• 得点期待値(xG)からみるエジルの評価及びラムジー契約延長交渉決裂について思うこと

     私は、エジルに対し、厳しい意見を繰り返していますが、今回は、 得点期待値等のデータでエジルとラムジーを比較することで、エジルのパフォーマンスについて検討してみたいと思います。  今回用いる得点期待値(xG)はOptaが膨大なデータからシュート時の位置関係をもとにゴールの期待値を算出したものになります(日本語訳についてはいつも読ませてもらっているサイトのものをパクリました。)。そして、アシスト期待

  • フラム戦レビュー

     10月7日のフラム戦のスターティングイレブンは、 ウェルベック ラカゼット イウォビ ジャカ トレイラ ミキタリアン モンレアル ホールディング ムスタフィ ベジェリン レノ で、フォーメーションは442でした。  エジルは、背中の痙攣で欠場、病気明けのオーバメヤンと延長交渉決裂報道のラムジーはベンチと、前節のワトフォード戦から前線は大きくメンバーが替わりました。  試合は、ホールディングからの

  • ワトフォード戦マッチレビュー

    9月29日のワトフォード戦のアーセナルのスターティングイレブンは ラカゼット オーバメヤン ラムジー エジル ジャカ トレイラ モンレアル ホールディング ムスタフィ ベジェリン チェフ の4231でした。前節のエヴァートン戦で負傷したソクラティスは大事をとって外れましたが、それ以外は契約延長交渉が決裂したと報じられたラムジーを含め前節と同じメンバーでした。  試合は、ボールを持つアーセナルとカウ

  • ラムジー退団報道とワトフォード戦予想ラインナップ

     ラムジーとの契約延長交渉が打ち切られたと報道されました。いったいいくらの給与で交渉していたのか真相は分かりませんが、私としてはミキタリアン以上の週給はあり得ないと考えていたので、仮にラムジー側が週給17万ポンド以上の給与を求めて譲りそうもない状態だったのだとしたらアーセナルが交渉を打ち切ったのは正しい判断だと思います。そもそもアーセナルには、ラムジーと同じ10番ロールを最も得意とするエジル、ミキ

  • エヴァートン戦 マッチレビュー

     日曜日のエヴァートン戦のアーセナルのスターティングラインナップは ラカゼット オーバメヤン ラムジー エジル ジャカ トレイラ モンレアル ソクラティス ムスタフィ ベジェリン チェフ の4231でした。グエンドゥージを入れた私の予想は外れましたが、私もトレイラを最初から見たかったので、うれしいラインナップでした。  試合はエヴァートンがサイドから仕掛けるなどし、何度か決定的な場面を作られました

  • ニューカッスル戦 レビュー

     ニューキャッスル戦のスターティングイレブンは、前節のカーディフ戦と同じで、 ラカゼット オーバメヤン ラムジー エジル ジャカ グエンドゥージ モンレアル パパ ムスタフィ ベジェリン チェフ の4231でした。ラムジー、ジャカが外れるという私の予想は全く当たらず、前節と同じメンバー、同じフォーメーションでした。前節と同じということで、これが現時点のエメリ監督が考えるベストフォーメーションに近い

  • ニューカッスル戦 予想ラインナップ

    ニューカッスル戦のスターティングイレブンは ラカゼット オーバメヤン エジル ミキタリアン トレイラ グエンドゥージ モンレアル パパ ムスタフィ ベジェリン チェフ の4231と予想します。今節は、インターナショナルブレイクがあったことをエメリがどう判断するかが注目されます。  まずフォワードですが、前節最高のパフォーマンスをみせ、代表戦もなかったラカゼットが引き続きセントラルストライカーで、オ

  • 私がエジルを評価しない理由

     私はこれまで何度も述べてきているようにエジルよりもラムジー又はミキタリアンを10番ポジションにおいた方が効果的だと思っています。しかし、世間的には、そのように考えている人は稀であるように思えます。  私がエジルについて厳しい評価をしている理由は単純明快で、4231の10番ポジションにしては得点が少なすぎるということです。これに対して、一般に、エジルは得点は少ないもののそれ以上にチャンスメイクで貢

  • 予想基本スターティングイレブン

     四節終わってインターナショナルウイークに突入しました。今週はアーセナルの試合がないので、今日は今後予想されるアーセナルの基本ラインナップについて述べたいと思います。  これまでのエメリは、おそらく旧来の選手の不満を招くことでチーム崩壊をさせることがないようにするため、ベンゲル体制下の序列は維持しながら自己の戦術の浸透を図ってきました。しかし、今後、エメリがチームを掌握するにつれ、選手選考ももっと

  • カーディフ戦 レビュー

    スタートは ラカゼット オーバメヤン、ラムジー、エジル ジャカ、グエンドゥージ モンレアル、パパ、ムスタフィ、ベジェリン チェフ の4231でした。  オーバメヤン、ラカゼット、エジル、ラムジーが入り、イウォビが外されるまでは前投稿での予想どおりでしたが、もう一名外されたのは、グエンドゥージではなく、ミキタリアンでした。ミキタリアンが外されたのは、上記メンバーにミキタリアンを入れた場合の守備面のリ

