• どうなる米中首脳会談・その①:シーゲル教授の場合 

    "シーゲル教授:「トランプ大統領は米中貿易問題の解決に失敗したら、もう株価の不振をFRB議長のせいにできない」(CNBC2018.11.30)" アルゼンチン時間2018年12月1日夜(日本時間12月2日朝)、G20に出席中の米中両首脳が夕食会にて対談を行い米中貿易問題について協議するとみられています。 米国株式市場にとって目下最大の焦点となっているこのイベント、シーゲル教授は以下のように論じてい

  • シーゲル教授がFRBの重要な動きについて見解を示す

    1. FRBが2019年の利上げを緩める可能性がある FRBは2018年12月に1回、2019年に3回の利上げを行うと示唆してきました。 しかし2018年11月20日のCNBCの番組でジェレミー・シーゲル教授は、FRBが今後利上げの手を緩める可能性がある事を示唆しました。 「おそらくFRBは12月会合でこういう会話をするだろう。"諸君、やり過ぎるのはやめにしよう。米国以外の国際マーケットの状況を見

  • ジェレミー・シーゲル教授「中間選挙後の株式市場は不透明だ」2018年11月6日インタビュー

    ジェレミー・シーゲル教授が2018年11月6日、中間選挙当日のCNBCインタビューに応えています。 アンカーの質問「中間選挙が終わるとその後1年間は株価は上昇する(というのが過去70年以上続いた市場の傾向であった)が、今回はどう予想しますか?」に対し、シーゲル教授は「これまでは中間選挙後は株式市場は上昇してきたが、今回は必ずしもそうはならないかもしれない」と答えています。 ****** "ジェレミ

  • シーゲル先生の戦略

    スピンです。 シーゲル先生の赤本を久しぶりに読みました。 これで3回目です。 再度読むと、大事なことを再認識しますね。 まず、グロース株には手を出すな、と言ってますが、この教えを忘れてFBが2ヶ月前に急落した時に買っちゃいました。 で、チョコちゃんがFB売れって言う記事見て、不安になったよー ちっくしょーー(小梅太夫風) 長期投資って難しいね 何が難しいって、心の平和を守るのが難しいんだよね で、

  • シーゲル教授のインタビュー その2(2018年10月16日)

    霧末センパイのブログで、当方のブログの記事を取り上げて頂きました。 偉そうなこと言ってても、ほぼ全員、米国株投資初心者だ | 霧末流♀アメリカ株サバイバル投資実践記 大変光栄です。ありがとうございました。 こんな泡沫ブログの記事にも目を通して頂いていることが、何より嬉しかったです。 たまたまその翌日にシーゲル教授のインタビューがリリースされていたのは出来過ぎのような気もしますが。 これからも良い英

  • ジェレミー・シーゲル教授、2018年10月16日のインタビュー

    ジェレミー・シーゲル教授が米国東部時間10月16日、ペンシルベニア大学ウォートン校のラジオに出演しインタビューに応えていましたので紹介します。 ”ジェレミー・シーゲル教授「市場のボラタリティの裏にあるもの」(ナレッジ@ウォートン 2018.10.16)” 2018年はダウの上昇率は5%~10%と予想。2019年は・・・ 「2018年はダウ平均の上昇率が5~10%であっても、私は驚かないでしょう。も

  • 狼狽する退職金ぶちこみ女性記者にシーゲル教授が伝えた一言

    「株式市場を信じなさい」 今回の株価下落が始まった2018年10月10日、ワシントン・ポストの女性記者がたまたまペンシルベニア大学ウォートン校でジェレミー・シーゲル教授の講義を受講していました。 その際の記者とシーゲル教授とのやりとりが A Wharton professor puts stock market plunges in perspective(ワシントン・ポスト 2018.10.11

  • ジェレミー・シーゲル教授、2018年10月8日のコメント

    強気派(だった)ジェレミー・シーゲル教授が米国東部時間10月8日、CNBCのインタビューに対し、以下のようにコメントしています。 ”ジェレミー・シーゲル教授「株式市場に朗報なし。潜在的リスク有り。」(CNBC 2018.10.08)” 第4四半期は株式市場にとって試練の時となる ペンシルベニア大学ウォートン校のジェレミー・シーゲル教授は株式市場に対する強気派として知られますが、2018年第4四半期

  • 強気の代名詞ジェレミー・シーゲル教授、弱気になる

    “債券利回りが今四半期の株式市場にとって重要な課題となる –CNBC 2018.10.4- ” 永遠の強気男ジェレミー・シーゲル教授(ペンシルベニア大学ウォートン校)が、2018年10月4日の引け後テレビ出演し今後の見通しについてコメントしました。 まず米国の株式市場は、引き続き債券利回りの上昇によって試される局面になるといいます。 シーゲル教授は株価形成に最も重要となる要因を2つ挙げています。

