• Win10とRemix OS 2.0の魅力を一度に――コスパ最強なChuwi Hi 10 Plusのレビュー

      もうすぐクリスマス。今年も一人で送れルようです。でも、Wi-Fiとスマホ、タブレットさえあれば、まあ、さびしくないわ。   クリスマスが近づいているとともに、年末のビッグセールもやってくれた!2017年にはずっと「タブレットほしいけど、どちらが良いのは全然わからない」と悩んでいる方があれば、今だ!   デュアルシステムのタブレット、それにキーボード付き、また16%OFFのクーポンと送料無料!の

  • 超薄型ノートパソコン――Chuwi LapBook Airのスペックレビュー

      ノードパソコンと言えば、一般的には価格が高いになるほど性能が高くなり上品なで在院になるのですが、いつも高コスパとアピールされている中華端末がよく「安いもので性能が十分なんだけど、外観がチープ過ぎで残念」という感じが残った。   予算があんまり高くないだが、ずいぶん高性能より外観の洗練なデザインを求めて、つまりサプ機をお探している型にはフルメタル・ダイヤモンドカット・超薄軽量・前面ガラスまで配置

  • 高性能・高コスパの2 in 1 PCタブレット――Chuwi Surbookのレビュー

      日本の方々にとっては「Chuwi」というブランドはまだ「Xiaomi」「Huawei」には適わないけど、ヨーロッパには大げさに言うと、有名な中華メーカーだ。   今年5月にCHUWI開発チームはIndiegogo(グローバルクラウドファンディング専門サイト、日本のマクアケと同じもの)にクラウドファンディングを初めました。キャンペーンは7月に終了と時点に、2,600人のバッカーから100万ドル以

  • BlitzWolf® BW-VR3 3D VRゴーグルのレビュー

      BlitzWolf®と言えば、すぐにケーブル、車載充電器などスマホ関連グッズを頭に出てきますね。実は、この会社はもうスマホアクサセリーから屋内照明、PCアクセサリーまで、足を入れている分野がますます増えています。   今回では、BlitzWolf®のBW-VR3ゴーグルを紹介させていただきます。 スペック (前回がご紹介したxiaomi VRplay2と対照して) いいところ 3000円以下で

  • Xiaomi Mijia LED ベッドサイト ランプのレビュー

      寒い冬の夜、寝る時にわざわざ暖かいベッドから出て灯りのスイッチを消すのを面倒だと思ったことがある人は決して少なくない。また、闇に怖くて、徹夜でもベッドサイトランプを開きまま寝ることしかできない。   その時には、Xiaomi Mijia LEDスマート ベッドサイトランプが助けになります。 スペック ブランド――Xiaomi Mijia サイズ――100*100*221mm 重量――約684g

  • Xiaomi Mijia smart sneakerのレビュー

      mi band 2を持って、グローバルまで有名になった中華総合家電メーカーXiaomiは知っている通り、スマホから家電、日化、衣料まで、何も作っています。今回では履き心地良く、また「スマート」なXiaomi Mijia smart sneakerを紹介させていただきます。 仕様 ブランド――Xiaomi 色(メンズ)――黒・灰 サイズ――42、43、44、45、46 チップ――AMAZFITイ

  • バッテリー・カメラ強化したXiaomi Mi Max 2のレビュー

      今日は12月1日、今年最後の月の初日です。だんだん寒くになって、みなさんも风邪を引かないように体に気をつけますね。   今回では、あんまり「最新」ではないスマホをご紹介させていただきたいんです。スマホの機能がますます多様化してきたが、日々の基礎使用とエンターテイメントを考えたら、やはりディスプレーが大きくて、電池が長持ちってことが大事だと思います。では、さっそく今回の主人公――Xiaomi M

  • Xiaomi Wiha 24 in 1 精密ドライバーのレビュー

      前回では、Xiaomi Wowstick電動精密ドライバーをご紹介させていただきました。今回はMijiaの名を載って、ドイツ有名な機械専門メーカーWiha(ウィハ)を協力で製造されたこのXiaomi Wiha 24 in 1精密ドライバーを見てみましょう。 スペック ブランド ―― Xiaomi & Wiha 素材 ―― ビット:S2 スチール       ハンドル/収納ボックス:アルミ合金

  • Xiaomi Mi 植物モニターのレビュー

      昨今はガーデニングをきょみする人がますます増えてきったが、その中にも筆者のように、植物栽培が苦手すぎで、何を植えるでも枯らしていた人が必ずいる。   今回はそんな植物と会話できない人種向けに、海外通販サイトbanggood.comで販売している有名な大手メーカーXiaomiからのまた一つガジェット「Mi植物モニター」をご紹介したい。 スペック ブランド ―― Xiaomi Mijia 入力電圧

  • Xiaomi WiFi リピーター(中継器)2代のレビュー

      スマホ・タブレットがまったく体の一部になってきた現代社会では、素晴らしいWiFi環境が重要になった。部屋がたいへん広くて、電波がどうしても届かないデッドエリアが発生したとき、電波伝送距離が足りずのためだと、中継器をつなぎれば安心になります。   だから、今回はXiaomiから販売されているWiFiリピーター2代のレビューを更新します。     スペック ブランド ―― Xiaomi モデル ―

