• 2度目の試験

    2度目の試験、終了しました。 前回は6科目受験でしたが、今回は4科目受験なので、 少し余裕あるかしら?と思ったいましたが... とーんでもない😱 なんやかんやありまして、 むしろ前回よりも 余裕がなかったです。 1日目 ミクロ経済学 改訂があり、今までの傾向が変わるかと思いきや、 そうでもありませんでした。 と、言って完璧にできたわけではありませんが、 及第点は書けた?という感じでした。 でも侮

  • 『市民精神医療』療養から就労まで psychiatrie citoyenne

    『市民精神医療』 リール市で実践されている『市民による精神医療』の具体的な取り組みについて書いていきたいと思います。原文は英語ですので直接お読みになりたい方はこちらをクリックするとご覧になれます。 Community mental health service: an experience from the East Lille, France Roelandt JL, Daumerie N, D

  • 市民精神医療 就労 Psychiatrie citoyenne 4

    今回はいよいよ社会復帰。 経済的社会復帰 適応障害者とのパートナーシップ(職場生活適応センター) Fâches-Thumesnilにある適応センター(CAVA)は、フランスの1901年アソシエーション法に基づき設立された障害者協会です。 経済活動を通じて社会的包括をめざします。その目的は、職業的に排除された人々(最低賃金の受給者、長期失業者)の雇用市場へのアクセスを促進することです。 CAE、補助

  • 熱心にTENGAの話をしてきた土曜日

    さて、今日もいつもの通院日。 増えが2.8㌔ 毎回抜いていた夕食を食べたんでそんなものかと。 「透析終わりにすっごいだるくって・・・」 「夕飯食べないからだよ。夕飯食べなさい」 何の根拠があってそう言うのかわからないのですがマミーにそう言われては食べないわけにはいきません。 血圧 133→142→134→112→118→124 うーん。 まずまず。 除水は前回の残りを足して2.9㌔ 今日の朝もテレ

  • 市民精神医療 住宅(移行期と代替) psychiatrie citoyenne

    第三回めは住まいについてです。 一人一人が自分を大切に暮らすためにはなによりも安心して住まう場所が必要です。 ハウジングファーストもこの考えに基づき実施されています。 リール市では一般市民との接点が様々に工夫されています。 住宅 公営アパートとアパート委員会の自治 市民精神医療において、社会的なつながりを維持できる住まいはインクルージョンの大切な要素です。 社会医療協会(AMPS)は地域社会に溶け

  • 科目試験勉強始めます

    やっと業務上取らないといけない試験に合格しました😂 本当はあと少しで、さらに扱いが違ってくるレベルの合格だったのですが、 まぁいいです😌 遅ればせながら、科目試験勉強始めます。 今回は4科目受験を予定しています。 ミクロ経済学 マクロ経済学 哲学 英語I まずミクロ、マクロ経済学については 過去問を確認してそれに対する答えを作り、 自分でそれなりに書けるようにしなければいけないと考えています?

  • 科目試験の予定変更

    次回、4月の科目試験を ミクロ経済学 マクロ経済学 英語I 政治学 と、前回のブログで書きましたが 政治学を哲学に変更しました。 それは...今日哲学のレポートが合格で返ってきたからです🎊 1月の科目試験は、なんとなくわからないまでも それっぽく書いて不合格だったので、 私、哲学に向いていない...とグレていました😑 でも合格すると、いや...せっかくレポート合格したし...と🥺 いやはやゲ

  • Eスクと科目試験結果

    この2つの話題を一緒にするか❓というくらい久しぶりの投稿です。 まず、Eスクですが、 経済原論と経済史を申し込み、両方とおりました。 7月の試験になるかと思いますが、1科目2万円です。 私にとっては 大金ですので、こころして頑張らねば、と思っています🤔 そして科目試験ですが、 6科目中、4科目がとおりました😵 哲学、ダメでした😑 新経済史も共に持ち込み可の科目でした。 あまり勉強していなかっ

  • 市民精神医療 仕組み psychiatrie citoyenne 2

    今回からはいよいよ中身を見ていきたいと思います。 リール市の市民精神医療のしくみ 1 町に散りばめられた治療プログラムの場 2 急性期の治療と入院に代わるもの 3 回復期をサポートする様々な市民参加のしくみ では、仕組みのなかでも実現しやすそうな町の仕組みから。 リール市の市民精神医療 - 2 1 町に散りばめられた治療プログラムの場 治療プログラムは、6地区全域で芸術、スポーツ、文化など、一週間

  • 市民精神医療 理念  psychiatrie citoyenne

    みなさん、お元気でお過ごしでしょうか? 社会学も2年目に入り嬉しい出会いがあり、また取り組むくテーマも決まりました。 『市民精神医療』 これから数回に分けて『市民による精神医療』の具体的な取り組みについて書いていきたいと思います。原文は英語ですので直接お読みになりたい方はこちらをクリックするとご覧になれます。フランス語に訳して要点をまとめたものがありますので、後ほど別ページに貼っておきます。 Co

