• ハナミズキ(花水木:四照花)

         「ハナミズキ」は、日本のシンガーソングライターの一青窈(ひとと よう、台灣名:顏窈〔がん よう:イェン・ヤオ〕1976年9月20日 - )が自身5枚目のシングルとして2004年2月11日に発表した楽曲です。  2010年8月には、この楽曲のイメージを実写化した映画が公開されて、興行収入27億円を超える大ヒットとなっています。  一青窈は台湾生まれで、台湾人の父親の顏恵民(がん けいみん:

  • Wings To Fly(翼をください)

     「翼をください」は、元々日本のフォークグループの「赤い鳥」が1970年代に演唱した楽曲ですが、曲調が優れていることから、その後国内外の多くの歌手がカバーしています。  その中から、今回は、「ニュージーランドの歌姫」「癒しの歌姫」「史上最年少のユニセフ親善大使」ことヘイリー・ウェステンラ(Hayley Westenra、1987年4月10日 - )の英語版「Wings To Fly(空飛ぶ翼)」を

  • 翼をください(給我一對翅膀)

     「翼をください」(つばさをください)は、日本のフォークグループの「赤い鳥」(1969年 - 1974年)が1970年に演唱し、翌1971年にシングルレコードとして発表した楽曲で、作詞は山上路夫、作曲は村井邦彦が担当しています。  この曲は、1970年11月に三重県志摩郡浜島町(現:志摩市)にある総合リゾート施設「合歓の郷」(ねむのさと)で開かれた、ヤマハ音楽振興会が主催するプロ作曲家の音楽コンテ

  • ひとつ(一起)

     【岡山県倉敷市真備町 2018.7.8】  此の度の大雨では、伊賀山人の故郷岡山でも甚大な被害を受けました。  ここに謹んで、犠牲になった方々のご冥福を祈り、傷病を負われた人々の迅速な快復と、被災地の一日も早い復旧・復興をお祈り申し上げます。                        伊賀山人敬白  今回の記事は、2011年12月31日に放送された『第62回NHK紅白歌合戦』において、日本の

  • 心の旅(心之旅程)

     「心の旅」(こころのたび)は、1972年にメジャーデビューした日本の音楽グループのチューリップ(TULIP)が、自身3枚目のシングルレコードとして1973年4月20日に発表した楽曲です。  チューリップは、デビューから1年間の間に、シングル2枚・アルバム2枚を出しましたが、いづれもヒットせず、この3枚目のシングルが売れなかったら地元福岡に帰ることになっていました。  それまで2枚のシングル(「魔

  • あの素晴しい愛をもう一度(ブラザース・フォア版)

     「あの素晴しい愛をもう一度」(あのすばらしいあいをもういちど)は、日本のフォークグループ「ザ・フォーク・クルセダーズ(The Folk Crusaders)」が1967年に解散した後、同グループのメンバーであった北山修が作詞し加藤和彦が作曲して、二人の演唱で1971年4月5日に発表した楽曲です。  この曲は、フォークルのものと混同されやすいのですが、グループ解散後の作品であり、原唱者はあくまでも

  • 海は恋してる(海戀愛妳)

     「海は恋してる」は、日本のォークグループのザ・リガニーズ (The Rigannies:1967年 - 1970年)が、今から丁度50年前の1968年7月1日にデビューシングルとして発表し、学園フォークの先駆けとなった楽曲です。  ザ・リガニーズは、1967年夏に早稲田大学公認バンドサークルWFS(Waseda Folksong Society)という名の音楽同好会のメンバーが結成した学生バンド

  • しあわせになろうよ(讓我們幸福吧)

     「しあわせになろうよ」は、日本のシンガーソングライターである長渕剛(ながぶち つよし、1956年9月7日 - )が自身36枚目のシングルとして2003年5月1日に発表した楽曲です。  作詞・作曲共に長渕本人で、歌詞の内容は関係のこじれつつある相手に向かって、出会ったころの気持ちを思いだし初めて出会った場所に戻って幸せになろうと呼びかける内容になっています。  また、短い歌詞の中に、時間、空間、光

  • Summ, summ, summ! (ブン、ブン、ブン!)

     「Summ, summ, summ! (ブンブンブン!)」は、ボヘミア民謡の曲に、ドイツ国歌の作詞で知られるドイツの詩人アウグスト・ハインリヒ・ホフマン(August Heinrich Hoffmann:1798年4月2日 - 1874年1月19日)〔 別称:ホフマン・フォン・ファラースレーベン (Hoffmann von Fallersleben) 〕が1843年以前に児童向けの歌詞を付けた楽

  • いつでも夢を(始終懷著夢想)

     【吉永小百合と橋幸夫】  「いつでも夢を」(いつでもゆめを)は、日本の歌手の橋幸夫(はし ゆきお、1943年5月3日 - )と女優の吉永小百合(よしなが さゆり、1945年3月13日 - )のデュエットで、1962年9月20日に 発表された楽曲です。  佐伯孝夫の作詞に吉田正が曲を付けて出来上がったものですが、この曲は元々ロ長調で書かれていました。  ロ長調は、ピアノ演奏には適しているようでショ

