振り返ってみると、あなたの遠い思い出が、まるで光のように、また鏡のように、現在の私を照らしてくれるように思うのです。それで、あなたに手紙を書

  • 今日は猫の日

    猫がいっぱい駅の出店に並んでいました。 猫が今モテる理由は 癒やしですね。 けして和やかではないこの世の中の欠伸のような間なんですね。 ということで ニコニコニコニコ 人生はにゃんとかなる❣✨💕

  • 鉛色の記憶

    世界が 急に色褪せて、 言葉から 意味が剥がれ落ちてゆき、 カレンダーの日付を ひとつ、 また、ひとつ、 黒く塗りつぶしながら、 むなしく 過ぎた歳月... その鉛色の記憶が 今でも 疼くことがある。 しかし、 それは 悲しみを知り尽くしている あなたへと、 一歩、一歩、 近付いてゆく 道かもしれない。

  • 👾魔人…Ⓜ️🍔🍟潜入調査と言って❔🐈🤩

    ☁️おはようございます☺️ 😻…まずは❗ 😁大口をあいて👄 …ガブリと噛み付けば? …👄お口の廻りが大変な❔😲 😻拾い読み記事に独自性を… マクドナルドの代名詞的人気商品『ビッグマック』。しかし、そのボリュームゆえ、味は抜群なのに「ちょっと食べにくい」と感じたことはないだろうか。 ビッグマック』を“ひと言”で食べやすくする方法 最高すぎる… 味は最高なのに、そのボリュームゆえちょっと食

  • 人生は苦しいだけ?

    今、手に入らないものをいつまでも追いかけない 暮らしていると 計画していても思い通りにならないことがある ほかの全てが順調なのに ただ一つのことが叶わなくて、思うようにいってなくて そのことに囚われてしまって、失望する ほかの全てがうまくいっていても うまくいかないことに囚われて すべてがダメだと思ってしまうのだ そんなときは 決まって、所詮自分はこんなもの そう思って失望したりする すべてが思い

  • マインドフルネスとは

    今  ここに  ただ 存在していること 参考資料 Full Catastrophe Living  (Jon Kabat-Zinn)  

  • ジジババ様👴🏻👵🏻へのメッセージ

    ふたりとも 人生最終章 わがまま放題 生きちまいな ✨☘️✨☘️✨☘️✨

  • 受容

    受容と 諦めの 違いは何だろうと 考えながら 受容と 諦めの 境界線を 今日も さまよっている あたたかい あなたの視線を 頬に 感じながら

  • 砕けた器

    何よりも たいせつにしてきた器が 砕け散り いくつかの破片が いつまでも こころに 突き刺さっている 声のない 慟哭が 私の祈り

  • 何の為に習い事をしてますか?

    すっかり大人になって何年も 経ちますが… 大人になって習い事ってやった事ありますか? 今はやってますか? (画像はお借りしました) 『趣味』とは違う『習い事』 趣味は、映画鑑賞とか読書とかドライブなどもう一人でできるよ😊な感じかな。 習い事は、私知らないので教えて下さい😊な感じ? 何とか教室に通います。 30年近く前に、私は結婚して仕事も辞め 暇で暇で〜 ではなくて、 何かに属していない自分が

  • 出会い(1)

    大学3年の夏休み  宿題のレポートを書くために  帰省を早めに切り上げて  宿舎に戻った 周りの友達は まだ帰省中  なんだかさびしくて ラジオのスイッチを入れた 周波数の一番上から 下に向かって ゆっくりと ダイヤルを回していると 「ヨハネの福音書」ということばが聞こえた 手を止めて 耳を澄ました 井戸のそばで イエスと 出会った女性の話だった 当時の私は その女性をふしだらな人だと思い 嫌悪し

  • 気がつけばすべての事が感謝

    こんにちは。 2016年、頂ける年金金額と現実に必要な金額との差に慌てまくった私。 見渡せば、要らない服、要らない本、要らない生活雑貨に家のスペース のほとんどを占領されていて、これからの生活を考えてとにかく要らないもの を手放していきました。 潜在意識という言葉はご存知だと思います。顕在意識、、つまり自分が意識 する事のできる意識と違い、無意識と言われている所です。 ここのパワーが半端なく、成功

