• GNと今後の予定②

    取り敢えず、ボバーも一通り形になりつつありますが、まだまだ弄り足らないように思えます。 ボバーの絶対定義は【低く長く】です。 ブラックス号ですが多少、低くはなりましたがまだまだです。てか、逆にタイヤが太くなってやや高くなってます。そして短いです。 というわけでやはり【ロンスイ化】は必須と言えましょう。以前の記事に書いた通り、現在ロンスイ化に向けては絶賛準備中です。 スイングアームが長くなれば自動的

  • GNとボバーカスタム(フロントタイヤ編)

    前回、今まで使っていたタイヤ【IRC NF20】とチューブを新しいホイールに組み替えた際、タイヤレバーで挟んでパンクさせてもうたので、この期にフロントタイヤも新調することにしました。 折角なので前回、組んだリアタイヤ【IRC GP-210】に似合う見た目のタイヤを探します。GP-210にもフロントタイヤのラインナップは有りますが、残念ながら【19or21インチ】のみとGNに合うものが有りません。

  • GNとボバーカスタム(ホイール編)

    GNの純正ホイールがなんとなくボバーに合わない気がしてなりません。 というわけで【aliexpress】でホイールを注文してみました。aliexpressを使うのは初めてです。 ↑買ったのはこれ。 ↑商品説明ではディスクローターの取り付け穴の間隔は【45mm】ですが、実際のGNの穴の間隔は【47mm】でした。その他、純正ホイールと違う点がチラホラ。う〜ん、大丈夫かな?と思いつつも注文してみる。10

  • GNとボバーカスタム(ロンスイ下準備編)

    そこそこ久しぶりの更新です。正直、下準備というか構想の段階なので載せるかどうか悩みましたが、暇なので載せることにします。やっている最中に失敗、又は断念するかもしれませんが、出来る限りやってみたいと思います。 さて、ボバーといえば【低く長く】が絶対定義なので、スイングアームの延長は確定事項なのです。というわけで【ロンスイ化】に着手します。 どうやら【淘宝網】や【aliexpress】を利用すればGN

  • GNとボバーカスタム(フロントフェンダー後編)

    さて続きです。 ↑ボバーっぽく無骨な感じを出したかったので、リアフェンダーでも使った13mmのパイプで固定しようかと思いましたが、シンプルなステーでいくことにしました。素材は幅15mm×厚さ3mmのアルミ板。 ↑フェンダーに沿ってRを作ります。3mmになるとなかなか思った通りに曲げれない。 ↑仮付け。タイヤとステーのクリアランスは約10mmです。 ↑フェンダーとステーに穴をあけます。 ↑合体。色々

  • GNとボバーカスタム(フロントフェンダー前編)

    舌の根の乾かぬうちに早速、次のカスタムしてます。いや〜暇だったんで。 やっぱりフロントフェンダーがないとあっさりしすぎて物足りなさを感じるので自作してみます。 ヤフオクに出てるショートフェンダーでも良いのですが、ラテオラ号に既に付けている上、まぁ〜、これが錆びやすい。メッキしてありますが、ガンガン錆びます。意味が分からん。 今回は日本伝統(?)の技【叩き出し】にてフロントフェンダーを作成します。

  • GNとボバーカスタム⑨(バッグステー編)

    さて、サブフレームを切断した際の断面の処理をしなくてはならないのですが、ただパテで埋めるだけでは寂しいので一工夫したいと思います。 ↑用意したのは【直径15mm厚さ1mmのアルミパイプ】と【直径13mm厚さ0.5mmのステンレスパイプ】です。当然、アルミパイプの内径は13mmになるので、直径13mmのステンレスパイプがピッタンコで入ります。ただし、何故か【直径13mmのアルミパイプ】が入りません。

  • GNとボバーカスタム⑧(フラットフェンダー装着編)

    続き。 さて、固定方法も場所も決まりましたので、後は邪魔な【アレ】を切ります。 ↑アレを・・・ ↑切りました。首の皮1枚で繋がってます。 ↑また【つまらぬ物】を斬ってしまった・・・。 ↑最近、ガンガンつまらぬ物を斬りまくっているので、いつのまにか切断砥石がこんなサイズに・・・。もちろん右側が新品。 さて、ここからの作業工程の写真を纏めて削除してしまったので説明だけ箇条書きで。 ・前回作成したフェン

  • GNとボバーカスタム⑧(フラットフェンダー固定(仮)編)

    フラットフェンダーの続きです。一気に畳み掛けました。 そして前・中・後編に分けるつもりでしたが、途中の写真を誤って消してしまいましたので、2回に纏めてお送りします。比較的、大仕事のカスタムなのに大ポカです。 では気を取り直して・・・ ↑気になっていたフロントフェンダーをやっとこさ外しました。次いで作業の邪魔になりそうな部品を片っ端から取っ払い、スイングアームを外します。当然ですがフェンダーを付ける

  • GNとボバーカスタム⑧(フラットフェンダーステー編)

    本日はもう一つ。【フラットフェンダー】を弄ります。 ↑Amazonで売ってる安物フラットフェンダー。幅は6インチ。純正フェンダーの幅が15cm程なので6インチ(=15.24cm)にしました。タイヤの幅に対してフェンダーがかなり太くなりそうです。後ろから見るとどうなんでしょう?しかもこのフェンダー、GNのタイヤ半径に比べてRが大きいんですよ。 ↑まぁ、既に買ってしまったものに文句を言っても始まらない

