• 夏の思い出〜山梨旅行

    今日は早起きして、旦那さんと山梨へ日帰り旅行に行きました! バスツアーです。 お天気に恵まれて、富士山も近くで大きく見えました。 まずは、鳴沢氷穴を見学。 富士山が噴火して流れた溶岩でできた 自然の冷蔵庫。 場所によりとても低くて中腰で歩く ところもあり、ヘルメットをかぶります。 氷が溶けない寒さ。 だんだん寒くなり、外へ向かうにも人が多くて進むのがゆっくり、、^^; 以前友達と行ったことがあった

  • 本棚の片付けに、これほど手間取るとは・・

    このようなものがですね・・・、 ここに入っていただけなんですけれども、 サッとほこりを払って拭いて、いらないもの、古いものを捨てて、 整理して並べれば終わりと、はじめは簡単に思っておりました。 それが、実際手に取ってみると、 子ども達の、アルバムだとか、母子手帳と、それに付随する注射の記録とか なにやらその時は大事だと思ってたはずの、メモのようなものがわんさか出てきて、 いちいち確かめないと、捨て

  • 音楽教室の思い出

    自宅の一階で、子育てしながら音楽教室をしてました。 毎年恒例の発表会の写真です もうすでに、IT企業で営業、技術者採用の面接等で 頑張りながらの発表会でした 大変だったなー 家族みんなの応援で開催し続ける事ができました。 息子のダイ、甥っ子姪っ子(ショウ、モモ)も 参加してます。 友達に教室を手伝って貰いながらでも7年は続けましたが 仕事に集中する事で 生徒に申し訳ないと 全ての生徒を友達にお願い

  • 浜降祭

    おはようございます。 暑いですね! 今日は「浜降祭」の日です。 と行っても隣の町ですが・・・ 今はもう、とても行く元気はありませんが、だいぶ前のこと 鎌倉からのナイトウォーキングに参加したことがあります。 鎌倉の駅前から暑い夜の街をゾロゾロ 海岸をゾロゾロ ん? 浜にはカップルも・・・ どうみても、あれは・・なんちゃらかんちゃらと喋りながら歩いて 江の島を過ぎて辻堂海岸につくころには夜が明けてきて

  • 寂しいです

    こんにちは この度の豪雨により亡くなられたみなさまの ご冥福を深くお祈りいたします。 また、甚大な被害にただ茫然の思いとともに お見舞いを申し上げます。 一日も早い復興をお祈りいたします くおんじめいこさんのブログで、 俳優の加藤剛が亡くなられていたことを知りました。 加藤剛さんは 私の青春時代の憧れでした。 ご冥福をお祈りいたします。 以前書いた記事にあるように、私の家は松竹撮影所のすぐそばにあ

  • ソレイユの丘・・・思い出

    おはようございます。 雨が降るのか降らないのか 湿気むんむんの朝です。 ・・・ふと、思い出したこと・・・ 大分以前のことです。 ある掲示板でお散歩サークルに入っていました。 好きですね( ´艸`) その方たちと三浦半島にある「ソレイユの丘」に行った時のことです。 台風一過のその日 素晴らしく晴れ上がった空 岬の公園は潮風が気持ちよく 暑いのをのぞけば 楽しい散歩でした。 トイレに入った時 一人のお

  • 懐かしい思い出

    探し物をしてると 懐かしいものが出てきました。 高校時代のユニホーム。 当時付き合ってた年下の彼女が縫ってくれた 背番号 3。 部活終わりに一緒に帰った帰り道、 照れ臭くて、会話も弾まなかった苦い思い出.. 卒業して、 遠距離恋愛の末、一旦別れてしまったけど 仕事を辞め稼業を手伝うことになり、 地元に帰って来ることで再会。 何度か一緒に遊んだりしたけど、 なんか昔と違う感覚.. 大学生になり、すっ

  • 内職物語

    今日も雨です。今日は少し蒸し暑いです。 家の中でじっとしていると、ほんと私って怠け者なんだなって思います。 若いときは地方公務員だったけど、結婚した時に仕事はやめました。 思えば勿体ないはなしです。 その頃は結婚したら仕事はやめるようにって、義父母に言われて ま、そんな時代だったんだけど・・ それでも小遣いは欲しいから、いろいろな内職をしました 一番良かったのは 学力テストの採点 赤鉛筆で丸付けし

  • 365カレンダー

    インスタでちょくちょく見かけている、365カレンダー😊 わたしは、こういうのにかなり疎くて いつも出遅れてしまう🤭 だから、今回も この365カレンダーを知っても 見届けていたんですが💡 ビションフリーゼ友達の マッシュくんママさんからこのお誘いが来て エントリーするきっかけを作ってくださいました💕 わたしがエントリーする時は、すでにもぅ13枠しか無くて、当然トノとウタのお誕生日の枠も他の

  • ブログで人生を記録に残せる。

    ブログを始めるとあなたは!? ブログの語源は Web Logです。 インターネット上(Web上)の記録(Log/ログ) 。 Web Log = ウェブログ。略してブログです。 ブログは生きた記録、記録に残る貴重なデジタル日記です。あなたはブログに自分の気持ちや迷いながらも頑張ってきた人生や半生の軌跡を貴重な財産として正確に記録できます。 「私のブログは私の残された人生(付録の人生)の記録です」 残