  • もっともっと、楽しく生きていい

    こんにちは。 年金が余りにも、少なくどう生きていけばいいのかを ここ数年模索しています。 65歳から頂く予定の年金と月数万の不労所得の合計は、年220万。 この金額をそのまま全部使い続けたら、、、、。 ぎりぎりいくらあれば、そこそこ快適で楽しんで生活して いけるのか? 100人いたら、100の方法と正解がある気がしています。 私は年140万あれば、楽しく生きていける方法を経験できたと思います。 遊

  • 告白

    さびしすぎて だれとも親しくなれなかった。 くるしすぎて だれにも助けを求められなかった。 なにも希望がもてなくて 祈りのことばも出なかった。 しかし、 あなたは 私の声なき祈りに応え、 あなたが私の友であり、 あなたが私の助けであることを 教えてくださる。 あなたは イエス・キリスト、 私の主。 伝えたい詩・ことば

  • 「祈り~ありがとう僕のエンジェル」

    白い廊下の隅で 両手合わせて祈る 響く産声無事に 聞こえますように祈る 君がこの世に現れた あの日を思い出すと 何故か頑張ろうって思う 不思議だね 僕の天使(エンジェル) 君が初めてしゃべったと あの日はママと二人 マジで喜び過ぎて泣いて あふれ出す 君は天使(エンジェル) 毎年 君の誕生日(バースディ) ケーキに灯すローソクに 感謝と祈り 繰り返す 「ありがとう」 僕のエンジェル 赤いバージンロ

  • 鹿児島 桜島

    鹿児島桜島 少しもくもくしているのかな? 息子の出張先からのショットです いやー1度はこの目で見てみたい山ですね 生きているそう感じる山 正月一緒に居たのに もう彼方果てに居てるんだなぁ その土地で美味しいものを食べてるみたいで😄 私から見ると私の経験してこなかった人生なので ある意味いい人生かなぁと思う 息子現在25歳 彼の年にはもう結婚していて がむしゃらに生きていたなぁ 気がついたらこの歳

  • 40代おひとり様女子

    よし!明日のお弁当完成( ˶ˆ꒳ˆ˵ ) ごぼうたっぷり豚汁とたまご&そぼろご飯 にしました。 THERMOSのスープジャー買ってから 野菜たっぷりスープを よく作るようになりました。 野菜不足の方、おすすめですよ*ˊᵕˋ* ・*:..。o○☼*゚・*:..。o○☼*゚・*:..。o○☼*゚ 《40代おひとり様女子》 私のイメージ 月収そこそこ 貯金そこそこ 仕事やりがい感じてる 普段はジムとかヨ

  • 思い込みを書き換える

    和代さんの物語を聞いて、最初に思った事はこれでした。 「ひとつひとつのモノゴトの境界線が曖昧すぎる」 家族のこととなると、対外的な人間関係のように割り切るというのは中々難しいもの。 例えば、対お祖母さんのことだけでも、お母さんが亡くなって以降特に関係が緊密化されていて、「ソレ」「コレ」と、問題を切り離して考えることが難しくなっているようです。  とはいえ、今現在の和代さんを悩ませている、お祖母さん

  • 魔人さんも感慨無量❔🐈🤭

    あす8日(水)は、日本海で急速に発達する低気圧の影響で、広く暴風が吹くでしょう。雷を伴った激しい雨や竜巻などの突風も。積雪の多い所では、雪崩など雪解けによる災害にも注意。 🐽今日はご注意なされませ‼️☺ 🐷ちょっと早めに出た方がいいかも… 🚌…🚲は🌀☔無理です😥バスにて… 💀…今朝4時頃に目覚めて💦💦 🐰…あれやこれやネット検索の中から とても興味深い記事に… 🐽⬆こちらから

