• 音楽とリズム感  その1

     音楽家、単に人間と言ってもいいが、リズム感は大きく二つに分けると、前ベクトルと後ろベクトルになる。  これはジャズなどで言われる、「前ノリ」「後ノリ」と異なる。前ノリ後ノリは楽曲のノリ、これを「ある事象」と譬えれば先駆的と後続の感覚と言い換えられる。  そのノリとは違って、つまり先駆的か後続的かではなく、ベクトルが前向きか後ろ向きかが問題である。  楽曲のノリを「ある事象」と言い換えたとき、対向

  • ハイデガー拾い読み

     木田元の『ハイデガー拾い読み』の中で「へー」と思ったところがありました。  長くキーを叩くのは苦手なので部分的にしか挙げませんので、わかりにくいかもしれませんが、興味を持った方は文庫で500円代の本なので直接当たってみてください。  第二回「実在性と現実性はどこが違うのか」、という項目の中でカントの『純粋理性批判』に残る誤訳の流れで、デカルトにおけるレアリタス・オブイエクティヴァという文章が出て

  • ハイデガーの世界内存在

     伊藤吉之助という人は1918年フライブルグに留学しました。ハイデガーと出会っています。  ハイデガーより4歳ぐらい年上の伊藤ですが、ハイデガーによる個人教授と言いますか、伊藤の下宿先にハイデガーが出向いたので個人授業ですね。  そのころ日本は裕福ですから下宿といっても数部屋も確保している下宿です。もったいないのでハイデガーの授業は学友4人で受けていたようです。  ちなみに同時期には九鬼周造はサル