• ザクロ

    5月26日(土) 今日の名古屋の最高気温は27.7℃。 昨日から夕方にウォーキングをしています。 18:00 ウォーキング中、土手にザクロの花が咲いていました。 ************* 読んでいただき有難うございます。ランキングに参加しています。 「ありがとう・感謝」の部分をクリックしていただけると幸せです。

  • ゴテチャ

    5月24日(木) 私が利用している図書館の花壇に咲いていました。 ゴデチア、色待宵草とも言います。 昨日と今日、それぞれの病院の定期受診でした。こちらとこちら。 主治医のお一人が定年退職を迎えられるにあたり、新しい担当医をご紹介くださりご挨拶をさせていただきました。「彼に任せておけば大丈夫だからね。」と今までお世話になった主治医から心強いお言葉もいただきました。 皆様が全力で支えてくだること、感謝

  • スイカズラ

    5月16日(水) 友人が、庭のスイカズラが咲いたと写真を送ってくれました。 友人は、この花が咲くとこれから暑くなるんだなぁ〜と思うそうです。 いよいよ夏がやってきますね。 5月18日(金) 友人からスイカズラが黄色くなったと写真が届きました。 ************* 読んでいただき有難うございます。ランキングに参加しています。 「ありがとう・感謝」の部分をクリックしていただけると幸せです。

  • 鶴舞公園 バラ園 ②

    5月15日(火) 散策する人、写真を撮っている人、絵を描いている人、ベンチで休んでいる人などなど、とてものどかです。 ブルームーン。 マダムビオレ。 ウェディング・ブーケ。 アンジェラ。 キフツゲート。 優しい感じですね。バラの原種だと言ってみえる方がみえました。 クリムゾンスカイ。 このバラの前が皆さんの撮影ポイントのようです。多くの方が写真を撮ってみえました。 新雪。 ミカエル。 ベルサイユの

  • 鶴舞公園 バラ園 ①

    5月15日(火) 11:00 今月初旬、左足指を痛めてから、ウォーキングをしていなかったので、足の調子をみることも兼ねて鶴舞公園へ。 今はバラが見頃とテレビや新聞で話題です。 このバラ園では、約120品種約1400株のバラを見ることができます。今年は来年より10日程早いそうです。 ジュビレ・デュ・フランス・モナコ。 甘い香りが漂ってきます。 ヒストリー。 アンドレ・グランディエ。 インカ。 紅鹿の

  • エニシダ(金雀枝)

    5月10日(木) 8:30 庭のエニシダです。 大きくなりました。 「えにしだの 黄色は雨も さまし得ず」高浜虚子 ************* 読んでいただき有難うございます。ランキングに参加しています。 「ありがとう・感謝」の部分をクリックしていただけると幸せです。

  • カモ

    久しぶりに朝起きて走ると気持ち良かったです まだ20度ぐらいですし 昼間は40度なんで・・・ 水辺とスプリンクラーにカモが🦆 ほんとに 涼しげです 今日から 日本に帰ります 久しぶりです 日本はまだ梅雨になってないしいい季節なんでしょうね 帰ってくるまでサボテン咲いてるかな🌵

  • ケマンソウ(華鬘草)

    5月10日(木) 8:30 母が育てたケマンソウです。タイツリソウ(鯛釣草)と言った方が馴染みがあるでしょうか・・・。 ************* 読んでいただき有難うございます。ランキングに参加しています。 「ありがとう・感謝」の部分をクリックしていただけると幸せです。

  • こんな雰囲気です3 カーテンの作り方

    手作り猫柄カーテンです。 お店のロゴはペンキで描いて。 初めは、これだけだったのですが、 レースのお気に入りを1枚下に。 生地は、猫柄とパステルカラー縦縞柄を2枚ミシンで縫って。 なるべく、自然光が入るくらいの厚さです。 よく見ると、ミシンの縫い目曲がってますね。 だいたいOK(^O^) これを3枚作って、木の棒を透明のワイヤーで天井から吊って、そこに通すだけ。 お気に入りの布と形のカーテン。 洗

  • エンジュ(槐)

    5月3日(木) 昨年11月に読んだ浅田次郎さんの壬生義士伝(下)の千秋が嘉一郎を偲ぶ書簡の中で「槐の若葉が風に戦ぐ、静かな夜であります。」という文章がありました。 読みながら、5月の連休にTちゃん宅に行く時に道路の両サイドにエンジュ(槐)の花が咲いているのを思い出していました。 今日、セラミックパークMINOへの途中、道路両サイドでも見ることができました。 ************* 読んでいただ

  • やっぱりまだ!咲いてませんでした

    いつものsuperstitionでトレッキングをしましたが サボテンはやっぱりまだ、満開と言うわけではありませんでした 遠くの写真ではわかりませんね サボテンの一番上に、たくさんのつぼみが出ていますが、まだ、花はちらほらです これも見えないと思いますが 一番上の穴の左側に鳥がいます ひなが中にいるみたいで、すごく警戒した鳴き声で威嚇しています なんと 写真を撮っていると、足にサボテンの枯れたのが刺