  • Hideの俳句・短歌 68

    人生はこんなものと思い遂げど悟り切れなき我が身なりけり 悟りとは常に傾く心をば平らにならす手段なりしか 散らかりてやがて消え去る小雪かな

  • ゴスペル音楽「時」神は愛です

    Ⅰ 孤独な魂が遠くから旅だち 未来をさぐり、過去を求め 労苦しながら夢を追い求める どこから来てどこへ行くか知らず 涙のうちに生まれ 絶望のうちに消える 踏まれても、頑張りぬく あなたの到来で辛い人生の漂流は終わる 希望を見出し、夜明けを喜び迎える 靄にかすんだ先に あなたの姿を見る それはあなたの御顔の輝き Ⅱ 昨日は異郷に彷徨ったが 今日は家へ帰る道を見つけた 傷つき人間性を失い 人生は夢だと

  • 始まりは10年前

    ちょうど、10年前でしょうか… 旦那、56歳 私、48歳 カイ(長男)が結婚しまして、あっという間に家を出ていきました 子供を失った…そんな空虚感に襲われて… 旦那との老後なんて…ありえない そんな思いでした 今から、考えたら とんでもない馬鹿者ですが… だって、定年を控え 三十数年勤続の旦那には定年後も年金を満額貰うまで働ける確約貰ってたのです 旦那と二人暮し かなり気が重かったですが 年金貰う

  • 私が考える問題解決の方法

    こんにちは。 10月の台風で、近隣の県の方たちが随分被害にあった事、大変な日々を過ごされて いる事を思うと、関係のある農産物を買う事しかできませんが、お元気に過ごして ほしいと思っています。 さて、今年も残り少なくなった気がしていて、慌てて確定申告の入力をスタートして います。 前から、何となく動きが悪く、パソコンを買いかえなくては、、、と考えていた私。 なんと、これも消費税が上がってから、決めて

  • セダムって!?&熱い話

    セダムって最近まで小さい、 寄せ植えに入れる多肉のことだと思ってたんですけど、 違うんですね!?_(›´ω`‹ ↑こういうの いや、これもセダムなんだけど、 これもセダム↓ 小さいのだけセダムで、 虹の玉は虹の玉だと思ってました( ´•ω•` ) とゆうことは乙女心もセダム? これも? こういうの全般はエケベリアってゆうのは知ってたけど↓ そんな感じでつぶ粒達はセダムって言うんですね! 知らなかっ

  • お久しぶりです。|´-`)チラッ

    こんばんは!だーさんです。 いやー、スリップしないで2か月経ちました。 この間色々ありました。 デイケアに行けなくなったり、引きこもりなったり、やる気なくなったり。 でも、ギャンブルがしたいとか、そんな気持ちには不思議となりませんでした。 今でもYouTubeとかで動画観たりしていますが、それは習慣であり見たからといって欲求が出たりとかはありません。 家族と話すことが先日あり、今の状態とかいろいろ

  • ケ・セラ・セラとハクナマタタ

    時には、ある 嫌なことも 泣きたいことも 悔しいことも 理不尽だと思っても従うしかないことも そんな事は 数えきれないくらいあった 最近は、とことんまで落ち込まない 落ち込んでも楽しくないし 良いことないし 暗くなるし 口角下がるし 眉間にシワ寄るし 娘に可愛い♡って言ってもらえないし ケ・セラ・セラ ハクナマタタ そんなんで生きてる(笑) 昨夜は同僚が心配して LINEでメッセージをくれた

  • 人生は失敗ばかり

    最近も売れっ子タレントの失敗でせっかく築き挙げた立場が危うくなっている。 私はただの一般人だからはた目で見ているが、人って失敗しながらの今日があると思う。 事の大きさはまちまちたけど、 あの時ああすれば…とか、あの時、なんであんなことしたんだろう…とか、言い出したらきりがない。 でも、他の人は何も無さそうに見えるし、賢く生きてるように思う時がある。 テレビの中の人でも永い間、人気を落とすことなくや

  • 人生の節目としての駅

    人生には節目がある この節目は駅に喩えられる 人や荷物が行き交う駅だ 駅へ荷物を背負って歩いてゆくことは 自分の意志と努力で果たせるのだけれど 駅で列車に乗るには 人様の力が必要になる 人様の力を借りれるように努力を重ねなければ 列車には乗れない たとえ首尾よく乗れたとしても 座席が空いているとも限らない それに 何時出発するのかもわからない 人様にお任せしながら 駅から駅への旅が始まる 明日の天