  • 自宅ネット環境改善――超高速ルーターXiaomi Mi WiFi Router 3Gのレビュー

      スマホ・タブレットが利用する人がますます増えてきた今は、高速で安定なWiFi環境がかなり重要になってきます。誰でもネットゲームやビデオを夢中している途中に悪いネット環境でしょうがなく中断されたのは嫌なんです。だから、高速あるいは超高速ルータはかなり必要アイテムになった。   では、安価に発売されている高速通信可能なルータを紹介させていただきます。 はい、その通りです。またXiaomiからの製品

  • 精密電動ドライバーWowstick 1FSアップグレード版レビュー

      去年に日本上陸してみましたコードレス精密ドライバー「Wowstick 1s」を覚えませんか?優れたデザインで精密機器のメンテナンスに最適と誇って、ガジェットファンには大歓迎。今年、たくさんのお客様の支持で、より良い最新バージョンWowstick 1FSアップグレード版がいよいよ発売されました。   これから、このWowstick 1FSアップグレード版のレビューを更新します。 仕様 ブランド

  • Xiaomi Mijia ミニ4kアクションカメラレビュー

      中華大手メーカーXiaomiは初めてmijiaシリーズのしたでリア4Kアクションカメラを出してきました。関連のYi TechnologyからYi 4k・Yi 4k+°などの高スペック機種とかVR360カメラを発売したが、「Mijia」で名乗りするのは初めです。   これから、この実売価格$101.98(約12000円)前後のAmbarella A12搭載の中堅クラスのアクションカメラ「Xiao

  • Xiaomi VRplay 2スマホVRゴーグルレビュー

      2016年のホットワードの一つとして、VR(Virtual Reality )はガジェットファンの注目を集めています。多くのメーカーが独自のVRデバイスを発表しており、中華大手メーカーのxiaomiも勿論です。 昨年の後半、Xiaomi VRゴーグルの公式バージョンとPlayバージョンをもたらしましたが、Playバージョンがなかなか消費者を満たせなかった。アップグレードとして、今年の4月10日

  • Xiaomi Yeelight人感センサーナイトライト(あかり)のレビュー

      夜中に帰宅の時真っ暗闇にスリッパ―を探し、お手洗いに行く時に段差で躓いて、部屋の明かりをつけるため手探りで移動していた経験があった方に「Xiaomi Yeelight人感センサーナイトライト」がおすすめ。   中華大手メーカーのXiaomiと言えば、よく「本当になんでも作っているんだなあ」と感心した。mi home appにも接続できる製品がますます増えています。今度のナイトライトでは、残念な

  • Xiaomi MiJia車載カメラのレビュー

      当今、道路には車がますます多くになります。混雑な大都市には、交通事故は珍しくない。その時では、車載カメラに記録していた影像を確認して、事故の責任過失割合も状況別に確かに判断することが必要です。   したがって、車載カメラには解像度とレンズ視野角は製品の良し悪しを判断する基準になったことも理解ができる。   では、今度のXiaomi MiJia車載カメラのレビューはどう? 仕様 センサー ーー

  • Xiaomi Mi Box――$69.99で4K Netflix搭載のAndroid TV

      タイトルを見て、まずは質問「Xiaomi Mi Boxって、何?」   Xiaomi Mi Boxは、GoogleのTV最適化バージョンのスマートフォンOSであるAndroid TVを実行するコンパクトなメディアストリーマーです。   Xiaomi Mi Boxはコンパクトなユニットで、100x100mmサイズで、厚さはわずか10mmです。魅力的なマット効果と組み合わされた小さなサイズで、ホー

  • Xiaomi Mi Youth Bluetoothヘッドフォンのレビュー

      中華製大手メーカーとして、Xiaomiはひっきりなし新製品を発行し、新たなシリーズで市場を進出しています。では、今度ご紹介させていただきますのは黒・白二色を配備しているオリジナルXiaomi Mi Bluetoothヘッドセットの青春版です。               シンプルでエレガントなデザイン。電源スイッチはデバイスの上部に配置され、電話を応答・掛けることもこのボタンで制御することがで

  • Xiaomi QiCYCLE EUNI ES808――最新Xiaomi電動スクーター

      Xiaomi M365の発行は成功だったと言う中華大手メーカーXiaomiは一挙的にスクーター市場に足場を固めようとすして、この最新型のEUNI ES808を発行になりました。   QiCYCLEシリーズの製品の一つとして、Mijia M365とは全然違うデザインで、それに数多いの国の法律を応じるように、最高時速を20 km/hと制限しており、海外市場の進みに準備は全般だった。   Xiaom

  • 簡単紹介:Xiaomi Mi QiCycle電動折りたたみ自転車

    コスパ良い活動量計が売れまくっているMi bandで有名な中華メーカー大手Xiaomi(シャオミ)はQiCycleシリーズを発行、次世代のスマート電動折り畳み自転車として注目されています。 驚き安さ シャオミ製品を取り払う海外通販サイトバングッド(Banggood.com)では、約9万3千円という信じられない低価で販売されています。業界の電動アシスト自転車がほぼ20万円近くすることを考えると、この

1 2