• マイナス40度や砂ぼこりも大丈夫!悪天候対応の高速鉄道が西安でお目見え―中国

    西安鉄路局西安北動車所に6日、CRH5G型高速鉄道車両が到着した。中国新聞網が伝えた。 この高速鉄道車両は甘粛省蘭州市と新疆を結ぶ蘭新線の特殊な自然環境に対応するため開発された。零下40度以上の高原・寒冷地での正常な運行を可能としているだけでなく、風、砂、雨、雪、霧、紫外線といった悪天候にも対応することができる。 同車両は主に7月に開通する宝鶏と蘭州を結ぶ宝蘭高速鉄道において、西安鉄路局が増発する

  • 鄭西高鉄2等座車両と1等座車両

    鄭西高鉄2等座車両 鄭西高鉄1等座車両 2等座車両より1等座車両はスペースが広く、ゆったりとしていますが、 料金は2等座車両より1等座車両は片道が125元1人ほど高くなっています、 往復なら一人250元ほど高くなります。 スーツケースについて、1等座車両や2等座車両も各車両の端には、 スーツケースなど大型の荷物を置くスペースも用意されています。

  • これは笑った

    さすがにこれはないだろう(笑) 記事より抜粋すると 【関連記事】 中国に騙されない! ずさんな高速鉄道計画に、早期地震検知警報システムの導入を要求ーインドネシア 中国に騙される! 欠陥旅客機の二の舞か、高速鉄道計画に不信感広がるーインドネシア 中国に騙された! ずさんすぎる高速鉄道計画に大きな後悔ーインドネシア 注意してたけど結局だめだったんかい!(笑)