• オメガの評価アップの犠牲になる新日レスラー

    ある、ブロガーさんが 「なかなかの暴言」 「あまりにもひどい言葉」と、棚橋選手のケニーオメガに対して言った 「品がない」発言に対して嫌悪感をあらわにしていました。 私の感想は、 「品がない?いい得て妙!!」だったので、「世の中いろんな意見があるなあ~~」と、思ってしまいました。 ケニーオメガの最近の試合は、評価が高いことは棚橋選手も認めています。 しかし、その高い評価は、オメガの無茶な攻撃を食らい

  • (続)「品のあるプロレス」を考える!

    (前回からの続きです) なぜ 「三沢、秋山vs ハヤブサ、新崎人生」 は、品のある名勝負になったのか? それは各選手の力量によるところも大きいですが、やはりこの試合が 「全日本プロレス」 の会場で行われたことが、重要になってくると思います。 ごちゃごちゃした(変なプロレス)を許さない品格のあるリング、 (変なプロレス)を許さない観客の目。 そして(変なプロレス)を仕掛けさせない三沢と秋山のプライド

  • 頑張れ!石井智宏❗❗

    今の新日本プロレス、日本人も外国人もスタイリッシュな選手が多い中、独特な無骨キャラクターの石井智宏選手から、目が離せません! 正に    〃昭和の香りがする〃 私のお気に入りのレスラーです。 ごちゃごちゃ手間のかかる技を使わないのが良い! 余計なお喋りをしないのが良い! 入場テーマ曲も良い! 昭和の全日本プロレスで言えば、大熊元司選手の様なタイプでしょうか。 大熊選手はメインイベンターではなく、強

  • 飯伏幸太とケニーオメガ不要論

    昨日、G1の大阪大会を見た。 セミのオメガVS 石井。 人間に掛けてはならない技の掛け合い。 死人が出てもおかしくない試合。 しかし観客大盛り上がり。 嫌な予感。 そしてメイン、内藤VS 飯伏 嫌な予感的中! セミの余韻に引っ張られ ここでも危険技のオンパレード。 頭、首からマットに突っ込む二人。 新日本プロレスのレスラーは、何故 飯伏、オメガの二人に付き合って 危険な試合をしてしまうのか? プロ