  • 永遠の強気男シーゲル教授が「株価が調整入りしても私は驚かない」と発言したため市場が驚く

    あの強気で有名なシーゲル教授が、「2019年は残念な事になる」と発言し市場関係者を残念がらせていましたので、確認してみることにしました。 ”2018年2月に続く相場の調整局面が再度訪れても驚きは無い -永遠の強気男・シーゲル教授が警鐘を鳴らす-(CNBC 2018.9.25) ” このCNBCインタビューによると Siegel makes it clear that he's not comple

  • ジェレミー・シーゲル教授、ダウ・S&P500最高値更新に関してコメントする

    米国時間2018年9月20日は、ダウ・S&P500とも史上最高値を更新して取引を終えました。 CNBCが早速ジェレミー・シーゲル教授に電話インタビューを行いコメントを取っていますので、内容を確認してみました。 インタビュー実施は米国東部時間の2018年9月20日午前中です。 まだ市場が開いたばかりですが、既に高値を更新している中で行われました。 シーゲル教授のコメントの中で、今回は以下2点について

  • ジェレミー・シーゲル、ロバート・シラー両教授の最新見解(2018年9月14日時点)

    2018年9月14日、ペンシルバニア大学ウォートン校のジェレミー・シーゲル教授が、ノーベル経済学賞受賞者ロバート・シラー教授と対談を行いました。 今後の株価及び米経済の見通しについて両教授がそれぞれ見解を述べていますので、内容を確認してみたいと思います。 **** シラー教授は現在の強気相場の持続については概ね懐疑的であり、寧ろ相場の加熱に警戒感を示しています。 1. 現在のCAPE(シラーPER

  • [お詫びと訂正] シーゲル教授の相場観を誤訳していました

    先日の記事でシーゲル教授の最新見解をCNBCのインタビューとともに紹介しましたが、誤訳がありましたので訂正させて頂きます。 この中でシーゲル教授が以下のように発言しました。 "800-pound gorilla keeping a lid on prices now." これを誤って 「体重800ポンド(=約360kg)のゴリラが株価を抑え付けている」 と誤訳してしまいましたが、正しくは 「強大な

  • ジェレミー・シーゲル教授・強気相場最長記録更新に対する見解

    (2018年9月9日一部内容修正済) 2018年8月22日、米国市場の強気相場が史上最長記録を更新しました。 これまでの記録はITバブルと崩壊を含んだ1990年10月から2000年3月までの3,452日間でしたが、今回の強気相場はリーマンショック後の2009年3月から2018年8月22日までで3,453日間を記録し、最長記録を現在も更新中です。 記録更新の翌日、8月23日にペンシルべニア大学ウォー

  • ジェレミー・シーゲル教授の米中貿易戦争観

    この記事を書いている現在、米国マーケットは、一昨日、昨日に引き続き、またもS&P500の最高値更新を伺っているところですが、上値がの重いです。 悪材料は米中貿易摩擦およびテスラの非上場騒動。 好材料は2018第2四半期の企業業績が好調であること。特にハイテクの調子が良く、市場を牽引していること。失業率の低下。雇用の順調な伸び。 これだけ好材料があっても綱引きのバランスが取れてしまっていて、値動きが

  • ジェレミー・シーゲル教授の最新見解(2018年7月9日時点)

    ペンシルベニア大学ウォートン校からナレッジ@ウォートンというオンラインビジネスジャーナルが発行されています。 このサイトに現在ジェレミー・シーゲル教授のインタビュー記事が掲載されていますので内容を書き留めておきます。 掲載日は2018年7月9日です。 このインタビューの中でシーゲル教授は 1. 2018年の今後の米国市場の見通しについて「ほぼ横ばいか10%上昇で終えるという年初の見解と変わらない」

  • ジェレミー・シーゲル氏の「株式投資の未来」について思う事 2

    シーゲル教授の「株式投資の未来」訳者の瑞穂のりこ氏は何処へ ジェレミー・シーゲル著「株式投資の未来」は、投資を行う人間は一度は読んでおくべき名著であると考えますが、出版社から公式に案内が出ているように、訳者の瑞穂のりこ氏の所在が不明です。 このままでは権利関係を始めとする種々の事象が前に進まない事となり、電子書籍化ができないばかりか本書の出版や存続そのものに影響が出るのではないかと、大きなお世話で

  • ジェレミー・シーゲル氏の「株式投資の未来」について思う事

    なぜこの名著が未だに電子書籍化されないのかを考えています。 初版2005年11月、最新第13刷は2018年3月20日発行です。 現在も売れ続けているため、商業的にペイしないとかが理由では無さそうです。 とすれば権利関係でしょうか。 著者のシーゲル教授は電子書籍反対派なのでしょうか。 いや原書はKindle化しているので違いますね。 翻訳者の瑞穂のりこ氏に何かあるのでしょうか。 皆さん同じ事を考えて