夫婦のムラゴンブログ

  • 『すぐ死ぬんだから』内館 牧子著で考えたこと

    内館 牧子さんは『終わった人』で男性の定年後の悲哀を描いて、映画にもなったりご存じの方が多いと思う。 『すぐ死ぬんだから』は、長い女性の老後を考えさせる話でNHKのドラマ(綺麗な三田佳子さん主演)をご覧になった方も多いでしょう。 78歳の忍おしハナは、60代までは身の回りをかまわなかった。 だがある... 続きをみる

  • 病気疲れ

    毎日熱が続いてるせいか疲れてきました。 昨日受診して入院かどうか決まるはずだったのですが、また血液の培養することになって先に延びました。 最初の血液の培養検査の結果、血液の中に菌があってそれが悪さをしているのが確定したのですが、酷くなるとなかなか厄介なものらしいのでいろいろ検査をしてもらいました。検... 続きをみる

  • 後悔

    凄くネガティブな内容なので、お嫌いな方は読まないでください。すみません。 熱が下がらないので入院も覚悟しているのですが、気になったのはやっぱり入院費です。 大部屋を利用するのが一番安上がりなのは分かっていますが、大部屋で過ごすのは不安しかないです。 鬱に不眠症に不安症。病院の長い夜をずっと寝ているこ... 続きをみる

  • とりあえず1発目

    私の仕事、休みは週1、平日。 結構ちゃんと仕事はしてる、けど収入で負けてる。 昨日の夕飯のごはんは私だけ冷凍してたごはんの解凍。 なんか「ダマ」になってるし、ボソボソしてる。 まあカレーだからルーでごまかして食べる。 生活費(食料費や光熱費、携帯代)は私が払っているのに、 なぜに??

  • 初デートからもう7年?!!

    昨日は私と相方が初デートした日でした! 7年前の昨日交際がスタートして今に至ります。 もう私が初めてイギリスに来た時から7年も経ったなんて(゚д゚)! ボランティア時にお世話になった人たちとももー7年も前のことだなんて信じられない!!2、3年前のように覚えてるわーって話してました(笑) 未だに相方は... 続きをみる

  • 『結婚するということ』

    現在独身の方へ。少し嫌な話になるかも知れません。でも非常に大切な話をします。巷では『結婚はゴールイン』であるという表現をよく目にします。 『結婚するということ』 ごめんなさい、結婚はスタートであってゴールではありません。そして結婚式はこれからの夫婦生活や、やがて訪れる子育てへの決意表明の儀式です。恋... 続きをみる

  • じいさん、アンタのことだよ!「つもり十訓」😅

    夫じじの机の上に、置いてある「つもり十訓」 多分、どこかで頂いて、読みもせず放置❓ なかなか良いことが書いてある。 私ばばも、思い当たるかも⁇ 年を取ると、変に自信がついて? 反省を忘れがち⁉ 確かに、家の爺さん、夫じじは、自信満々?(笑) 自分が偉いから、何でも上手く行っていると思っているらしい?... 続きをみる

  • 相談その3

    書類系はまずいので、ひとまず事務所のいらんデカブツ類を持っていってもらうことにした。 本とか機械が少し減れば、なんとかやれるだろう。 がんばる

  • 相談その2

    税金関係の相談をしてきた よりややこしくなった 明日は片付けの業者さんとの打ち合わせ なかなか大変

  • お盆に偲ぶ、両親のこと🎐

    息子のマンションのエントランスのアートフラワー 故郷は旧暦8月がお盆なので、両親のお墓参りに行きたい。 だが、このコロナの急増と、緊急事態宣言で、行くことはできない。 仕方ない。 せめて、沢山、想い出をたどって、心の中でお参りする。 私の両親は、享年100歳と98歳、揃って長寿を全うし、 ほぼ同時に... 続きをみる

  • 相談その1

    私の実家のことで1つ、夫の親族のことで1つ、相談してきた。 どっちもめんどくさそうな感じ。 明日は午後から。 大変だなぁ…

  • 瀕死

    夫が あの  病室で あの  ベットで 息を  ひきとった   瞬間から 毎日  その瞬間を想い出さない日はない。 苦しくて 悲しくて けれど それを私は  忘れない それが 愛する夫への 妻の私だから 忘れられない ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー あれから数年に渡り 私は瀕死状態になった... 続きをみる