  • 言葉遊び~しりとりと科学のルール~

    しりとり遊びは 今にして思うと とても高尚な知的遊戯だ 遊びの場に登場していない言葉を しりとりの場に提供し続けるゲームだ まるで 科学の学会だ 誰かがすでに言ったことを また持ち出すのはルール違反で すかさず 「前に俺が言ったことだ」などと怒られる そうなっては大変と 今まで出てきたものを必死で覚え まだ出てきていないものを必死で見つけるのだ 知識は かようにして ふえてゆく たくさんの人が集い

  • 初めての科目試験

    2019年1月、初めての科目試験を受けました。 今回、業務閑散期ということで、 目一杯背伸びの6科目受験です。 英語Ⅲ レポートを書くのに、一瞬テキスト開いて見ましたが、ほぼノー勉です。 ...が、今回の試験で一番できた予感? 翻訳ですが、懐かしの時事なので2、3単語がわからないものがあったものの、 雰囲気で訳せたかしら?☺️ 哲学 持ち込み可能で、論じる系でした。 一瞬、試験問題開いたときに、間

  • 異動しようか悩み中part 3

    異動しようか悩んでいた件ですが、とりあえず悩んだ部署はやめることにしました。 理由は、希望部署の方にお会いし、状況を伺いました。 私の勉強したいと思っていた領域ではあるものの、 初心者が背伸びしたくらいでは、追いつかないレベルだと悟ったからです。 ...勉強したい、チャレンジしたい気はたっぷりだったのですが、 あまりにも即戦のレベル感が高すぎて、 出来なかったらご迷惑をかけてしまうと思い、踏み止ま

  • 流行っている本

    娘が買って読んでいた本。 いま子どもたちの間で流行っているらしい。 「森のプーさん」の考え方と哲学者ニーチェの言葉は、とても似ているそうで、その二つをシンクロさせたものだそう。 文庫本サイズ KADOKAWA 600円(税別) 「苦しみ悩んだぶんだけ 人の心は強くなる!」 「あなたが何かミスしても、それはあなたの性格のせいじゃない」 「人の話をあえて聞かないというのも立派な能力」 「誰でも自分のこ

  • 思いやりについて

     人は誰でも幸せを求め、苦しみを避けようとしていると思っている(意識しているかどうかは別として)。その目的は違ってもみんなそうだと思う。社会的成功をおさめたい人、家族とともに穏やかに生活したい人、何かの頂点を極めたい人など目的地はいろいろあると思うが、なぜそうなりたいのかというと結局はその目的を達成することが幸せだから、だと思う。よくよく深く考えていくと幸せは心の中にあり、どんな状態でも幸せにはな

  • 人物画「ニーチェ」鉛筆画

    2015年に描いた「ニーチェ」です。 ニーチェの本はよく読んだ方だと思いますが、じつはわたしはニーチェが苦手です。「きれぎれ草」にも少し書かせてもらいましたが、ニーチェの文章には強い感電力を感じてしまい、長く読み続けることが、わたしにはむずかしいです。 この絵は少し悲劇的なニーチェになったと思います。

  • 「物質と記憶」ベルクソン 法政大学出版

    精神と脳との関係は、パラレルではないことを結論づけた哲学史上画期的な論攷です。ベルクソンはこの著作のために長年失語症の研究を行いました。その知見の上で、脳は現実世界に対する注意の器官であって、記憶を司っているのは精神であると述べ、両者は確かに密接な関係にあるが、決して厳密な対応関係にはないと論じます。しかしながら、この複雑極まる論攷を手短に要約することは不可能です。詳細は本書に委せます。ただ、読解

  • 「笑い」ベルクソン 岩波文庫

    重厚で難解な著作の多いベルクソンの中では、比較的軽いと言ってよい論考ですが、ベルクソンの並外れた直観力と鋭敏な分析力が十分に味わえる「笑い」についての卓越した名著です。笑いの本源的な勘所を「こわばり」に見、この一見なんでもないように思える言葉を取り上げ、するどくたくましい分析力によって笑いの本質そのものまで浮き彫りにします。読者はこの書物の至る所で思わず知らず屈託のない笑いに誘われることでしょう。

  • 「ソクラテス」田中美知太郎 岩波新書

    田中美知太郎はギリシア哲学が専門の哲学者です。この人は、実のところ、ソクラテスにしか本当の興味を抱かなかった生まれながらの哲学者だった人と言っていいでしょう。プラトンの著作の数多くの名訳があります。剛直な論理の使い手で、西洋哲学を自分のものにするためには、三段論法を本当にしっかりやらなければならないと強調します。ソクラテスのもっとも大きな美点に比喩の天才を見るところは、田中美知太郎ならではの慧眼と

  • 生きる意味及び意義とは何ですか?(中略)→(結論)ヒト・人間・人類は消失、滅亡、絶滅するべきだと思います。(続き-2-)

    生きる意味及び意義とは何ですか?(中略)→(結論)ヒト・人間・人類は消失、滅亡、絶滅するべきだと思います。(続き-2-)   shikanneiko   「ヒト絶滅、全人類滅亡消失、無人化、へ…の説得・提言(・勧誘引導(導引))」   (※註 記載致しました内容に就きまして…。) 何たる不謹慎と警戒心-憎悪感情を御抱き?滅亡-絶滅イコール悪-わるい、の先入観念。否、思考の囚われ-構え-かたさ-強張

1 2 3 4 5 ... 7