  • 馬さん

    先週とおんなじコースを自転車で走ってると また、馬さんを発見! 今度は、群れで・・・ しかも、 子供も一緒。 リラックスして、ごろりんと寝ていたのですが、近寄っていくと気配で起こしてしまいました 起きると すかさず、お母さんのもとに・・ 近寄っていきます お母さんも すぐに子供をかばうようにくっついていき みんなで こちらをじっと睨んでいます 威嚇まではいかないけど、あっち行けって!良いってる感じ

  • ぼんやりと薄日のぼり きりりと冷えた窓を開ける 流れ込む金木犀の香り 僕をかすかにふるわせる凛とした朝 日が昇り天は気を失うほど高く まばらにちぎれた無数の雲 そのひとつさえ掴めそうにない むせ返るような原色の日々はすでに消え去り すっかり色の抜けてしまった水色の空 瞬きする間に日は傾きそして朱く すべてのものがじんじんと照らされている その中にとんぼを追うひとりの子ども 遠くまで来すぎて帰り道を

  • 君早春の庭に来て 真白に紅に綻ぶる 漆の黒く光るよな 枝の先にて華揺るる 我君の香に誘はれ 未だ雪残る土を踏み ふるりと君に近寄れば じわり目に染む色の海 姿変はらぬ君なれど 散りゆくさだめは辛からむ 涙こぼさぬ君なれど 雨に濡れるは憂しからむ やがて風来て君見初め ひゅるると庭から連れさらる 我君を追う術もなく また寒風に 身を切らる... 追記‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐ 梅の木、植えたい。 庭なしア

  • 一定のリズムで風にゆれるカーテン うすいレースの向こうに見えるもや 5月にしてはひんやりとした空気が 僕の部屋をのぞいていく 少しずつ風はつよくなり 干したズボンはあわててハンガーにしがみつく ズボンを助けに窓の外へ手を伸ばすと アスファルトから昨日の雨のにおいがした 今にもぽつりときそうではあったが 僕は窓を開けたままにしておいた 冷たい風にさわっていたくて そしてそのまま攫われたくて ついにぱ

  • 空の青さをとぷりと地面に落としてしまった 見わたすかぎりのネモフィラ畑 きっとここでは ネモフィラ以外は生きてゆけないのだろう 風にさざめきつづける青い絨毯のなかで 僕はひとりだった ただ風に揺られるために生きられないこと ぬるい日常のゼリーから出られないこと やがてネモフィラが西日におおわれ あたりは一層まぼろしのように感じられた 何千の青い瞳にみつめられ僕は 彼らの下で生きる黒い土になりたかっ

  • 徳川園

    4月20日(金)② 13:45 徳川園。 いつもはブラブラするだけですが、今回はガイドボランティアの方に案内していただきます。 大曽根の滝。 シャガ。 ミツマタ。 虎の尾。 もみじの花と実。 サワフタギ。 龍仙湖。 結婚式の前撮りをしてみえます。 茶室 瑞龍亭。 さざ波石。 ヒメシャリンバイ。 4月30日(月)まで、牡丹祭が開催されていますが、もうお花は終わりかけですね。 55種約1000株がある

  • サボテンの花(2)

    今週はトレッキングはしてませんが、自転車でツーリングに行った時の道路わきのサワロサボテンがだいぶ開花してきてました たぶん、今週末から来週末ぐらいに満開を迎えるんのでないかと思います 立派に成長した(枝分かれした)サボテンです。 10m近い高さなので100年以上立っていると思われます とか思うと まっすぐに一本だけ伸びたサボテンもあります この違いは、何から来るんでしょうね ともかく 真っ白い花が

  • 伊豆のホテルの 大きな窓から、 一日中海を眺めていた。    こんなにたくさんの塩水    一体どこから    あの遠くの沖に見える岩    潮に溺れてしまいそう 波に濡れた砂浜には ぺちゃりと音がしそうな足跡 五月の海はまだ少し冷たいだろう    あの波の一滴になれたら    あの砂の一粒になれたら    潮風に揺れる松葉になれたら    松葉を揺らす潮風になれたら 数えきれぬ自然の色彩に囲まれ

  • 早朝の青空

    早朝の青空が好きだ 青の絵の具を限りなく薄め すっと上澄みを筆先に含ませ どこまでもまっすぐに引いた線のような 早朝の青空が好きだ まだつめたい空気を吸い込み 肺のあたりから青く染まる僕の体躯 そのまま空に溶け込めるような 早朝の青空が好きだ やがてふわりと朝陽が差し入り あたり一面をオレンジ色に包む 僕の体躯はまだ 指先まで青く染まっている 追記‐‐‐‐‐‐ 朝の空気ってなんかキレイな気がします

1 2 3 4 5 ... 17