  • ほっとする

    計画がうまくいくと少しほっとする 明日もぼちぼち計画立てたので、うまくいくといいな 疲れても、甘えられる夫がいないことだけが、つらい

  • 電話

    電話してあちこちのアポ取り、連絡等をした。 人の声が聞き取りにくい体質だから、電話は苦手だけれど、なんとかできた。 今月内には粗方のメドを立たせたい。

  • お盆休みと心の平安

    こんばんは! お盆休みに入った人たちも多いですよね。 先週の土曜日に・・・ 旦那さんから『今日から盆休みやで!』と言われて はじめて気付く💦 今日は何日? そうか・・・ 仕事に集中し過ぎて、すっかり忘れていた。 とりあえず・・・旦那さんのために過ごすかな。 いろんな事がどんどん変化していく中で と... 続きをみる

  • 新盆終り

    ひとまず新盆は無事に終わった。 後は、49日を済ますのみ。 書類整理とか遺品整理とか山ほどあるけど 、昨日今日はどうにもつらい。 少し休む。

  • 新盆

    少し早いけれど、明日、新盆を行うらしい。 今日はその準備をしてきた。 お供え、お花を新しくしてきた。 バタバタしてて、事務所は何日か触ってない。 ごめんね。

  • 罪悪感

    色んな罪悪感を夫に対して持っている。 死なせてしまったことにもそうだけど、 食べること、楽しむこと、も。 好物が似ていたから、余計に。 ごめん、1人で食べてしまって。 明日は義実家の手伝いに行く。

  • こまごまこまこま

    書類整理のヤル気がどうにも起きず、私的な方の解約等の手続きを何件か。 それでもなんか疲れるのはなんでかな。 でも、なんとかやってるから大丈夫。

  • 1ヶ月

    1ヶ月経ってしまった。 夫がいなくても、生きている。 その事実に嫌悪する。 心残りを気にして殉ずることのできない私自身。 せめて49日をどうにかしてから考えよう。 実家のご飯もお花も変えた。 後はお盆の準備。 明日は税金払って、少しゆっくりしよう。

  • 夫婦って

    夫婦って 1人では 生きられない 人と人が 寄り添うこと なのに 寄り添わない 夫婦がたくさん 旦那と寄り添わない妻 妻と寄り添わない夫 他人と寄り添う妻と夫 それでも夫婦❓ 夫婦なんだ😰 バランス感覚 JPクッションK500青【運動用品/レクリエーション】

  • ふてくされそう

    近所の人に、「実家帰るんですか?」と訊かれた。 帰るのはやぶさかではないけど、何であなたに答えなきゃいけないの? そもそも、事務所の片付け何にもできてないのに、どうしろっていうの? 少しやさぐれそうだ

  • 原点に戻ることにしました。

    ブログを始めた 原点 それは 夫との死別の悲しみを書き綴りたいと 思ったから。 夫との永久の別れから 13年経ったけれど まだまだ 悲しみは 癒えなくて よけいに 悲しみが 強くなることがあって 心の奥が 淋しさで いっぱいになり 自分だけ 歳を重ねる淋しさは 増々大きくなって 一人だけ 取り残され... 続きをみる

  • 千里の道の一歩

    できる部分の書類整理を始めた。 明日は看板撤去の業者さんに来てもらう予定。 夫を少しずつ消していく罪悪感。 申し訳ない。

  • かえるばしょ

    今の家、実家、場所はあるけれど 私が帰るのは、夫の元しかない。 夫の懐に帰りたい。 迷子の私を、早く迎えに来てほしい。

  • 何もしない日

    午後から車を点検に出さなきゃいかんので、今日はついでに何もしない日にした。 ただぼんやりと、夫を思う日。 どうしてるかな? そっちで、お供のぬいぐるさん達と仲良くしてるかな? 遠いおともだちのところには行った? お世話になった社長さんのところは? 49日までまだ時間あるし、 たまに家に戻ってきてもい... 続きをみる

