• Tennessee Waltz(テネシーワルツ:田納西華爾滋)

     「テネシーワルツ」(Tennessee Waltz,The Tennessee Waltz)は、1946年にピー・ウィー・キングが作曲した曲に、レッド・スチュワートが詞をつけた楽曲で、1948年1月にゴールデン・ウエスト・カウボーイズが発表し、その直後の3月には元ゴールデン・ウエスト・カウボーイズのメンバーであったカウボーイ・コパズがカバーして、いずれもヒットチャート上位を獲得しました。  その

  • 愛粲粲(小椋佳版)

     『愛燦燦』(あいさんさん)は、日本のシンガーソングライター小椋佳(おぐら けい、1944年1月18日 - )が作詞・作曲して日本の歌手美空ひばり(みそら ひばり、1937年5月29日 - 1989年6月24日)に提供して、彼女が最初に発表した楽曲です。  この楽曲は、元々調味料メーカー「味の素」のテレビCMソングとして作られました。  歌詞の内容は、「雨」「風」「愛」という三つの詞語をキーワード

  • 川の流れのように(鄧麗君版)

     【台灣新竹縣關西鎭を流れる牛欄河と、親水公園に架かる1927年に造られた東安古橋】  「川の流れのように」は、日本の歌手美空 ひばり(みそら ひばり、1937年(昭和12年)5月29日 - 1989年(平成元年)6月24日)が1988年12月に発売したアルバム『川の流れのように〜不死鳥パートII』に収録されているこのアルバムを代表する表題曲です。  この楽曲は、翌1989年1月11日にシングルカ

  • Take Me Home, Country Roads(カントリー・ロード)

       Take Me Home, Country Roads(我が家へ導きたまえ、故郷の道よ:請帶我回家 , 鄉村道路)は、アメリカ合衆国のシンガーソングライターのジョン・デンバー(John Denver、1943年12月31日 - 1997年10月12日)が、1971年4月に発表した楽曲です。  作詞・作曲は、ジョン・デンバー、ビル・ダノフ(Bill Danoff)、タフィー・ナイバート(Taf

  • 忘れじの面影 〔Tous les visages de l'amour (She)〕

     「忘れじの面影」 (わすれじのおもかげ、英語題:she、 仏語題:Tous les visages de l’amour)はフランスのシンガーソングライターであり俳優でもあるシャルル・アズナヴール(Charles Aznavour, 1924年5月22日 - 2018年10月1日)が、1974年に発表した楽曲です。  シャルル・アズナヴールは、フランス語や英語など8種類の言語で歌い分けることので

  • 少年時代

     「少年時代」(しょうねんじだい)は、日本のシンガーソングライター・井上陽水(いのうえ ようすい、1948年8月30日 - )が1990年9月21日に自身通算29枚目のシングルとして発表した楽曲です。  この曲は元々、同年に製作された同名の東宝映画の主題歌として作られたもので、作詞は井上陽水、作曲は井上陽水と平井夏美(実名:川原 伸司、1950年 - )との共作です。  映画の方は、作家柏原兵三の

  • 加油~😍  ~天空和大地之中~

        台灣のmoli小姐の記事をリブログしてご紹介します。 加油!!! 北海道加油~ 😍 天空和大地之中 / 松山千春【鋼琴】  天空和大地之中 是與盡頭沒有的天空寬廣的大地那個中 是什麼時候的日 幸福 好像用自己的手臂抓住 走出那樣 向明天的日 向回顧過去 還年輕 刮大風的 向北風 好像不被迫飛的那樣 不飛 爲凍僵的雙手 吹氣呼吸 暖和 結冰的身體 活的事 辣 困苦 說向之前 如果成長爲野的

  • 又見炊煙(また炊煙を見る:里の秋)

     《又見炊煙》は、台灣の歌手鄧麗君(テレサ・テン、1953年1月29日 - 1995年5月8日)が1978年8月に同名のアルバムの中の主題曲として発表した楽曲です。  このアルバムは、日本の楽曲を東南アジアの漢文化圏に紹介する目的で製作されたもので、収録されている12曲全てが日本の楽曲に漢訳の歌詞を付けたものです。  《又見炊煙》は、1945年(昭和20年)12月24日に発表された日本の童謡で、斎

  • オードリー・ヘプバーンMoon River(ムーン・リバー:月亮河)

     【映画『ティファニーで朝食を』のオープニング・シーン】  『ムーン・リバー』(Moon River)は、1961年10月5日に公開されたアメリカ映画「ティファニーで朝食を」(Breakfast at Tiffany's)の主題歌となった楽曲です。  映画の題に見える「ティファニー」は、世界的に有名なアメリカの宝飾店で、朝食を食べるような場所は有りませんでしたが、冒頭の画像のように、この店の前でホ

  • Amazing grace(驚くべき恩寵:天賜恩寵/奇異恩典)

     Amazing Grace(アメイジング・グレイス:驚くべき恩寵:天賜恩寵/奇異恩典)は、イギリスの牧師ジョン・ニュートン (John Newton,1725–1807)が、1772年に作詞した賛美歌です。  "amazing"とは「驚くべき」「素晴らしき」の意で、"grace"とは「神の恵み」「恩寵」の意です。  作曲者は不詳で、アイルランドかスコットランドの民謡を元に作られたとか、19世紀に

