• 読書レビュー『そしてバトンは渡された』

    主人公は17才の普通の女子高生。ただ普通じゃないのがお母さんが二人、お父さんが三人いて、名字が4回変わっているのだ。 なんか不幸な話?って思いきや、みんなどの親も主人公を一生懸命愛してくれて、一番に思ってくれる。 本人も担任の先生とかに「大変ね」「苦労してるのね」「なんでも相談しても良いのよ」とか言われるのだけど、、心配してくれる先生の期待(笑)に添うような悩みごとがないのがないのが悩みっていう(