• 先日のジャンクパーツを復元する。

    さて、先日の奈良カブミーティングで譲って頂いたジャンクパーツの 1つを元の色に復元しましょう。 フロントウインカーX2、スピードメーター、バッテリーケース、フロントカバー、 コレで¥600円で分けてもらいました、ありがとうございます。 さて、メーターとケースは在庫としてガラクタ箱に入ってもらいますが、 ウインカーとフロントカバーは6号機行きを予定しています。 ですが、ウインカーはちょっと磨いたらキ

  • 奈良カブミーティングに行ってきました。

    9月16日AM6:15、自宅を出発。 この時点では気が付いてない、 モバイルバッテリーは持ったけど、iPhoneの充電ケーブルを忘れている事を・・・ 場所はいきなり飛んで「道の駅宇陀路室生」、ココでトイレ休憩。 ついでに怪しい郵便カブの真似(笑) ココでiPhoneの電池残量が怪しくなり、充電ケーブルを忘れてきた事に気付く・・・ 結果、ココから一番必要になるナビが使えず、頭に叩き込んで現地に向かう

  • プチオーバーホール続き・・・猿人完成!

    なんか手を出し始めたらサクサク進んで出来ちゃいました(*^^)v まずはシリンダー内部にオイルをヌリヌリして・・・ ピストンを付けるトコ端折っていました(笑) で、シリンダーにピストン通して、チェーンガイドローラーも組み付けて・・・ ヘッドガスケットやオイルラインのパッキン等をセットして・・・ ヘッドを載せます・・・ ヘッドカバーガスケットをセット・・・ おニューのカバーを見つけたのでコレに交換・

  • ヘッド組み立て。

    さて、腰上を組み付ける前にヘッド周りをある程度の形にしておきます。 まぁ、コレだけなので10分もあれば出来ることなんですが・・・ あ、そうそう油分をパーツクリーナー等で飛ばしてあるので 初期注油としてコレを使いますよ。 ワコーズモリブデングリス。 こんな感じでって、もう少し伸ばしますよ! で、こんな感じでロッカーアームを組み込んで・・・ あ、確認確認。 ロッカーアームのピンは螺子切ってある方が外側

  • 猿人組立準備・・・

    今回の作業で再利用可能な消耗品(ガスケット、パッキン、シール類)は 全くありませんので、自分の在庫から探し出します。 いやぁ、我ながら良く集めたというか、貯め込んだというか・・・ 旧~いモノから近年のモノまで、新品ですが梱包が劣化した為裸で入ってるモノ、 新品の梱包のモノ、モンキー、ゴリラ、モンキーバハ、ダックス、シャリィ、カブ等 マゼコゼに入ってます。 まぁ、基本的にはどれも同じ猿人ですからサク

  • 燃焼室お掃除。

    真っ黒だった燃焼室を組付に備えてお掃除しました、 この超絶カーボンをゴシゴシ・・・ 取れる限り除去して、こびり着いたガスケットかすも剥がしました。 ピストンも同様にゴシゴシ・・・ コレが、 こうなりました!(*^^)v ついでにシリンダー内も あと、バラしてある今の内に・・・ このノーマルヘッドに豪華大陸製(中華)カムシャフトは収まるのか・・・ 実験、実験!(笑) はい、ワタチ中華カムアルヨ!(笑

  • 左右ハンドルスイッチもガラクタを再生。

    ガラクタ箱からいいものみっけ! 壊れた&部品の足りないハンドルスイッチ! 画像左のライトスイッチは問題なく使えるものが出て来ました。 画像右のウインカースイッチ、見た目はマトモですが・・・ 中身がありません(´Д`;) そこで・・・ スーパーカブカスタム用ウインカースイッチ。 コレをこのまま使えば済むのですが、こいつはミラー穴のネジ山がありませんので、 ヘリサート加工しないと使えないため基盤を先ほ

  • プチオーバーホール続き・・・①

    結局、カムシャフトを確認するにはシリンダーヘッドを外すため、 ついでにピストンの形状確認(後のボアアップを考えて)、 腰上の全バラを決行しました。 で、中身は?・・・キッたね~、!ウワ━(。・ω・)ァァ━・゚・ 燃焼室もバルブも真っ黒・・・(´Д`;) カーボンだらけっす。 まぁ、買ったまま放置プレイですからね? さて、問題のお品を外したら・・・ えっ、中華カム?Σ(゚д゚lll) いやいや、ホン

  • 6号機用猿人、プチオーバーホール中。

    というよりも、私がこのエコノミー猿人のシリンダーヘッドの 知識が無いのと、ヘッド周りのアチコチからオイルが滲んでいるので ついでにパッキン交換をしょうと・・・ (ホントは噂通りの面倒なカムシャフトが入ってるのか確認です。) まぁ、見た目は普通にモンキー、カブ系の猿人です。 まずはカムカバーを左右外そうってな訳で・・・ しょっぱなから錆びてた1本が軽くナメました(´Д`;) パッキンはカチカチに引っ

  • 台風で、カブコケた(笑)

