• エッセイ 美術鑑賞について

    セザンヌが好きである。だが、セザンヌの名作と言われるものは、そのほとんどを、金持ちが持って行ってしまい、一堂に会して見ることができないものになってしまっているのが、現状である。 画集だけで、セザンヌの絵を判断するのは危険だということは、分かり切った話であるが、さて、セザンヌの本領を発揮した本物をじっくり見ようと思っても、そうは問屋が卸さないだから、話はまったくややこしくなる。 先日、ヴァルールとい

  • ようやくミスターポーカーフェイス、その気に!

    こんにちは! 暇人です。 今日は大学病院診察でした。 糸のようなものが出て… 早速診てもらうと 「うーん、糸じゃないね」 触らない先生… でもね、痛いんだってば☀️ ようやくピンセットで抜いてくれる。 「糸じゃないね」 やはり言う… ならば、なんなんだ? 服を着る時に、異物を刺したんだとか。 右手が痛いんですと訴える。 先生はうーん。( ̄~ ̄;) 「地元の先生は、人口骨、人口靭帯で固定と言ってます

  • 売れ残りに福あり!処分品コーナーについ衝動買い

    こんにちは! 暇人です。 今日の天気は 降ったり止んだり… 買い物に行き、 「イチゴ苗を買いたい」 と言うダンナに連れられて ホームセンターへ行きました。 春らしく、可愛い花が並んでます。 ガーデニングシーズンだね! 買うつもりはなかったけれど… 処分品のコーナーで、 可愛い花を発見! 298円くらいするのが… 198円なり。 買いだね! アネモネも 198円くらいが 98円なり。 二つでプリムラ

  • エッセイ 革新者 <法然>

    法然の新しさには、何か決定的なものがあって、わたしはその不思議な革新性に惹かれる。 法然の思想上の新しさは、「念仏も」往生の種となるというのを「念仏こそ」に改めたに過ぎない。だが、これは思想上のことに止まることではない。当時の人々の宗教生活そのものの革新だった。宗教生活の変化とは、当時の人々にとっては、生活そのものの変化を意味したであろう。 この語義上の変革が、異常とも思える革新性を孕んでいたこと

  • エッセイ 源氏物語考 2

    「源氏の前に源氏なく、源氏の後に源氏なし」そんな言葉があったかどうか忘れたが、史的に見ると、源氏物語は聖徳太子並みにその時代を超えている。 貞永式目が典範を持たない憲法であっったように、源氏も、その類例を前代に求められない。わずかに竹取物語にその萌芽を見いだせるだけである。かぐや姫があらゆる男を惹き付ける女であったように、光源氏はあらゆる女を惹き付ける。 これを、式部の思いに直せば、「わたしが無限

  • 心はいつだって、自由だよ!

    こんにちは! 暇人です。 今日も青空… また、崩れるみたいだけれど。 昨日は強風 今日はカフン🤧 花粉症の方、御注意を! 義母のお見舞いに行きました。 前回の手術から、ギプスカットと リハビリ入院です。 本人は、ケロリン🐸 「すぐに、退院するつもりだった」 いやいや、そういう訳にはいかないよ! お花を持って会いに行くと… まさかの人が待っていた… 「なんで、隣に?」 名前札見てびっくり! 入院

  • エッセイ アメイジング・グレイス

    少し前の話で恐縮だが、この曲はたいへん好きで、よく聞いていた。 亡くなった本田美奈子さんも歌っていたが、「ああいう細い子じゃなくて、それこそテキサス辺りのでっぷりとしたおばちゃんに朗々と歌い上げて欲しいね」と言ったら、ある人から「それなら、スーザン・ボイルのを聞いたらいいよ。」と言われ、早速Youtubeで聞いてみた。 これには、やられた。これこそ自分の求めていたアメイジング・グレイスだと感激した

  • 春の気配に新たな気持ちで…

    こんにちは! 暇人です。 ちょっと間隔があいてしまいました。 お久しぶりです… 先週は、お花の展示に挑戦していて… 2月後半から、バタバタしておりました。 最初は3人でスタートして、 どうにか14人の参加で… かなり見事な仕上がりでした。 金曜日に仕込んで… 花が傷んだり、暖房がきつかったり 大変でしたが、貴重な経験でした。 ハーバリウムも、体験しました🎵 お天気は、コロコロ変わり、 雨が降った

  • エッセイ 源氏物語考

    源氏物語を読み返している。以前、読んで分からなかったことが、次第に鮮明になってきた。以前の読書はいささか読み方が幼稚だったようである。 およそ、物語の主人公で、これほど作者に酷愛された登場人物も他にいまい。そこには、贔屓の引き倒し以上のものがある。太陽光と同等と言っていいような直線過ぎる愛情である。この異様とも言える酷愛ぶりは、確かに物語の世界でのみ成立する愛である。 わたしは光源氏は、竹取物語の

  • エッセイ 良書について

    良書に解はない。その代わり、よくよく吟味された問いがある。      〇 何かにつけ、正解を求めずにいられない人は、まだ、学校を卒業できずにいる人である。      〇 本を読みたいが、何を読んだら良いのかわからないというのは、今の多くの人の悩みのようである。岩波文庫は一部を除いて、新潮文庫はある本を除いて、角川、文春、講談社、PHPなどの文庫のある本には、とても良い本がある。まずは、自分にとって

  • 春が来ると思い出す~厄介なあの方!

