• Tennessee Waltz(テネシーワルツ:田納西華爾滋)

     「テネシーワルツ」(Tennessee Waltz,The Tennessee Waltz)は、1946年にピー・ウィー・キングが作曲した曲に、レッド・スチュワートが詞をつけた楽曲で、1948年1月にゴールデン・ウエスト・カウボーイズが発表し、その直後の3月には元ゴールデン・ウエスト・カウボーイズのメンバーであったカウボーイ・コパズがカバーして、いずれもヒットチャート上位を獲得しました。  その

  • 伊賀山人回顧録(小原台の青春その18:22歳 卒業準備)

     1973年(昭和48年)1月空手部を引退した伊賀山人は、卒業準備に余念がなかった。  2月の誕生日以降は、目の回る忙しさであった。    【昭和48年2月8日 この日22歳になった伊賀山人】  【卒業研究中の伊賀山人】  研究テーマは、「カメラの解像度」、実は、その内容は、高校生の時に既に大方知っている内容であった。  研究は、伊賀山人の知識に基づくその理論を裏付ける実験が殆どであった。  とは

  • パティ・ペイジの 「テネシー・ワルツ」 しっとり、素敵。

    CD「ベスト・オブ・パティ・ペイジ」 パティ・ペイジのベストアルバム 「The best of Patti Page」 1曲目が「テネシーワルツ(Tennessee Waltz)」 「テネシー・ワルツ」を 昔、北の丸公園近くの昭和館で聴いたことがあるんです。 確か江利チエミのバージョンだったと思いますが、 昭和の歴史を展示する建物の中で この曲がまさに昭和を代表する歌の一つだと実感したことを 覚え