• おうちの設計(6) 断熱と遮熱

    住宅の省エネ性能について、断熱材の構成などは確認はしましたが、一部を除き標準構成のままとしました。 標準仕様は以下のような感じでした。 1.外気に接する壁の断熱材は、t90 熱抵抗値2.4の製品 2.外気に接する天井の断熱材は、t155 熱抵抗値4.1の製品 3.外気に接する床の断熱材は、t80のMSフォーム 標準仕様で断熱等性能等級4を満たしていると思われる。 マンションにお住まいの方が、念願の

  • おうちの設計(5) ドア・サッシ編

    我が家の土地は準防火地域のため、サッシの選択肢はあまりありません。 悩みに悩んだ結果、LIXILの防火戸FGとしました。 ※SAMOS IIの防火版です。 YKKのAPW330(防火戸FGに比べ1.5倍くらい性能が良い)は気になっていましたが、大幅コストアップは避けられず、また欲しいサイズがラインナップにないため、妥協した結果です。 LIXILの緑がかったガラスより、YKKのミラーのような青みのあ

  • おうちの設計(4)

    3Dマイホームデザイナーを使っているのは以前に書いたとおりですが、注文住宅を建てる上では、本当に便利です。 ほしい建物がどのような感じになるのか、ほぼイメージが掴めます。 あまりにも拘って作り込んだため、建築屋さんに「出来が良すぎます。ここまで作ってくる人は、そういませんよ。」と言われてしまいました(笑) 平面図から、自動的に立体化させて、テクスチャを貼り付けるとこんな感じになります。 室内側もこ

  • 建物仕様の打ち合わせ(3)

    要望には「オーディオを聞ける環境にしたい」という項目もありました。 しかし、残念ながら防音設備を導入するほどの予算は、我が家にはありません。 あくまでも、ローコスト住宅ですから… 予算内で可能な範囲での対策となります。 良い結果がでるか別として、響きそうなところは、素材の重量を増すという方向にしました。 具体的には、剛床工法の下地は標準で24mmでしたが、28mmへ変更。 LDK東側と南側および天

  • 建物仕様の打ち合わせ(1)

    要望を盛り込んだ見積をいただきました。 榮彩建設さんのホームページには「注文住宅は、とかく予算オーバーしがち。でも理想の家を建てたい!榮彩建設は、そんなお客様のご要望にお応えします。」の説明には、偽りありませんでした。 いくつか気になる点を上げると・・・ ぱっと見て少々費用がかかるなと思ったのは、やはり土地が影響しています。 そう、例の崖です。(単なる段差ですが、法律上は崖だそうです) 西側の崖

  • 榮彩建設さん

    2つ前の記事に書きましたが、信南のABさんが「榮彩建設さん」へ話を聞きに行きませんか。ということで行ってきました。 それは、私にとって、まさに「渡りに船」でした。 話を聞きに行ったつもりが、盛り込んで頂きたい仕様の話まで、本当に細かいところを除くほぼ全ての仕様をお伝えしてきました。 今までの感触からして、ここにお願いすれば、ほぼ全てが実現できる。という感触を受けました。 (かなり長い打ち合わせで

  • ハウジングプラザを見学(2)

    レオハウスさんから、見積が出来たとの連絡。 ハウジングプラザにあるレオハウスさんに行ってきました。 坪単価はかなり安価なのですが、仕様の注文が多すぎたのか予算オーバー(汗) やはりコスパ重視で建てようとするのなら、ハウスメーカではなく工務店や建築会社にお願いしたほうが良さそうだ。ということもわかりました。 その後、3つの建築会社さんや設計屋さんとも打ち合わせを行いましたが、どうも決め手がない状況。