    こんにちは! 暇人です。 最近、春の気配を感じます。 窓を開けると… 鼻がムズムズ~ 来たのね、この季節… 先週辺りから、感知しています(^^)v 外に出るのが、気持ちいいです。 そぞろ歩きするのも、また楽しい… 小さな春を見つけると、心がウキウキ。 気持ち的には、春ですね🎵 今年は暖冬だったなぁ~と思います。 季節の変わり目。 体調も、アップダウンがありますね! ストレスなのか? アレルギーな

  • エッセイ 感情というもの <きれぎれ草補>

    センセーショナルな感情は、俗耳に入り易く、世間に受け入れられやすい。その代わり、デマゴーグがなければ、たちまち消え失せてしまうものである。 わざとらしい感情は誰でも見抜く。 自然な感情は、その自然さにおいて力がある。 真実の感情は尊い。 美しく偉大な感情は一番見抜き難い。もっとも寡黙な感情だからである。

  • 無くてはならない、ありがたい存在…

    こんにちは! 暇人です。 今日は雨の1日… 昨日は曇り空ながら、大きな月を 見ました。 今日は義母の手術の日… うまくいくよう、祈るばかりです。 今朝は雨降り。 月は見えないかな? 先週から、喉に何かがつまった感じが する…と思っていたら、 どうやらストレスのようです。 義母のこと。 自分のこと。 いよいよ来週に迫った、 作品展示のこと… (お花の教室で、展示することになりました❗️) あわただし

  • 空には光…ただひたすらに歩いていく

    こんばんは! 暇人です。 朝は曇りがちの空でしたが… 午後から晴れ間も見えてきて、 気持ちのよい空に! 日が長くなりました。 図書館へ行くついでに、 夕焼けを眺めにいつもの川辺へ。 きれいな空に、心が和みます。 やはり空っていいなぁ~ たっぷりと味わって帰りました。 日が延びたね すっきりと気持ちのよい空… 深呼吸したら、鼻がムズムズするけれど とっても気持ちがいいよ 空には白梅。 青空に映える…

  • エッセイ 通貨という形而上

    ※この記事は、少し分かりにくいと思いますので、「資本主義経済」というタグの中の「紙幣という形而上」という記事をご覧頂いて、参考にして頂ければ、幸いです。 一時代前は、通貨と言えば、貴金属だった。つまり、通貨は実質を持った価値を持っていた。国が滅んでも、通貨自身が価値を持つ財産だった。 しかし、資本主義経済の到来によって、その巨大な市場は、金が稀少価値を持つが故の財であることが暴かれ、通貨はその本来

  • たまには自分のために、バレンタイン

    こんにちは! 暇人です。 今朝はバタバタして… 初めは、今日のヘルパーさんを 断ろうかとも思いましたが… 早めに済ませてもらい、 タクシーで駅に。 思いの外、早くついて… 映画館で食べようと、お握りを買って 新幹線へ! 今日は、自分のために使おうと… 思いきって、観たい映画を観に行きました。 その映画は… メリーポピンズです! 子供の頃、テレビで見たような… うろ覚えですが。 娘に振られてしまい、

  • 四苦八苦する通院の朝

    こんにちは! 暇人です。 昨日の朝… おや?薬がもうない… 大切なアレルギーの薬が、底をつき… あれ? 診察、来月だね? と、カレンダー。 確かに3月になっている。 でも、おかしい…( -_・)?? 予約票を見たらば… えっ?明日だ! (つまり、今日…) あわてふためき、カレンダーに書き込む。 今朝、起きて… ダンナうろちょろ。 ナニ? そして、あっ!診察日だった! あわてて飛び起き、診察券を通し

  • 幸せな思い出

    幸せな思い出 三つ子の魂百まで… というけれど。 その子の幸せな記憶って、3歳児で決まる…と思う。 もちろん、その後の育ち方も大切だけれど。 子供は、やっぱり宝… 2歳の頃の子供って、 天使だと思う。 体全体に、親への愛をぶつけて。 全身全霊で、その愛を求める… こんなに愛されたこと、ないな… そして、愛したことも、ないかもしれない。 子育ての奥義なんて、わからない。 ただシンプルに 愛し、話を聞

  • 閑話休題 妖怪流行

    軽い話をひとつ。最近、子供たちを中心に、親も巻き込んで、妖怪や怪物が大流行りである。面白いし、何か、よいことのように思えてしょうがない。 あの複雑怪奇で、大げさな形象と有り得ないような色の組み合わせは、泣く子供も多いようだが、子どもの心に、豊かな栄養分を与えるような気がしてならない。 柳田は、「妖怪談義」の中で、なぜ、昔の人には妖怪を信じる人が多くて、今は、信じる人がまるでいないか、分からなくて困

  • プレゼント フォー ユー 想いを込めて

    外は雨… 冷たい雨が降っている。 両方の両親に贈るバレンタインギフト、作成中~ 喜んでくれるかな? もうひとつは ダンナけげんな顔。 でもいいの。 想いを込めて、 こうかな? あぁかな? 入院する義母には、植木市で手に入れた お守りとチョコを添えて… 昨日は寒い1日… きれいな夕焼けでした。 今日はどうかな? 空を見上げる… プレゼント フォー ユー 心を込めて、贈ります。

1 2 3 4 5 ... 11