  • (思い出)ぶらり秩父旅.8「天空のポピー」

    /2016/05/14(土曜日) “のんびり.ぶらり秩父旅“ 最終日。 天空のポピーに! 昨日入りそびれた「星音の湯」で午前中を過ごして午後、 シャトルバスを乗り継いで着いたのは、標高500メートルの高原牧場。 出迎えてくれたポピーは、3,4分咲き.でした。 丘に登って、来た道を振り返ります。 「男は殆どいないな、」 「そうね、女の人のお供で来た人だけね。」 山々に囲まれた草原は、 時々風が吹き抜

  • (思い出)ぶらり秩父旅.7「星音の宿.ばいえる」

    二日目の宿は、 「星音の宿.ばいえる」 チャペルもある、手軽なプチ.リゾートホテルです。 お部屋は和洋室で、 小さな露天風呂付。 HPからの予約特典で、二日間有効の、隣にある日帰り温泉「星音の湯」の無料券が2回分付いていました。 (夕食後に一度、チェックアウト後にもう一度、かな?)と、 今回は温泉が楽しみです。 まずはホテルの温泉に。 秩父の山々が遠くに見える露天風呂。 夕食は、和洋折衷でした。

  • (思い出)ぶらり秩父旅.6「行きつけなかった美の山展望台」

    和銅黒谷駅に戻る道、 「早めに宿に行って、温泉入りましょう、」 と言いながら道端に、“美の山山頂“ の標識を見かけました。(山頂にある展望台までは30分ほどです。) 「展望台まで、行ってみようか。」と、山道に入ります。 「山頂まで1.4㌔」「1.3㌔」「1.2㌔」標識を頼りに登ります。しばらく行くと、急坂と平坦な道に分かれていました。標識は見当たらず。 ?と、立ち止まり、 「展望台はこちらだろう、

  • 昨年のグアムな思ひでグルメ♪

    皆さ〜ん♪♪4日ぶりぶり おひさ━━━ヾ(●´Д`)人(´Д`●)で━━━す!!! 今日も♡にゃおにゃお♡に 愛(会い)に来てくりて❤ありがとん❤ *.+゚★☆感(⁎ᵕᴗᵕ⁎)謝☆★゚+.* うちのお庭の石楠花も満開ですよん♡ 本日は札幌、お昼の気温は28℃らしく 超絶、お天気モッコリ晴れ晴れ♪♪ ♪♪ウヒョヒョ(*´•v•≡•v•`*)ウヒョヒョ♪♪ 香港旅行まで後、僅か。 計画や旅行準備がまた

  • (思い出)ぶらり秩父旅.5「聖神社と和銅遺跡」

    “のんびりぶらり秩父旅“ 二日目。 和銅黒谷駅のホームには和同開珎のモニュメント。 駅から歩いて五分、聖神社に着きました。お金に不自由しないと言われている銭神様です。 ここはパワースポットのようで、足元から、ジンジンとエネルギーを感じます。 無人の境内には、御守りが数種類あり、返納箱も用意されていました。和同開珎の小銭の入った御守りを買いました。 ムカデが一杯いましたよ。 立っているだけで、手にも

  • (思い出)ぶらり秩父旅.4「秩父の優しい神様」

    /2016/05/13(金) “のんびりぶらり秩父旅“「二日目」 朝食を済まして早々に、チェックアウトを終えました。バス停への道歩きながら、 「絶景だったわねぇ‥、」と、武甲山の見える風景を振り返ります。 今日は、秩父の神様に会いに。 「秩父祭り会館」で、バスを降りました。 (http://www.chichibu-matsuri.jp/) 写真は、吹き抜けのホールにある、秩父夜祭で使われる屋台と

  • 「あめふりくまのこ」

     おやまに あめが ふりました  あとから あとから ふってきて  ちょろちょろ おがわが できました  いたずら くまのこ かけてきて  そうっと のぞいて みてました  さかなが いるかと みてました        ・        ・        ・        ・        ・  なかなか やまない あめでした  かさでも かぶって いましょうと  あたまに はっぱを のせました

  • くわの葉

    小学四年生の時、教室でかいこを飼っていた。 大きめの水槽? か虫かごの中にくわの木の枝が入っていて、かいこ(幼虫)が葉を食べていた。 大きな芋虫なんだけど、葉っぱを食べるさまがかわいくて休み時間は、ずっと眺めていた。 そして、学校の帰り道、くわの木を見つけた。 毎日かいこ&くわの葉を眺めていたから、一目でくわの葉だとわかった。 「かいこいるかなぁ?!」 大きな木で、かいこがいるかどうかはわからなか

  • ぐるナイハクション女王コンテスト

     久しぶりの更新です。  自分が大学生のころ何気に新聞のテレビ欄を見てると、「くしゃみ美女」という番組名があったのです。正確には番組名はぐるぐるナインティナインでその内容に書かれてたことなのですが。今でこそナインティナインは吉本芸人コンビの代表格となっていますが、当時はまだそこまで有名ではなかったと思います。このぐるナイもごちバトルとかはまだなく、ゴールデンに進出する前、私の住んでいた地方では深夜

  • (思い出)ぶらり秩父旅.3「民宿すぎな」

    秩父駅からバスに乗り30分。バスは自然の中を走ります。 ミューズパークのその先にある「民宿すぎな」は、 大当たりの宿でした。 運が良ければ、雲海が見えるこのお宿、 かっては、接待用の料理旅館で、一泊3万円以上。 秩父で一番高い宿だったとか。 そこを買い取って、 一万円札でお釣りがくる、民宿としてオープンしたそうで、(なるほど~、)と思わせる、地味~に見せかけた、良質の木造建築です。 玄関から風格が

1 2 3 4 5 ... 9