  • カーディフシティ戦 予想ラインナップ

    オーバメヤン ラカゼット ミキタリアン エジル ラムジー ジャカ モンレアル パパ ムスタフィ ベジェリン チェフ の4123と予想します。  前節風邪で欠場のエジルが復帰するでしょう。  エジル以外ですが、前節途中出場ながら高パフォーマンスをみせたラカゼット、病気のエジルに代わってトップ下に入って活躍したラムジーをスタートから出すかどうかが予想の難しいところです。  まず、ラカゼットですが、ラカ

  • ウェストハム戦 レビュー

    スターティングイレブンは オーバメヤン イウォビ ラムジー ミキタリアン ジャカ グエンドゥージ モンレアル パパ ムスタフィ ベジェリン チェフ の4231でした。  風邪で欠場のエジルに代わってラムジーがトップ下に入ったこと以外は前節のチェルシー戦と変わりませんでした。エジルが風邪でなければどのようなメンバーにするつもりだったのかが非常に気になります。また、そもそもエジルは本当に風邪だったのか

  • ウエストハム戦 スタメン予想

     次節のウエストハム戦のスターティングイレブンは、 オバメヤン イウォビ エジル ミキタリアン ラムジー グエンドゥージ モンレアル パパ ムスタフィ リヒト チェフ の4231だと予想します。  ミキタリアンは、以前マンチェスターシティ戦のレビューでも指摘したとおり、左サイドよりも右サイドでその能力を発揮する選手です。エメリも前節のミキタリアンの一得点一アシストを見て同じように思ったと思います。

  • ラムジーの処遇について

     今日は私の大好きなラムジーについてです。  ラムジーほどアーセナルファンの見解を二分する選手はいないでしょう。昨シーズンの彼は、優秀なフィニッシャーではあった一方、ビルドアップにはあまり貢献せず、守備の面でも戻りきれない場面が散見されました。  そのため、彼はファンによる年間最優秀選手に選出された一方で、彼を起用するべきではないとのファンの意見も相当あるように思います。  まず、彼の能力を冷静に

  • 8月18日 対チェルシー戦 レビュー

    スタメンは オバメヤン イウォビ エジル ミキタリアン ジャカ ゲンドゥージ モンレアル パパ ムスタフィ ベジェリン チェフ の4231でした。  スタメンで予想と違ったのは、イウォビ、ジャカ(怪我復帰のモンレアルは除外。)。ジャカはともかく、ラムジーを外してイウォビは予想外でした。  イウォビを起用したというのは、個人のポジション適性よりも序列を重視していたベンゲルとは違う合理的な選択で好印象

  • チェルシー戦スタメン予想

    予想スタメン オバメヤン エジル ラムジー ムヒタリアン トレイラ ゲンドゥージ リヒト パパ ムスタフィ ベジェリン チェフ  前節からナイルズとジャカだけ変わるだけと予想。  まず攻撃陣。ラムジーは起用しないと契約延長に影響する可能性があるのでスタメン起用すると予想。また、ムヒタリアン以外、まともにサイドで能力発揮できるメンバーはいないのでムヒタリアンもスタメンで起用されると予想。次に、フォワ

  • ニック・ホーンビィ<ぼくのプレミア・ライフ>を読んで!

      イギリスの作家 ニック・ホーンビーの<ハイ・フィデリティ>という 音楽おたくの本を 随分前に読み 大好きになりました。世間レベルでは 別にどうでもいいようなことが マニアにとって 人生をも変えてしまう!そんなことの重大さは 熱病に 取りつかれたように 何かを 懸命に 好きになった人であれば 少しは 分かってもらえると思います。  今回読んだ<ぼくのプレミア・ライフ>は そのサッカー版で サッカ

  • 開幕スタメンを予想しよう!アーセナル、ユナイテッド編

    昨日から行っているプレミアの開幕スタメン予想企画ですが、なんか予想スタメンってよりはベストメンバーを予想してるみたいになってしまいましたね。。 でもこの感じで今日も予想スタメンを考えていきますよ! 開幕までに主力が故障などで離脱したり、電撃移籍が行われる可能性もあるのでそこは考慮せずに現段階での予想をしたいと思います まずはアーセナルです モンレアルがビルバオにいく可能性があるとか、ベンゼマを狙っ

  • 【第5弾】プレミアリーグ今季ブレイク注目株

    足の速い選手は、サッカー界にはたくさんいます。 ギャレス・ベイル、セオ・ウォルコット、エリク・オーバメヤン、宮市亮、、、、、 昨季プレミアではこのスピード部門に新たな選手が加わりました。 アーセナルの20歳のスペイン人サイドバック、ヘクター・ベジェリンはフランス代表右サイドバックのマテュー・ドゥビュシーが負傷してる間にチャンスを与えられると瞬く間にチームに欠かせない主力として活躍し、一躍その名はイ

  • プレミア開幕まで1ヶ月!!各クラブ残りの補強ポイントは??!①

    プレミアリーグの開幕まで残り一ヶ月切りましたね! サッカー好きの方は、プレミアの試合が流れる放送局の契約を検討をしたり、引き続き契約を更新して、8月8日の開幕を今か今かと待ちわびていることでしょう。 ちなみに私はス◯パーさんと契約しているので準備万端です笑 日程的に開幕戦は関東で見て、その後は帰省するので2節や3節は地元で見ることになりそうです。 男家族が皆んな海外サッカー大好きなので、帰ってから

1 2