• 大工工事の完了。

    こんにちは、ちゃっきです。 先日ですが、大工さんの工事がおおかた完了しました。 こちらは大工さんに作ってもらったベンチです。 奥行きが3尺(910㎜)のうち、座面が約50cm、そして背もたれ部分がいい感じの角度。 ちょっとした物もおけるような笠木もつけました。 窓は方角的には西面になるので暑そうですが、土地を譲りうけた祖父からの要望でもあったので結構大きな窓を採用。 ここのカーテンはなににしようか

  • 和室の天井(板)を貼っていく。

    こんにちは、ちゃっきです。 大工工事もほぼほぼ完了。 あとは細かい仕上げ関係です。 石膏ボードを貼ったあとは家の雰囲気が暗くなるとよく言われます。 壁紙など仕上げていくとそんなことはないのですが、ちょっと不安になります(^^; かくいう私も自分の家のせいかめっちゃ不安になりました(笑) 「大丈夫、いつものことだから仕上げていけはいつも通り明るいはず」と 言い聞かせてます(笑) 内部は和室の天井に使

  • ようやく外壁工事へ。

    こんにちは、ちゃっきです。 遅れていた外壁工事がようやく進み始めてきました。 GWの連休中にはおおかた終わらせるようです。 (本当ならもう終わっていてもおかしくないくらいの工程です(笑)) 外壁の種類は複数採用しました。 メインはガルバリウム鋼板です。 ガルバリウム鋼板も色々なメーカーがあるのですが 日鉄住金鋼板株式会社のSGLを採用しています。 カタログに書いてあることを鵜吞みにしますが、 通常

  • 大工工事が進んでいます

    こんにちは、ちゃっきです。 更新が空いてしまいました。 外壁屋さん(ガルバリウム鋼板)がなかなか来れず、 内部の大工工事が進んでいます。 下地も完了し、 石膏ボードも順々にしています。 造作建具の枠材なんかも付きました。 写真はニッチです。 玄関に付けたのですが、小物なんか飾ったりするとかわいいかなと。 三角屋根の家型とか丸っぽいR屋根も考えたのですがシンプルにしました。 こちらは大工さんでつくる

  • ユニットバスが付きました!

    こんにちは、ちゃっきです。 先日、我が家にユニットバスが搬入されました。 選んだのはTOTOのサザナシリーズです。 私はユニットバスに関してはあまりこだわりがありません(笑) もちろん選ぶ為にショールームへ足を運び商品を選んだのですが、 内容は全て妻に任せました。 一応、TOTOを採用した理由としては 1、やはりほっからり床のやわらかさは捨てがたい。 (一部、TOTOの柔らかい床はイスの跡が付くと

  • 床材を貼っていく。(無垢材)

    こんにちは、ちゃっきです。 予定通り、大工さんが床材の方に取り掛かっていました。 うちの会社では床暖房は標準ではなく、無垢フローリングが標準仕様となっています。 いつもはクリ材やナラ材が多いのですが、自分の家にはクルミのフローリングを採用しました。 無垢の床は一般的にやわらかいイメージを持つ人が多いのですが、 それは杉材やパイン材などの比較的やわらかい床材を使用する会社が多い為です。 杉材パイン材

  • 内装の下地を着々と。

    こんにちは、ちゃっきです。 私の実家は大工さんなので、今回、家の大工さんは施主支給工事とさせて頂いてます。 通常、現場には大工さんは1現場に1人なのですが、うち(実家)では複数人で工事をするのが通常です。 そのため、現場の進み方はかなり早めです。 現場にいくと断熱吹付工事後の内部の下地を工事していました。 貫(ぬき)というものを決められた間隔で付けていきます。 この横に付ける貫は将来的に壁になにか

  • もうすぐ断熱工事2。

    こんにちは、ちゃっきです。 断熱工事前にもう少し書きたいことがあり、慌てて書いています。 内部の金物を取り付けた後は 「金物検査」があり、行います。 基礎工事中の配筋検査を行ってもらったJIOさんです。 今回は監督とともに立ち会うことが出来たので写真あります。(1枚だけ) 写真は検査中ですが、金物を見ているのではなく 天気が良かったので外をみています(笑) 実際は金物が規定の位置にあるかなどしっか

  • もうすぐ断熱工事。

    こんにちは、ちゃっきです。 先に次回の話をしますが、 次回は壁と屋根の断熱工事のお話しです。 ウレタン系の現場発泡タイプの断熱材を使用します。 その時にうちでは断熱材を工事する部分(メインは外周部)の コンセントやスイッチなどの電気系統の配線を先にしておく必要があります。 断熱材がもこもこっとふくらむのであとから配線で 断熱材を切ったり削ったりするのはあまりよくないからです。 電気配線系はあまり詳

  • 1階の床断熱材を貼っていく。

    こんにちは、ちゃっきです。 1階の床のベースを作っていきます。 上棟後すぐの床はこんな感じ。 縦横の土台が入っていて、その上に仮止めした合板が置いてあるくらいです。 写真をとっていないのですが、基礎からの配管関係をしたあとに 断熱材をはめ込んでいきます。 これが断熱材です。 ネオマフォームという断熱材で断熱性能はかなり良いです。 昨年、ネオマゼウスという新商品がでました。 ゼウスの方が断熱性能は良

  • 窓(サッシ)を付けていく。

    こんにちは、ちゃっきです。 外側を耐力面材と透湿防水シートで覆ったあとは 窓を取り付けていきます。 内側から見た写真ですが、 窓を付ける部分にはプレカットであらかじめ取付位置がこんな風に わかるようになっています。(例外有り) 耐力面材を貼ったあとに内側から印をつけたり、のこぎりでカットしていきます。 今回、私の家では社内で初めてAPW330の真空トリプルシリーズを採用したので 取付時にYKKさん

  • 透湿防水シートを貼っていく。

    こんにちは、ちゃっきです。 前回チラッとだけ書いたあの部分について今回は書いていきます。 ↑の白っぽいシルバーっぽい部分。 こちらは透湿防水シートといいます。 透湿防水シート協会という団体(?)もあります。 このシートがなにかというと 建物の内部に水を通さないための部材です。 近年の住宅は以前にくらべ気密が高くなり、室内で発生した湿気が壁体内に滞留し結露を起こす事が指摘されるようになってきました。

  • 体力面材を貼っていく。

    こんにちは、ちゃっきです。 突然ですが、我が家は木造の在来工法です。 2×4やSEのような工法ではなく、 ごくごく昔からある工法です。 うちの会社ではこの工法に+耐力面材を貼り、 地震に強い家へと作っていきます。 こんな感じです。 耐力面材にも色々な商品があり、 標準でDAIKEN(ダイケン)のダイライトを使用しています。 商品HPはこちら その他ではノボパンやハイベストウッドなどが有名でしょうか

  • 上棟しました!

    こんにちは、ちゃっきです。 2/28に無事、上棟式を終えることが出来ました。 上棟式というとなんだか固い感じがしますね。 ひと昔前だと、近所の方が集まって手伝ったり、 お饅頭を配ったり、 お餅を撒いたり、 大工さんにお昼を用意したり(お酒も) していましたが、 最近は簡略化されていて、 うちでは ・大工棟梁さんの紹介 ・大工さんへご祝儀 は必ず行うとして その他はお客様へお任せとしています(アドバ