• 腸とドグラマグラ

     腸は第二の脳と言われています。ときには脳の指令なしで腸が判断して動くらしいです。  そうなってくると夢野久作の『ドグラマグラ』が表示したことを想起します。脳がすべてを支配しているのではなく、末端の神経なり細胞が独自に判断を行なっている、と。  逆に腸から情報を脳に伝達する関連性もあるようなのです。  現在腸は水素を発生して活性酸素を減らすなどと言われていますが、それも一つの可能性でしょう。まあ、

  • ドグラマグラ   黒死館殺人事件

    日本文学史に残る奇書『ドグラ・マグラ』を見事に映画化!待望のDVD復刻!  『ドグラマグラ』は83年に角川文庫で読みました。 小栗虫太郎 "黒死館殺人事件" Acid Sugar Cublic CUTNOVEL  こちらの黒死館殺人事件のほうは途中で挫折しました。ぺダンチックについてゆけなかったのです。でも中編のタイトルは忘れましたが教養文庫を山形旅行に持っていって読みました。  なんで山形に行っ

  • 竹中英太郎

     竹中英太郎は明治39年12月18日生まれ。竹中勞は彼の息子。  『陰獣』江戸川乱歩  すごいインパクトですね。この絵は見覚えあります。  お金に余裕があれば乱歩もこういう挿絵の本を揃えたい。  あと夢野久作の作品とかの挿絵も描いていました。  ペヨトル工房の『夜想』って雑誌は夢野久作と竹中英太郎の特集だった号は衝動買いしました。もう長年見ていないので中身は忘れましたけど。  週刊朝日の表紙。