切支丹大名のムラゴンブログ

  • 近江日野の戦国武将 蒲生氏郷公

    昨日(3月17日)は、近江日野生まれの戦国武将 蒲生氏郷公の命日でした。 織田信長にその器量を認められ、信長の娘婿となったお人。 信長亡き後の天下人 羽柴秀吉が最も怖れた男 の一人。 家康を京の都から遠く離れた江戸に国替えさせ、更に家康と伊達正宗を監視・牽制するという名目で氏郷公を会津若松に国替え...。 そんな氏郷公の辞世の句です。 かぎりあれば 吹かねど花は 散るものを 心みじかの 春の山風