  • More Than I Can Say(言葉に出来ないほど…)

     「 More Than I Can Say(言葉に出来ないほど…)」は、米国の歌手バディ・ホリー(Buddy Holly、1936年9月7日 - 1959年2月3日)が最初に演唱した楽曲で、1960年4月5日に発表されました。  この曲は、1959年の年頭に録音されたいたものですが、その年の2月3日未明にバディ・ホリーがアイオワ州クリアレイクでのツアー後、次のショーが予定されていたミネソタ州ムア

  • 学園広場

     「学園広場」は、日本の歌手舟木 一夫(ふなき かずお、1944年12月12日 - )が、今から55年前の1963年(昭和38年)10月に発表した楽曲です。  舟木 一夫は1963年6月5日「高校三年生」を演唱してデビューし、8月には「修学旅行」を発表したばかりで、10月のこの曲が3曲目となりました。  同時並行して映画も制作され、「高校三年生」は1963年11月16日に大映から公開されました。

  • 学生時代

     【「蔦のからまる チャペル」前に建立された「学生時代」の歌碑】  「学生時代」(がくせいじだい)は、日本の歌手ペギー葉山(ペギーはやま:1933年12月9日 - 2017年4月12日)が、今から54年前の1964年(昭和39年)に発表した楽曲です。  歌詞の内容は、ペギー葉山の母校である青山学院の女子高等部でのペギー自身の思い出を詠じたものです。  作詞・作曲は、ペギー葉山の2年先輩で青山学院の

  • 乾杯

       『乾杯』(かんぱい)は、日本のシンガーソングライターである長渕剛(ながぶち つよし、本名:同じ、1956年9月7日 - )が1980年9月5日に発表した自身3枚目となる同名のオリジナルアルバムに収録されている楽曲です。  この楽曲は、長淵が故郷鹿児島の友人が結婚すると聞いて、その友人への祝福のために書いたもので、人生の門出に立つ人に対する応援歌として、今でも結婚披露宴や卒業式などでよく歌われ

  • 揺れる想い:搖擺的想念

     「揺れる想い」は、日本の音楽ユニットZARDが、1993年5月19日 にシングル盤で発表した楽曲です。  この曲は、同年7月10日に発売された同名のアルバムにも収録されています。  また、当時清涼飲料水「ポカリスエット」CMソングとしても起用され、2014年12月23日からは神奈川県秦野市の小田急小田原線渋沢駅にて下り線の接近メロディとして使用されています(上り線は「負けないで」)。  ZARD

  • 小さな喫茶店 

     【有書的小咖啡店 UNON】  「小さな喫茶店(ちいさなきっさてん、ドイツ語: In einer kleinen Konditorei )」は、1928年にドイツでつくられたコンチネンタル・タンゴの歌謡曲です。  作詞はエルンスト・ノイバッハ(de:Ernst Neubach)、作曲はフレッド・レイモンド(de:Fred Raymond)で、ヴァイマル共和政下のベルリンで作られて、1929年に製

  • Beautiful Dreamer(夢見る人:美麗的夢中人)

     「夢見る人」(Beautiful Dreamer:美麗的夢中人)は、アメリカ合衆国の音楽家スティーブン・コリンズ・フォスター(Stephen Collins Foster、1826年7月4日 - 1864年1月13日)が、1862年に作詞・作曲し、1864年彼が37歳の若さで事故死した後に発表されて遺作となった楽曲です。  邦題は、「夢見る人」が一般的ですが、「夢路より」の訳題が用いられることも

  • I LOVE YOU 

     『I LOVE YOU(アイ ラブ ユー)』は、日本のシンガーソングライター、尾崎豊(おざき ゆたか、1965年11月29日 - 1992年4月25日)が1983年12月1日、高校在学中に発表したファースト・アルバム『十七歳の地図(じゅうななさいのちず)』に収録されている楽曲で、1991年3月21日にはシングル・カットしてリリースされています。  この曲が創作された経緯は、尾崎のデビュー・アルバ

  • 夢見る人(築夢的人)

     「夢見る人」は、日本のシンガーソングライターさだまさし(本名:佐田 雅志(読みは同じ)、1952年4月10日 - )が、TBSテレビ60周年特別企画として、2015年4月26日から同年7月12日まで放送されたテレビドラマ『天皇の料理番』のエンディング主題歌として製作した楽曲です。  このドラマは、最高の料理人になるという夢をかなえるために努力する人と、その人を支える人とを描いた人間ドラマです。

  • Old Soldiers Never Die (老兵は死なず:歌唱編)

     「老兵は死なず」は、100年以上前から米軍の兵士の間で歌われていた歌謡曲です。  この曲は元々、イギリス軍の兵士が基地内の教会で歌っていたゴスペルソング「Kind Thoughts Can Never Die(親切な思いやりは決して廃れることはない)」の替え歌として作られたものです。  作詞者は不明ですが、米軍の部隊に口伝えで伝わったため、多くのバージョンが存在します。  最初のバージョンは、確

1 2 3 4 5