    先日は凄い風雨でした・・・ センタースタンドで止めて置いた1号機が台風に負けました・・・ 幸い2号機に寄り掛かって止まって居たのでブッ倒れずに済みました。 お互い無傷で良かった良かった・・・ ちなみに2号機のサイドスタンドも1号機に押されて浮いてるし・・・ もうちょっとこのままだったらブッ倒れてたかも知れません。(´Д`;) まぁ、大阪では船が風に煽られて橋に激突してるくらいですから、 カブも風に

  • 1号機リトルカブ、軽~くメンテしました。

    カブ1号機の猿人オイルを先日購入したAZ製オイルに交換してやりました。 蚊がうるさいので蚊取り線香必須です(笑) 廃油パック、オイル、あの使い慣れたオイルジョッキ!(深い意味はありません)、 ただ単に昭和の頃から使っているジョッキってだけです(笑) 純正のアンダーガードを外さなければ上手い事行かないので色んな物外します、 正直面倒臭いので今回でアンダーガードとはお別れしました。 さよなら、モチュー

  • カブ6号機用猿人発電テスト。

    6v猿人を12vメインハーネスに接続してプラグへの点火確認を 行いました。 このようにジェネレーター配線だけ繋いでキックしてプラグの点火を テストしました。 6号機点火確認 ちょっと観づらいですがプラグ先端より青い火花が確認出来ました。 これで猿人を始動させる事は問題無いようです。 あとは12vの充電がどの程度賄えるかです、 これでこのタイプの6vジェネレーターは12vでも使用が可能と 解りました

  • 安かったから買ってみた・・・

    先日、熱帯雨林(Amazon)からのタイムセールのDMが届いてたので 何となく見てたら気になるモノを発見して、ついポチってしまった・・・ エンジンオイルなんですけどね。 思ってたより箱デカっ!(笑) 基本ブランド君の私はカストロール、モチュール等のブランド、 の100%科学合成油しか使わない人なんですが・・・ 安いだけで初めて買ったオイル・・・ ブランドは「AZ」エンジンオイルは使った事無いですが

  • 新品のままガラクタ箱・・・

    我が家には購入したままガラクタ箱と化してる箱があります・・・ 箱の側面、 更に側面、 コレの存在を知った時は正直、「はっ、何のために要るのこれ?」って 思いましたが、なんか面白そうなのでなんの迷いも無くバイク屋で注文、 バイク屋の子には「ホントに注文していいんですね?」と念押しされたお品 それがコレ、「スーパーカブ用バックステップ」(笑) あれから1年くらい経ったけど未だ新品・・・(´Д`;) で

  • カブ6号機、車体になっちゃった(^_^;)

    最初はココまでやるつもりは無かったのですが・・・ 固着したリアサスのカラーを外すだけのつもりで 始めた作業が・・・ コレが以外にスムーズに外れ、 左は10分も掛からず・・・ 右は20分程掛かりましたが、思っていたよりはあっさり外れました。 ココからワイヤーブラシで軸の錆を取り、グリスをヌリヌリして・・・ 止めりゃいいのにリア周りを組みたくなり・・・ うんうん、いい感じ!(´∀`) んじゃ、フロント

  • 友人のカブ、再生手伝い(冷やかし)のつもりが・・・

    以前、カブの前後タイヤの入れ替えと運搬だけ手伝った友人宅に遊びに行ったら・・・ 手伝うまでもなく、それなりの姿にレストアされてた(笑)

  • カブ6号機用フォークから・・・

    使えないハンドルロックを取り外します。 盗難防止ビスなのでコレを使います。 簡単に取れそうで取れない・・・ 姿勢が悪くてポンチマークがまともに付けられなくて苦労してるの図(笑) どうにかドリルが入ったの図・・・ 穴あけに失敗したためドリル作業を諦め、ここからは貫通ドライバーやポンチを 当ててハンマーで叩いて少しずつ緩める作戦に変更。 で、かなりの時間を費やしてやっと・・・ やっと外れました。 結果

  • カブ6号機の猿人は6v最終型?のモノを使っちゃおう!。

    さて、奇妙なタイトルですが手持ちの6V猿人が12Vハーネスにポン付け 出来そうなので試してみようかと?、 ベースとなる猿人はコレ 6vモデルC50DD2(スーパーカブ50SDX)のノーマル猿人です。 実はこれカブ3号機の予備猿人・・・ さて、この型は6vの最終型?なので6vCDI点火のモデル、配線の色や本数がほぼ 12vと一緒なので上手く行きそうなのでお試しです。 違っているのは接続がギボシかカプ

  • カブ6号機用キーセットをゲッツ!

    コレはさすがにガラクタ箱には無かったので、某オクで即決落札しました。 ホントは純正キーのが欲しかったんですが、値段と相談でコレになりました。 コピーキーってなんか味気ないんですよねぇ?・・・

  • カブ2号機をリトルカブ化する!

    このプランは昨年から考えていました。 コレ、1号機をキャストホイール化した際に 余った純正ホイール ずぅ~っとこのまま置いてあるだけではタイヤがが勿体無いのと、 いま、6号機用のホイールとタイヤを欲しているので・・・ ただ、これを装着する場合、6vと12vのハブ、ブレーキパネル、 ブレーキワイヤー、メーターケーブルが違うのでポン付け出来ない かも知れないので、二の足を踏んでいましたが、やってみてダ

1 2 3 4 5