  • GNとボバーカスタム⑦(ナンバーステー編)

    前回、純正キャリアを切って削って作った物は【ナンバーステー】でした。 ↑これに・・・ ↑2箇所穴を空けて・・・ ↑テールランプを取り付けます。配線はフレームで隠したいので、延長して元々有った水抜き(?)用の穴を通して固定部付近から出してあります。 ↑装着・・・しようと思ったらフェンダーが邪魔して付けられないのでフェンダーを外します。サヨナラ錆び錆びフェンダー。 ↑装着。う〜ん、思ったよりも太ましい

  • GNとボバーカスタム⑥(チェーンカバー編)

    前回【引き】に使った【アレ】を作成します。 ボバーと言えば軽量化。軽量化と言えばアルミ。 と言うわけで【アルミ製チェーンカバー】を自作します。 カバーは当初、外してポイっしてそのままの予定だったのですが、ネットを散歩中、素晴らしいアイデアを見つけたので真似することに。 ↑まずは純正のチェーンカバーを外します。錆び錆びです。メッキも浮いています。売れません。当初の予定通り破棄です。 ↑次に厚み2mm

  • GNとボバーカスタム⑤(マフラー塗装、実装編)

    色塗り。 使ったのは【KUREの耐熱ペイントコート ブラック】です。 ↑全体にヤスリをかけて足付け。艶がなくなるぐらい傷つけます。後には戻れません。 ↑1回目は捨て吹き。時間を置き2回目、3回目と吹きます。 ↑裏面も同じ工程。よく見るとサイレンサーのステーに【謎金属】が付いていますが【センタースタンドストッパー(仮)】です。目指すは【要らないものは取っ払う】ボバーなのでセンタースタンドはいづれは外

  • GNとボバーカスタム⑤(マフラー仮止め編)

    暖かくなってきたので精力的にカスタマイズしております。 サイレンサー部分の凹みのリペアは上手くいきそうなので、このまま次の工程・・・ 純正マフラーの切断、行ってみよう〜!! ↑と言うわけで色々飛ばして、切断後。もちろんディスクグラインダー使用。カットした場所は目視にて適当に。余った部分はサイレンサーの中に収納してしまえば、ある程度は長さの調整は可能。 ↑仮止め。思った以上に長めです。ボバーっぽくな

  • GNとボバーカスタム④(ウインカー編)

    前回、【引き】で紹介した謎部品ですが・・・ ↑黒で塗装して穴を開け、配線を通します。 ↑で、完成したのがコレ。【ウインカーステー】でした。 ↑装着。見栄えばかり考え、余り見えづらくても安全面が不安なので純正ウインカーと同じくらいの幅にしたのですが、ちょっと長すぎたかな? ↑前から。長めに設定したので視認性は確保されてます。 ↑全体。純正ウインカーを取っただけでもかなりスッキリします。それにしてもウ

  • GNとボバーカスタム③(シート下のカバー編)

    ソロシートにしたものの、シート下がパーパーで配線やらイグナイターやらバッテリーが剥き出しになっております。 以前から気になっていたのでカバーを作る事にしました。 防水性があり、かつ見た目重視となるとアレしか有りませぬな。 そう【フェイクレザー】 と言うわけで早速それっぽいフェイクレザーを調達。amazonで700円程で十分過ぎる量が届く。余りは何かに使いましょう。 ↑見えにくいですが、本体のフレー

  • GNとボバーカスタム②(サイドカバー自作後編)

    今日は昼から時間が出来たので前回の続き。 ↑切って曲げて左側を作成。爪の部分に8mmの穴を開けます。本体の爪を指すゴム穴に入るサイズのボルトが8mmだからです。それ以上だと入りません。ただ、そのままではスポッと抜けてしまいます。なので一工夫。後で分かります。 ↑因みに穴を開ける位置がズレてしまわぬ様にするコツですが、純正カバーの爪の先(青矢印)になんでも良いので塗料をちょっと塗り、アルミカバーに押

  • GNとボバーカスタム②(サイドカバー自作前編)

    ボバーといえば軽量化。軽量化といえばアルミ。 というわけでサイドカバーをアルミで自作。ちなみにGNのサイドカバーはプラスチック製。なのでアルミの方が比重が重いので軽量化ではなく重量化です。見た目重視です。 ↑本日ご用意したのは200mm×300mm×1mmのアルミ板です。 ↑ダンボールで型を作ります。穴が開いていますが気にしないでください。 ↑型に添ってアルミ板を切り出します。切り方はカッターナイ

  • GNとボバーカスタム①(ハンドル編)

    カスタム素材が続々と集まってます。 安物ばかりで中国から送られてくることが殆どですが、素材を見ると俄然やる気が出てきます。 というわけでハンドルとフォークブーツを装着。(フォークブーツは調べればいくらでも出てくるので省略します) ちなみに作業の途中、気温がぐんと下がり雪も降りだし、更にフィギュアスケート決勝も始まり、てんやわんやで全く写真が撮れてません。 ハンドルはドラッグバーハンドルをチョイス。