  • 風に立つライオン (迎風而立的獅子)

     「風に立つライオン」(かぜにたつライオン)は、日本のシンガーソングライターさだまさし(本名:佐田 雅志(読みは同じ)、1952年4月10日 - )が、31年前の1987年7月25日に『夢回帰線』と題するアルバムに収録して発表した楽曲です。  この楽曲は、実在の医師柴田 紘一郎(しばたこういちろう、1940年宮崎県生まれ、1971年長崎大学熱帯医学研究所ケニア拠点勤務、1999年宮崎県立日南病院院

  • More Than I Can Say(星影のバラード)レオ・セイヤー版

     「More Than I Can Say(言葉に出来ないほど…)」は、米国の歌手バディ・ホリー(Buddy Holly、1936年9月7日 - 1959年2月3日)が1959年の年頭に録音し、彼が同年2月に飛行機事故で死去した翌年1960年4月5日に彼のバンドのザ・クリケッツの名義で発表された楽曲です。  その後、この曲はボビー・ヴィーを始めとして多くの歌手によってカバーされています。  その中

  • More Than I Can Say(言葉に出来ないほど…)ボビー・ヴィー版

     「More Than I Can Say(言葉に出来ないほど…)」は、米国の歌手バディ・ホリー(Buddy Holly、1936年9月7日 - 1959年2月3日)が1959年の年頭に録音しましたが、彼が同年2月に飛行機事故で死去したため発表が遅れて、翌1960年4月5日になって彼のバンドのザ・クリケッツ名義で発表されたのが初出です。  この楽曲はその後多くの歌手によってカバーされていますが、最

  • ハナミズキ(花水木:四照花)

         「ハナミズキ」は、日本のシンガーソングライターの一青窈(ひとと よう、台灣名:顏窈〔がん よう:イェン・ヤオ〕1976年9月20日 - )が自身5枚目のシングルとして2004年2月11日に発表した楽曲です。  2010年8月には、この楽曲のイメージを実写化した映画が公開されて、興行収入27億円を超える大ヒットとなっています。  一青窈は台湾生まれで、台湾人の父親の顏恵民(がん けいみん:

  • Wings To Fly(翼をください)

     「翼をください」は、元々日本のフォークグループの「赤い鳥」が1970年代に演唱した楽曲ですが、曲調が優れていることから、その後国内外の多くの歌手がカバーしています。  その中から、今回は、「ニュージーランドの歌姫」「癒しの歌姫」「史上最年少のユニセフ親善大使」ことヘイリー・ウェステンラ(Hayley Westenra、1987年4月10日 - )の英語版「Wings To Fly(空飛ぶ翼)」を

  • 翼をください(給我一對翅膀)

     「翼をください」(つばさをください)は、日本のフォークグループの「赤い鳥」(1969年 - 1974年)が1970年に演唱し、翌1971年にシングルレコードとして発表した楽曲で、作詞は山上路夫、作曲は村井邦彦が担当しています。  この曲は、1970年11月に三重県志摩郡浜島町(現:志摩市)にある総合リゾート施設「合歓の郷」(ねむのさと)で開かれた、ヤマハ音楽振興会が主催するプロ作曲家の音楽コンテ

  • ひとつ(一起)

     【岡山県倉敷市真備町 2018.7.8】  此の度の大雨では、伊賀山人の故郷岡山でも甚大な被害を受けました。  ここに謹んで、犠牲になった方々のご冥福を祈り、傷病を負われた人々の迅速な快復と、被災地の一日も早い復旧・復興をお祈り申し上げます。                        伊賀山人敬白  今回の記事は、2011年12月31日に放送された『第62回NHK紅白歌合戦』において、日本の

  • 心の旅(心之旅程)

     「心の旅」(こころのたび)は、1972年にメジャーデビューした日本の音楽グループのチューリップ(TULIP)が、自身3枚目のシングルレコードとして1973年4月20日に発表した楽曲です。  チューリップは、デビューから1年間の間に、シングル2枚・アルバム2枚を出しましたが、いづれもヒットせず、この3枚目のシングルが売れなかったら地元福岡に帰ることになっていました。  それまで2枚のシングル(「魔

  • あの素晴しい愛をもう一度(ブラザース・フォア版)

     「あの素晴しい愛をもう一度」(あのすばらしいあいをもういちど)は、日本のフォークグループ「ザ・フォーク・クルセダーズ(The Folk Crusaders)」が1967年に解散した後、同グループのメンバーであった北山修が作詞し加藤和彦が作曲して、二人の演唱で1971年4月5日に発表した楽曲です。  この曲は、フォークルのものと混同されやすいのですが、グループ解散後の作品であり、原唱者はあくまでも

  • 海は恋してる(海戀愛妳)

     「海は恋してる」は、日本のォークグループのザ・リガニーズ (The Rigannies:1967年 - 1970年)が、今から丁度50年前の1968年7月1日にデビューシングルとして発表し、学園フォークの先駆けとなった楽曲です。  ザ・リガニーズは、1967年夏に早稲田大学公認バンドサークルWFS(Waseda Folksong Society)という名の音楽同好会のメンバーが結成した学生バンド

1 2 3 4 5 ... 6