• 驕れる者は久しからず

    http://ameblo.jp/dlrkdnjs0510/entry-12128346560.html 上記の記事によると、幹部たちが悔い改めて、亨進様の祝福を受けにいっているようです。 お父様が役事されているのでしょう。 これからどんどん多くの幹部たちがサンクチュアリー教会に向かうでしょうね。 「先のものが後になり、後のものがさきになる。」「麦と毒麦が分けられる」「羊と山羊がわけられる」 など

  • 鉄のラインバレル 23巻

    鉄のラインバレル 23巻を電子書籍化。表紙に人民の人民による人民のための…と言った人に似てますが別人です。今巻で数年行方不明だった主人公が帰還し、人類に敵対していた意志ある機械のヒトマキナから真実が語られ、一気にストーリーが進みました。物語の舞台は西暦 2023年だが、本当は2052年に人類が滅亡しヒトマキナが人類を作り直しもう一度やり直した世界で、本来の世紀は2712年。ヒトマキナは本来人間の敵