  • 「宵闇~YOIYAMI~」

    紫色の雲 次第に闇に溶け ビルの明かりが 煌めきだして あなたが呼び出した 高層ビルの店 硝子の窓に 広がる夜景 あなたが見つめる視線の 先は私を通り越していた もう取り戻せない時間を 返してと叫びたいのに ああ もう若くはない苛立ち どこにぶつければいいの 最後の夜になる その覚悟を決めて 来たはずなのに 心が揺れる あなたが切り出した 別れの言葉には 言い訳ばかり それでも揺れる 私が愛したあ

  • 大ゲンカ(ブチ切れました。)

    天気予報通りどんより湿りです。 多少風はありますが、前評判のような 物凄い雨!! では…今のところ無いです。 しかし… 午前中…わが家には大嵐が吹き荒れその後遺症に…しばらく苦しみそうで、激落ち込み中です。 何で…自己中心的な言動を…何で 平気で繰り返されるのか 人に嫌なことを全て押しつけ、無理やりやらせておきながら、 何で…自分は、自分だけの楽しみを追及出来るのか 助けてもらい、気を使ってもらい

  • 自叙伝や半生記を読んで負担になったり不満だったり

    人生をどうにかしたいとか自分を変えたいとか悩んでいる時期に、何か手かがりをつかもうとして自叙伝や私記、回顧録や半生(はんせい)をつづった本を読む人もいるでしょう。 あの人がどんな生い立ちで、どんな苦労を味わい、どんな努力を続け、どんなことを成し遂げたのか、そんなことが書かれている本です。 そういう本を読みますと、自身の人生に参考になったと感じたり、生きるのに役に立ったと感じるかもしれません。 ただ

  • エッセイ アラン「幸福論」考2 <人生の奥義>

    アランの「幸福論」は、簡潔で、また物事の急所をよく突いた文章が、散見できるのだが、その中でも圧巻なのが、人生の奥義とでも言うべきものを語るところであろう。 アランは言う。「人生の奥義とは、自分が本当に得たいと思っているものを欲することである。」と。アランは、続けてこう言う。「わたしが言うのは、本当にということである。」「出世したいと思っていたのに、上司と衝突しなかったか。金持ちになりたいと思ってい

  • 霧、晴れるか?

    って、あとすこしでまた1年が終わってしまう… 「今年の夏は酷かった」が最近の口癖。 そうそう。今年の夏は人生初、蜂に刺されたんです。1箇所ではなく複数箇所…。 患部は、ちょっと紫色とポコっと腫れたような跡??が残っています。 いつか消えるのか…。 1人では絶対乗り越えられない事も、こんなに可愛い子達がいると頑張れるものです。

  • 「私はみんなとは違うんだ」という気持ち

    人は、本気で話したくなるときがあります。 「人生とは何か」とか「どう生きるべきなのか」ということを話したくてたまらなくなったりします。 そんな時に周りの人たちが芸能人の話やゲームの話や食べ物の話などをしているのを聞くと、たまらなくバカらしく思えてきます。 「この人たちは何も考えてないんじゃないか」というふうに。 だから「私はみんなとは違うんだ」ということを周りにわからせるために、人と違う行動をとっ

  • 常識を疑え!?…確かに!な結果になりました

    昨夜、かりそめ天国という番組をテレビで見ながら、マツコさんの柿の種のCMを思い出して… その内容は、柿の種:ピーナッツの割合は6:4らしいのですが、マツコさんが「7:3だと思うの!常識を疑え!」ってママチャリに乗りながらカメラ目線で(笑) 試してみました! 私の好きな柿の種はこの2種類で、常に常備しています。 今回は、三幸の柿の種をセレクト! バランスをとることを考えず、美味しいペースで柿の種とピ