  • ひとりぶんに迷う

    例えば、 少し大きめのお風呂にお湯を張ること。 ひとりしかいないのにエアコンを付けっぱなしにすること。 しんどいときのご飯。 2人なら相談して決めてたのになー

  • したくないったらしたくない

    夫の仕事の看板を撤去せねばいかんのだけれど したくない… でも、廃業するんだからしかたない… でも、したくないもんはしたくない… するけど! 申し訳なさとか罪悪感がすごい… 自分で撤去するわけにもいかないし… 業者さんにお願いするんだけど、 手を下していく、手を入れていく、 この感じはイヤだなあ… ... 続きをみる

  • 終活

    配偶者が死んだら、親が死んだら、子が死んだら、きょうだいが死んだら、 考える猶予なく、亡くなってから3日くらいで焼かれてしまうのです。 そして、亡くなった瞬間から遺族なのです。 ある程度落ち着いてお別れするためにも、遺族が先を考えていくためにも、 終活しませんか… 愛しているからこそ、してほしいなぁ... 続きをみる

  • 冷静に

    冷静に、理性的に考えれば、 事務所の後始末をしながら、まず仕事を探して、勉強しながら資格取ったりしつつ、できる範囲で義実家の面倒を見つつ、しっかり寿命を全うする。 というのは分かってるんですよ。 けれど 感情が、精神が拒否するんですよ。 そんな未来いらん。 考えたくない。 と。 どちらに傾くか、折り... 続きをみる

  • パニック

    やらなきゃいけないことがたくさんあると、パニックを起こしてしまう。 重要なものはほとんど終わったけれど、今からまだまだしなきゃいけないことがある。  なるべく早く、今すぐにでも、夫のところにいきたいのに。 どうにもならないことばかりで、気が急いてしまう。

  • 泣けてくること

    夫が好きだ。恋しい。愛しい。 いなくて悲しい。寂しい。 夫にキスしまくるのが日課だった。 くちびるに、頬に、額に、指に。 いつでも触れていたくって、 仕事の合間に抱きつきにいった。 寝てる懐に潜り込んで、あやしてもらうのが好きだった。 LINEでひたすらかわいいスタンプを送り合うのも好きだった。 く... 続きをみる

  • 予定を立てる

    夫が生きていた頃は、夕ご飯の後、お風呂の後、寝る前なんかに、明日の予定を立てるのが日課だった。 今は、1人。 あちらへの挨拶、こちらの手配、中1日はさんでそっちの手続き、前なんて向かなくても、惰性で… そう、惰性でしかできない。 すぐそこに夫が座ってるような、寝室で寝てた、と下に降りてきそうな、現実... 続きをみる

  • 今すぐにでも

    ぜーんぶ放り出して、夫と同じところへ行きたい 行けなくても、夫のいない現実から消えてしまいたい

  • 明日から

    先週までに急ぎの件は済ませたので、 挨拶含めて4件ほど片したい。 それが終われば、9割書類整理だけで済むはず。 しんどいのは、 1人で事務所にいると、心臓がドキドキして息苦しくなることだろうか。 でも、私しか出来ない。 書類整理を終わらせたら、やっと遺品整理…かな。 先は長いよ、我が夫さん。

  • 計画的に

    仕事の後始末、家の片付け、相続の手続き、 済ませられることを済ませてしまおう。 後に残ってしまうものが少ないように。 なんとなく、そう決めると、少し楽になれた。 少しずつ手放していこう。

  • 仕方ないこと

    仕事の後始末もあったから、ゴミの回収屋さんに来てもらった。 ポッカリと空いてしまったスペースがつらい。 うまくいくかは分からないけど、 少しだけ心に決めたことがある。 ひとまずは、夫の49日をしてあげること。 その後は未定。 それだけでいい。

  • 宿業?

    誰を彼をも見送って 遂には番まで見送った 前世でどれだけの悪行をすれば こんな宿業になるのやら ほとほと疲れてぐうの音も出ない そろそろ私もお開きにしたいもんだ なぁ、夫さんよ ほんと連れ出してくれないなら こちらから行くよ なんだか少しそういう気分の夜。

  • たいせつ

    私はあなたを大切にできたのかな? 結婚当初より今の方がもっと大きな存在にはなっているのだけど。 いつ離婚するかと思ってて、そのうち思わなくなって、 ずっとずっと一緒にいたい、一緒にいる、と思えた人だから。 自分中心だったよね、しんどくなかった?? ごめんなさい。 最期の日まで、本当に至らなくて。 あ... 続きをみる

