• ワンネスとは…?

    瞑想をしている時、ラファエルの話を聞きました。瞑想が終わってすぐに書き留めておかないと、そういう時の話を覚えていない事があるのですが、今回はワンネスの話しでした。 「沢山の人がいて、それぞれの個性を持って生まれています。色んな経験をして、ここまでの人生を歩んできました。 個性というのは、それぞれの考えが違う、という事です。普段人と争う時、なぜ争いになると思いますか? 自分の考えを押し付けていたり、

  • 宇宙の秘密『指人形の1人遊び』

    この世界はワンネスです。 よく聞く言葉です。 づばり我々は宇宙の指人形です。 指人形は手の一部ですからワンネスですね。 では人が指人形で遊ぶには、 自分の一部なのですが、 擬人化してその視点と、 それを眺める他の視点を いかに楽しめるかがポイントです。 宇宙もこれと同じで、 我々が自由な視点を使って遊ぶ事を、 いっしょに楽しんで共有しているのです。 しかし別の視点で考えると、 宇宙の一部である我々

  • ワンネスには無い言葉

    怨む・悩む・疑う・不安がる・遠慮する・謙遜する・後悔する。 これらはワンネスでは無い言葉です。 つまり『分離』があって初めて可能になる言葉です。 怨んでも自分が創造している世界では無意味です。 自己創造者として新しい世界を選択してください。 悩みも、問題と答えはセットです。 ワンネスだったらすぐ見つかります。 疑いも自己不信なだけです。 不安も自己に対してです。 遠慮も美徳を受け取りたい以上は、

  • 三次元におけるワンネスの使い方!!

    この世界はひとつです。 これがワンネスですね。 人間と言う三次元の物理的個としてではなく、 すべての一部としての〇〇さんがワンネスな解釈です。 人間の体を見てみると約60兆の細胞からできています。 そのすべてに毎瞬あなたの全情報が届くのです。 DNAからクローンが作れる事を考えると理解できますね。 それと一緒で我々も本来すべての情報が取り出せるのです。 ただしワンネスの一部という立場が理解出来れば

  • 礼儀としてではない本当の感謝とは?

    感謝とワンネスは同一線上にあります。 つまり感謝とは繋がっているからこそ起こる状態です。 日頃からどこまで感謝が出来るかは、ワンネス度に比例します。 この世界はどんなに頑張っても、 厳密には一人では生きていけません。 たとえばいくらお金を持っていても、 そこが無人島だったら、 お店や、商品を作る人や、 商品を届ける配送の人がいなければ手に入れることができません。 自然環境にしても太陽や地球や酸素な