言葉のムラゴンブログ

  • 空洞化という認識

    産業が空洞化するように 行動も空洞化する 野生動物は 欲しいものや 避けたいものと 直接向き合っている 仮に 直接向き合わずとも 間を埋めてゆくものが そうたくさんあるわけでもなく 複雑でもない 社会が繁栄して 大きなシステムの中にあって 文化的人間は 欲しいものを システムを介して接しているところがある さまざまな システムに組み込まれた複雑な関係をかいくぐり 欲しいものを手繰り寄せているのだ

  • 言語の表現的還元と意味的還元

    言葉は乱暴だ 「生きている」 この一言で すべての生命活動を丸めこむ 「死んだ」 この一言で 生命活動の崩壊過程を丸めこむ 「考え」 この一言で すべての思考を網羅する 言葉は乱暴だけれど 乱暴だけに とても便利だ ーーーー メモ 「ことば」を還元するのに 2つの方法がある 「こ」と「と」「ば」に還元する表現的還元と 言葉が意味する物事を たとえば 「言葉には主語と述語がある」という風に 整理しな

  • 知の愛し方を探すこと

    物質とその動きは 別々に表現される なぜ別々に表現しなければならないのか? この質問に 哲学の原点の一つを見出せよう 時間に応じて 変化する存在と 変化しない存在の思考的分離だ 現実には 混在しているものを 分離して思考するのだ 数学的には 変数と定数に分離して 変数の性質を思考するのだ この場合の定数を試行するためには 変数であったものを定数にして 定数であったものを変数にして 思考し直すのだ

  • 反応の統制による集団リテラシー

    何かをしようとすると それに反対する人もいれば それに賛成する人もいる 反応は 対象に向かう存在ごとに様々だ その様々を統制して 画一的に反応するようになると 画一的反応をする集団として 秩序が成立する 言葉に同じ意味を感じる集団があり 言葉に秩序が生まれる 「反応を統制せよ」 秩序を希求する声が 世界に響いている ーーーーー メモ 反応をどのように統制するか? これが 秩序の課題だ この課題のた

  • 「あした神があった」を論考してみる

    「あした神があった」 この文章には違和感がある 「あした神がある」 「きのう神があった」 これらの文章が 「あした神があった」を いじめて排除しようとするからなのだろう この違和感があるから 私も 「あした神があった」をいじめて排除する 「あした神があった」がなくなるまで わたしたちは 「あした神があった」をいじめ抜き 排除してきた そしてこれからも 排除し続けてゆくことだろう そのことにより そ

  • 同じになろうとして複雑になる

    それぞれに 足りないものがあり 持て余しているものがある だから ひとりでは頼りない ひとりではやりきれない みんな違って 不平等にできているから なんとか 助け合えるようにできている ーーーーー メモ 無理に 平等にしようとすると かえって 息苦しくなったりする 自分らしさを抑え 普通を演じて 息苦しくなっている 軍隊ではないけれど 世間様が検閲をしている 「普通でない奴はどこにいる」 そんな世

  • 語り得ぬ光は沈黙しなければならない

    はじめに 西山の頂から 朝の光が訪れる やがて 山の麓に光が広がり 私の窓にも太陽が顔を出す 西山を眺めていた私は 振り返り 太陽に向かい 「おはよう」と声を出す 私の正面に目があり このめは私の裏側の景色を見れない だから 裏側を見ようとするとき 身体を動かし 裏側が正面になるように向き直る あらゆる方向が 全て見えるようにできていないから 向き直れるようにできているのだろう もしかしたら 向き

  • 意味不明に意味を授ける

    話したことのない外国語は 意味不明である このような外国語の学習は 意味不明な文字列から 意味を見出すこと作業でもある 猫に小判 小判に意味を見いだせない猫を 小バカにしながら 外国語に意味を見いだせず 外国語は嫌いだといい 使えずにいる * 共通の意味と価値を分かち合い それを利用することにより 新たな価値を生み出して続けてゆく そんなシステムが 様々に存在している 意味の共有により 調和が形成

  • 食べたら運動  『すべては受け手次第で決まる』

    昨日は、仕事で👏パチパチと褒めて頂くことあり、お昼上司がご馳走してくれることになり、ちょっと高めの焼き肉店へ行きました。 上司もあたしもカレー好きなので、焼き肉店のカレー頂きました🎵 お肉はもちろん、ルーが美味しかった✨ そして🍰は、帰り同僚から頂きました。 ダイエット中だし娘達はもういないから、一つだけ頂き🏠で食べました。 ですが…カロリー昼と夜で1200kcal😱 すかさず🏊プール

  • 意味付けにより始まるドグマ

    生物学の思想は 人間であることや所属する国の国民であることよりも 動物であることを忘れては、お天道様に申し訳ない もっといえば DNAのセントラルドグマの恩に報いなければ 罰が当たる そんな感じだ このような汎生物愛の実践が 個々の命の 他の命を犠牲にしてまで生きようとする 貪欲な利己主義により保持されている 愛と利己 この矛盾があるから その折衷案として 様々な生命の営みがある 思想の理想と実践