  • 先月は…もの思うこと多く

    先月半ば近くまでお盆の月だと気づきませんでした。 うっかりではなく、諸事繁多だからで、まだまだ多忙です。 あんまり実りの無い忙しさばかりなのが、残念ですが… お盆ついでに思い出したのは、8月が命日にあたる近親者が二人いたということです。 一人は、5才で、もう一人は92才で亡くなりました 随分長さの違う人世を生きた二人でしたが、幼くして亡くなった人がかならずしも不幸とは言えない 少なくとも、生まれて

  • 投資信託、新しい価値観で生きる

    こんにちは。 30代の娘と一緒に投資信託をスタートしました。 そもそも、自分というよりも、これから先の見えない 娘に「お金の教育」などした事もない私がまず、実践して 見せていこう、、、そう思いスタートしました。 私が今生きている時代を「成熟経済」と言うそうです。 それは、いつからと言われたら、高度成長期が止まった時から。 1990年代~になるそうです。 自分がよりどころとしている社会は今はどんどん

  • 人生100年の時代に、手放す価値観

    こんにちは。 今日は、一日自宅で仕事をしています。 さてさて、私たちは、今、時代の転換点にいます。 私が信じていた価値観。 戦後の高度成長期を経験できた日本人が信じた価値観。 1  同じ会社・企業に定年まで働く 2  お金は銀行預金 3  定年後は、国が面倒をみてくれる 今、この価値観を信じる人は、いないと思います。 この価値観を手放した後、何を信じればいいのか分からない私。 それでも これから先

  • 8月もあと少し ススキがサワサワしていた 緑の中は落ち着くなぁ~ 空気が体に自然と入って呼吸が浅くない どんだけストレスだったんだ?笑 この日は群馬の方へ行きました 神社など巡ったり美味しいごはん食べたり 雨が降ったりやんだりしてましたが 雨女の私を遥かに上回る晴れ女の母のお陰で 目的地に着くとビックリ晴れ間が! さすがです母 笑顔の母を見て私も笑顔で こうして一緒に過ごせるのは あとどれくらいな

  • 小さく 暮らす

    こんにちは。 天気が不安定です。 今日は、このマグカップで、コーヒーを飲んでいます。 自分が60代になった時の事をあまり深刻には考えられない まあまあ、なんとかなるだろう、、、、と考えていた私。 それでも、60代もいよいよ近くなり、もらえる年金額の試算をしてみたら、、、、。 国民年金+国民年金基金+厚生年金=100万  マジか? 何回も何回も試算しましたが、増える見込みなし。(笑) 友人は、離婚後

  • 酔った勢い

    みなさんこんにちは、というか日本のみなさんおはようございます。 今こっちは夜の9時です。 特別何もすることなく、お酒飲んで程よく酔っているので勢いで投稿しました。 はいそうです、暇人です。 ブログを通じて、自己紹介というか自分を人に分かってもらうことって難しいですよね(急に本題)。 一番初めの投稿でふざけた感じで自己紹介終わってますけど、実は途方に暮れた結果だったのです。 最近「自分の生き方」につ

  • はじめまして!

    みなさん、こんにちは。 訪れて頂きありがとうございます。 ブログはおろかFacebookでもインスタにもまったく投稿をしたことのない私がなぜか始めてみました。 簡単にプロフィール言うと、 出身:関東 年齢:30代前半 職業:会社員 ん、ちょっとこれだとアンケートか?ってレベルなので、もう少し自分らしさを出してみよう、うん。 出身:関東 年齢:30代前半 職業:会社員 学歴:早稲田卒 現住所:ヨーロ

  • うろこ雲

    台風がお盆を直撃したあと・・ ちょっとずつ秋の気配を感じてはいたが・・ 空を見上げたとき・・ うろこ雲だった・・ ちょっと気もちがせいた・・ でも今朝の新聞に・・ 「人生はのろさにあれ のろのろと蝸牛(ででむし)のやうであれ」               山村暮鳥(ぼちょう)  人生がどこまでも尽きない道ならば、先を急ぐより、 一度かぎりのこの道を一歩一歩丹念に歩むほうがいいと、 明治・大正期の詩

1 2 3 4 5