  • 相談相手はもういない

    夫が亡くなった時点で無職なわけで。 今から資格取るとかあんまり考えてなかったけど、 どうしたらいいんだろう、と。 1番相談したい相手がいない。 荒稼ぎしたいわけじゃなく、日々つつがなく過ごせたらいい。 着地点が見えない。 ねえ、どうしたらいいかな?? せめて49日までは 何も考えずにいたいよ…

  • 毎朝

    目を覚まして ため息をつく 夫のいない日がまた始まってしまう 父よ母よ こんなに頑丈に作ってくれなくても良かったんじゃないかな と八つ当たりしてしまいそう

  • いつまでもつか

    つくづく実感したことがある。 生きるだけなら1人でもなんとかなるけれど、 生活するのは、もう1人では無理だ。 夫のいない時間ほどむなしいものはなく、 これを後何日、何週間、何ヶ月、何年、過ごさなければならないのかと思うと、絶望する。 元より、夫と一緒だから生きていたのであって、1人だけならたぶん実家... 続きをみる

  • 思いつくままに

    母を、母方の祖母を、父を、亡くしてきて、親族の死に慣れてしまったのかもしれないと思っていた。 結婚して、父方の祖母を、祖父を亡くしても、やっぱり同じく。 けれど 夫を、自分の生涯でこの人だけ、と思った人を失うことは、 なかなかに、重い。 1人の環境には慣れるけれど、開いた穴は塞げない。 それでも、1... 続きをみる

  • 天涯孤独。

    頼る相手なんかいないから お仕事のことなんか特に お任せできるようなものでもなくて 家の方だってそう だから 薄情だのなんだの言われても 私がやらんとあかんから 夫があちらでめちゃくちゃ心配しなくていいように 「まぁ、大丈夫なんじゃないかな」くらい 言ってもらえるように できるのは私だけなんやから ... 続きをみる

  • 思い出ーお風呂

    夫とは体調に問題なければ、大体一緒にお風呂に入ってた。 洗いっこはたまに。 普通に話しながら、夫が髪と体を洗って湯船へ。 私はドア近くで待ってて、夫が湯船に入ったら、髪と体を。 のぼせやすかった夫は、先に出てしまったけど、 洗面所から 「どうだい?ゆっくりしてね」と声をかけてくれたり、イタズラで覗き... 続きをみる

  • ありがたい

    お仕事を中断ぜざるを得なかったお客様から、お礼に桃をいただいた。 皮を剥くのが苦手で果物はあまり食べなかったけれど、お供えだったら食べられるだろうか。 私は半分に割ってスプーンですくって食べた。 美味しかったね、と一緒に話したかった。

  • 驚いた

    夢に夫が出てきた。 「大好きだよ」と一言。 そこで目が覚めてしまった。 夢を長いこと覚えておけないタチだから、はっきしないけど。 きっと言ってくれた。 出てきてくれるなら先に言って…とはできないか。 ありがとう、私も大好きだよ。 できたら、また出てきてほしいな。 無茶じゃない程度で。

  • 難しい

    夫の同業者さんで都会にいたときの年上のお友達。 すごく気を遣っていただいてるのだけど、やはり私とは距離が違うので、なんか気疲れしてしまう。 ありがたいんだけどなー ちょっとしんどいなー

  • からっぽ

    夫の仕事は毎日少しずつでも片付けられるところから片付けていってる。 遺品整理も、そこまで価値のあるものは少ないから急いで処分したりするものもない。 他の手続きも一つ一つ進めてる。 けれど。 対価を得る仕事をしてないからか、 夫を亡くしたせいか、 空いた時間がむなしい。 いっそ、就職に向けてハロワでも... 続きをみる

  • 抵抗あるものないもの

    夫のベッドに寝そべるのは、あまり抵抗がない。 たぶん、亡くなる前も占領してたから。 でも、夫のパソコンを触ったり、夫の椅子に座るのはすごく抵抗がある。 亡くなる前にもしたことなかったから。 触らなきゃいけないときは触るけれど、それ以外はそのままにしていたい。 少なくとも今は。 落ち着ける日が来たら、... 続きをみる

1 2 3 4 5 6 7 8