  • 「令和」に思う

    令和時代が始まる 「令」と聞き 命令と巧言令色少仁を連想した 体裁ばかりの和ばかりでは どこか頼りない 暖かさが育つ時代となってもらいたい ーーーーー メモ 「令和」は 春の情景を描いた万葉の言葉が由来とか 土の中や 固い幹や殻の内側で 懸命に育まれてきたものが 健やかに 現れてくる時代になることを祈ります 長く親しんでゆく言葉である 希望を詰めて送り出したい

  • ニッチローのものまね美学! [腰痛、膝痛、未病専門 宮崎市 笑ごころ整体院]

    ニッチローのものまね美学! [腰痛、膝痛、未病専門 宮崎市 笑ごころ整体院] 宮崎県宮崎市、児湯郡で唯一の膝痛、腰痛、未病専門 笑ごころ 整体院です。 今回は先日引退したイチロー選手も素晴らしいですが、ニッチローさんも素晴らしいのを感じたことを伝えます。 ↓↓↓ イチローよりニッチロー? 整体院 笑ごころは腰の痛みを抱えた方が多くいらっしゃいます その多くの方々は以下のような悩みを抱えていました

  • イチロー選手の熱い言葉! [腰痛、膝痛、未病専門 宮崎市 笑ごころ整体院]

    イチロー選手の熱い言葉! [腰痛、膝痛、未病専門 宮崎市 笑ごころ整体院] 宮崎県宮崎市、児湯郡で唯一の膝痛、腰痛、未病専門 笑ごころ 整体院です。 今回は先日引退したイチロー選手の言葉で感じたことを伝えます。 ↓↓↓ イチロー選手の深いい言葉! 整体院 笑ごころは腰の痛みを抱えた方が多くいらっしゃいます その多くの方々は以下のような悩みを抱えていました 腰関節周囲の筋トレをしても変わりない もう

  • 言語の権威主義

    「今よりもよくなりたい」 「今よりもよくなる」 このような言葉の裏側には それを実現するための 周囲からの支えが必要だ まわりからの 「今よりもよくしてあげたい」 そんな気持ちが沢山あってこその話だ むろん 自分もそんな気持ちになって 周りの人を もっとよくなるようにしてあげることも 含みながらの話でありたい ーーーー メモ 言葉には 言葉に応じて体操してくれる周囲の気持を あらかじめ想定している

  • 信心が身体を形成する

    たくさんの筋肉が 私の体についている 指を一本一本 別々に動かしてみる 動いていない筋肉と 動いている筋肉がある 一緒に動く筋肉を 一つの筋肉として数えることにしてみれば なにも解剖をしなくても 私の筋肉の数を数えることもできるはずだ しかし どの筋肉が動いているかを なんとなくわかっているけれど 確知しているわけではない 私の脳みそは 足とか手とか指を動かしているかどうかを 認識するのは得意のよ

  • 言葉が薫るということ

    NHKーFMラジオの番組に 「きらクラ!」というクラシック音楽の番組がある とても特徴的なことがあって とても気になっている 聴者からのお便りの末尾が 常に「・・・ご自愛ください」だ そんな文化が息づいているのだ 始めのうちは クラシックを優雅に聞く方々は やっぱ、、、なんか、、、気取ってる? と感じていた それでも だんだん慣れてくると 「ご自愛ください」の言葉が素敵なものとなり 無くてはならな

  • 【ヒトの絆とグルーミング】

    こんな日にネガティブについての内容をつらつらお届けします、それが人類の進化を推進させた要因でもありますのでこのブログには相応ですね? 今日は聖バレンタイン氏の命日とも言われています。1分ちょいなので英語の勉強にもなりますよ(⌒∇⌒) あなたは今どれに最も労力を使っていますか?ideas(創造的思考)?events(ニュースの1面記事)?people(あのヒトのこと)? minds=human be

  • 所属変われば品行変わる

    冬になると寒いし 夏になると熱い それぞれの季節に それぞれの苦言を呈しながら 一年が過ぎてゆく 予定調和の中にある苦言は 穏やかだ 予定していないようなことが起こると 穏やかではいられないから そんなことがないようにと お祈りしたり お願いしたりする そんなお願いが通じずに とても異常な状況が 毎年続くようになると いつのまにか その異常も恒例になって 穏やかな苦言でやり過ごせるようになる 予定

  • 「何もしない」「何も考えない」困難

    何も食べずにいると おなかが減って 何かを食べたくなる あえて 何もしないでいても 何かをしたくなって 「何もしない」を継続しがたくなる 同じように 何も考えずにいようとしても 「何も考えない」を継続しがたくなる このような継続しがたきを継続するのも 修行ということだろう なぜ継続しがたいのか? それを考えたくなるのをこらえながら 何も考えず それでも湧いてくる何かに 私は何を語り 何を聞くのか

  • 【名言・格言 決定版!】おすすめ名言・格言ブログ記事一覧 名言・格言たくさん有♪♪

    名言、格言、ことわざ、名文句、名セリフなどを学ぶ前にぜひ僕・村内伸弘が心込めて書き上げた言霊ブログ集をご覧ください。そして言葉の海を旅してみてください。 名言・格言の歩き方 - 365日 年中夢中でやってます(笑) 名言・格言はすばらしい! 名言・格言はうつくしい!! ▼名言・格言 柳田國男の名言!柳田国男自身が民俗学(フォークロア)を説明した言葉 世界遺産 薬師寺 玄奘三蔵院伽藍 - 三蔵法師の

1 2 3 4 5 ... 6