• 攻めて攻めて好機を逸し 徳島に一発で決められ 痛い黒星

    ◎ 試合結果から。 第30節 大分トリニータ VS 徳島ヴォルティス 「0:1」 徳島勝利。           試合会場 大分銀行ドーム。      今シーズン大分に2連勝、大喜びの徳島の選手と徳島サポ。 ◎ 試合状況等。  大分トリニータ、前・後半攻めて攻めて攻め込んで、再三再四の好機を生かすことなく無得点、徳島のワンチャンスに得点を許し手痛い敗戦。  大分のシュート数15本、徳島のシュート数

  • 第30節 徳島ヴォルティス戦まであと2日 監督の戦術は

     昨日は台風19号の影響で雨が降ったりやんだりで練習見学は中止、今日は台風20号の影響で昨日同様、朝から雨が降ったりやんだり。  どうしようかと考えたが風も吹くし「年齢を考え」やむ得ず中止に。 現在の大分市横尾、練習場の上空。 ◎ まずは台風情報から。  台風20号は強い勢力を保ったまま本日午後9時ごろ四国か、紀伊半島に上陸するとか、大分市は予想進路から外れているが風雨に注意が必要か。(画像はTV

  • 東京V戦 GK・高木のビッグセーブ連発で 何とか引き分け

    第29節 大分トリニータ  VS  東京ヴェルディ 試合結果「0:0」のスコアレスドロー。      試合会場 味の素スタジアム。       結果として勝ち点1を獲得、よかったのか、悪かったのか。 ◎ 試合状況等について。  ほんとに負けなくてよかった、GK・高木が相手の決定的なシュートを右手1本、左足一足と体を張っての好セーブ、高木のポジショニングと判断の良さ、ゴールキックも長・短と使い分けミ

  • 後半初戦 前半最終戦の惨敗を払拭し 目標に向かい勝利を

    まずは最初に、今日のスポーツ公園、台風の影響が嘘みたいな青空。 公園内の楡の木、台風の強風で枝が折れ地上に落下、県内では西部および北部を中心に被害が。  ちなみに我が家ではベランダで育てているトマトに被害が、実を多くつけているので枯れるかも心配。 ◎ それでは、ここから大分トリニータに関して。  前半最終戦は徳島ヴォルティスとの一戦、一人の選手の判断の悪さかカドーを2枚も貰い「0:3」と惨敗、監督

  • 無駄なファール?で選手退場 成す術も無く徳島に惨敗

    第21節 大分トリニータ VS 徳島ヴォルティス 試合終了「 0:3 」徳島ヴォルティス 勝利       画像はDAZNから抜粋。  前期最終戦、徳島ヴォルティスに惨敗、それも一人の選手の軽率なプレーで、まず前半14分・ペナルティーエリア内でハンドの反則・イエローカード1枚、この反則でPKは仕方がないとしても、問題は後半早々の2枚目のイエローカード、普通の選手なら1枚カードを貰うと危険なプレーは

  • 2018年J2第21節徳島ヴォルティスvs大分トリニータ

      【徳島3-0大分】 福岡戦の勝利から一週間、2連勝の余韻に浸りながら徳島に挑んだわけですが、見事に粉砕されました。 相手は17位、うちは1位の中で勝たなければならない試合でした。 昼寝で起きたことろには前半開始数分後。その頃はこの惨劇を予想はしていませんでした。丸谷のPKも予想できるわけなく、「は?」と、、。PKを決められ一点ビハインドになりましたが、まだ、まだ大丈夫と信じ試合を見ていました。

  • 2017年J2第41節徳島ヴォルティス1-0大分トリニータ

    プレーオフへ崖っぷちの状態からの最重要試合の徳島戦。 勝ちが絶対とされていた試合で、今季最高のゲームで負けてしまいました。 俺らの大分、俺たちが大分 スターティングメンバー GK 31 高木 駿 DF 5 鈴木 義宜 DF 6 福森 直也 DF 14 岸田 翔平 MF 8 黄 誠秀 MF 48 川西 翔太 MF 33 鈴木 惇 MF 7 松本 怜 FW 20 小手川 宏基 FW 9 後藤 優介 F

  • 2017年J2第4節大分トリニータ0ー1徳島ヴォルティス

    2勝1敗で迎えたこの試合2節同様混戦の中から決められ敗戦。普通に徳島が強かった、大分トリニータとしては修正点も多数です。 スターティングメンバー GK 21 上福元 直人 DF 5 鈴木 義宜 DF 4 竹内 彬 DF 6 福森 直也 MF 29 岩田 智輝 MF 20 小手川 宏基 MF 33 鈴木 惇 MF 7 松本 怜 FW 9 後藤 優介 FW 27 三平 和司 FW 18 伊佐 耕平 前